ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

レベル成長期
タイプ獣型
属性データ
必殺技ローリングアッパー、ダブルバックハンド、ガオラッシュ

青い毛皮の犬のような姿のデジモン。グローブや鉢巻などボクサー風の外見。


ガブモンと共に獣系デジモンの代表格で、パートナーデジモンとして登場する作品も多い。

ちなみにセイバーズにおけるガブモンポジだが、意外にもアドベンチャーで悪役として登場していたガジモンの亜種だと考えられているという設定がある。

一方でガオモンが登場した当時、原種と思わしきガジモンには明確な進化ルートがなかった。この差は一体…。まぁ、数年後にガジモンは固有の進化ルートでは無いとは言え、究極体を手に入れるわけなのだが…。

ちなみにそのガジモンはゴーストゲームで犬ではなくに進化した。


公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

鋭い爪を生やしたガジモン系の亜種と考えられている獣形デジモン。俊敏な動きでヒットアンドウェイの攻撃を得意とする。両手のグローブは爪が成長するまで保護しているらしい。

必殺技は、強靭な脚力を生かし、敵の懐に転がり込んで放つ『ローリングアッパー』と、回転しながら放つ『ダブルバックハンド』。また、素早く動いて高速連打パンチを放つ『ガオラッシュ』をもつ。


作品での活躍

デジモンセイバーズ

CV:中井和哉

Yes!master!

トーマとガオモン


トーマ・H・ノルシュタインのパートナーデジモンで一人称は「私」。

犬モチーフに違わず嗅覚が発達しているが、犬呼ばわりされると嫌がる。

グローブを付けているが、器用にマグカップを掴んでコーヒーを飲んだり、テーブルマナーに詳しい一面を持つ。


トーマとは主従関係にあり、彼のことを「マスター」と呼び慕って忠誠を誓っている。クールなトーマに輪をかけて感情を見せない冷徹な性格で、ほとんど全ての行動を主であるトーマの命令次第で決める為、喧嘩を分析できない物と見做しており、ララモンとヨシノが喧嘩する理由に興味を示していた。返事は「Yes、マスター」であるが、他者の支持を承諾する際には単に「Yes」あるいは「わかった」となる(第17話より)。


トーマをはじめ目上の人物には敬語を使うが、基本はため口で話す。トーマが海外で暮らしていた影響からか、女性に対しては「Ms.〇〇」と敬称を付けて呼ぶ。

コーヒーを嗜む歴代パートナーデジモンには見られない成熟した一面を持ち、可愛いと言われて照れる事も。

しかし、劇場版でトーマが行動不能に陥った際には残されたアグモンララモンと力を合わせ、人間界を救う事を決意する。実は成長期の姿でも戦闘能力は高く、ゴブリモンの群れを単騎で倒し、山を築いていた。


進化ルートは

ワニャモン → ガオモン → ガオガモンマッハガオガモンミラージュガオガモン → ミラージュガオガモン バーストモード


デジモンクロスウォーズ

工藤タイキの夢の中でクロスハートの一員として登場。


デジモンネクスト

乾ユウのパートナー。イリーガルであり額にMu端子がある。

頭脳派で、ツルギアグモンのストッパー役。

何よりもパートナーのユウの安全を最優先にする。やきもちな面も見られる。


進化ルートは

ワニャモン → ガオモン → ガオガモンマッハガオガモンズィードガルルモン

1度ブラックガオガモンに暗黒進化したこともある。


デジモンワールド リ:デジタイズ

DECODEまであと 3 日!


ニコのパートナーで、名前はサーシェンカ(通称サーシャ)。

性格はセイバーズの個体とほぼ同じで、冷静かつ誰に対しても敬語で話し、ニコを「マスター」と呼ぶ。周りが見えなくなりがちなニコを諭し、宥める事も多い。


進化ルートもセイバーズと同じだが、ミラージュガオガモンにはデジタルハザードのマークがある(拝借情報)。




余談

これまでのシリーズで登場したデジモンが多く出演する令和のデジモンアドベンチャー:では、アグモンはオリジナル版が主人公として、セイバーズ版ファルコモンとその進化形が準レギュラー、ララモンが1話モブで登場する中、セイバーズの主役デジモン4体では現時点で唯一出ていない。その代わり、その次回作では、CVを担当した声優がパートナーデジモンの役で再登板した。


アナザーミッションでの進化先

ゲーム版では進化条件を満たして新規進化を解放していくというシステムが採用され、バトル中にデジソウルチャージする事で様々なデジモンに進化する。以下はその一例である。


成長期

名称備考
ガブモン同じく獣系のパートナーデジモン
シャーマモンセイバーズ最終回で登場
パタモンガブモンのパートナーである石田ヤマトがパートナーにしていた

成塾期

名称備考
エンジェモンパタモンの進化系。カードゲームαではガブモンからも進化(DM02-022)
ガルルモンガブモンの進化系
グルルモンガルルモンの亜種
シマユニモンユニモンの亜種。しかし、旧デジカ(Bo-178)ではクリアアグモンの進化とされており、クリアアグモンは本作ではアグモン系譜として扱われている
ソウルモン進化前はキャンドモンとされるが、本作ではキャンドモンはアグモン系譜である
ヌメモンなし
ユニモンパタモンの進化系の一つとされる
レオモンカードゲームαではガブモンから進化する(DM-072)

アーマー体

全員デジメンタル所持が進化条件になっている。

名称備考
ペガスモンパタモンの進化系。旧デジカではガブモンから進化するルートもある(St-725)
マンボモンパタモンの進化系
ムースモンガブモンの亜種のサイケモンから進化するルートがある(Bo-516)

完全体

名称備考
エテモン汚物系デジモンから進化するが、進化元はヌメモンではなく、スカモンとされる事が多い
パンダモンカードゲームαではガルルモンからも進化(DM-149)
ホーリーエンジェモンエンジェモンの進化系。カードゲームαではペガスモンやユニモンから進化するルートもある(DM02-030)
マンモンカードゲームαではレオモン、ガルルモン、グルルモンからでも進化(それぞれDM-029、DM-199、DM02-069)
もんざえモンヌメモンの進化系。
ワーガルルモンガルルモンの進化系。カードゲームαではガオガモンからでも進化(Dα-102)

究極体

名称備考
カオスモンダークドラモンとバンチョーレオモンのジョグレス体
ゴールドヌメモン当時は究極体
バルバモン本作のボスの一体
バンチョーレオモンレオモンの究極体で本編では大門英のパートナー。カードゲームαではマッハガオガモンからも進化する(Dα-417)
メルクリモンワーガルルモン(黒)の進化系。ハカメモではマッハガオガモンの進化系でもあった
メタルガルルモンワーガルルモンの進化系。カードゲームαではマンモンやマッハガオガモン、パンダモンからも進化できた(それぞれ、DM-035、DM-083、DM-177)。ミラージュガオガモンと同一とみなすカードも存在していた(Dα-419)




関連イラスト

ガオモンわんわんモン

ガオモンGaomon


関連動画


関連タグ

デジモンセイバーズ リ:デジタイズ デジモンネクスト

トーマ・H・ノルシュタイン ニコライ・ペトロフ 乾ユウ

関連記事

親記事

ワニャモン わにゃもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393989

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました