2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

エテモン

えてもん

エテモンとはデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種およびデジモンアドベンチャーの登場人物。
目次[非表示]

データ

属性ウィルス種(vi)
世代完全体
種族パペット
必殺技ラブセレナーデ、ダークスピリッツ
通常技モンキック
所属アンノウン、ディープセイバーズ、メタルエンパイア、プライマルトルーパー(※)
初登場デジタルモンスターVer.3
CV増谷康紀(アニメ作品全般)、幸野善之(クロスウォーズ)

(※)携帯機「デジモンクロスローダー」より

概要

Ver.3から登場。
強化サルスーツに身を包んだ正体不明のパペット型デジモン。
自称「キングオブデジモン」を名乗っているが、その実力は決してはったりだけとは言えず侮れないところがある。
腰にもんざえモンのパペットを付けており、もんざえモンを陰で操っていると言われている。メタルエテモンキングエテモンといった進化種も存在する。

元々は週刊少年ジャンプのデジモンコーナー「週刊デジ聞」でサルの着ぐるみを着て全国を周り各地の子供たちと対戦し人気を博していた「デジモンキー」をベースに制作されたデジモン。
以降デジモンキーはこのデジモンを使うようになり、このデジモンの関連種が発表されるに連れて着ぐるみの色を変化させていくようになる。
同じく実在のデジモン関係者をモデルにしたボルケーモンとはライバルであるという設定が後に明らかになった。

他のパペット型はまさに中身のわからない着ぐるみという設定であり、進化元も定形だったので大きさもそこまで気にならないが、エテモンに関してはスーツに身を包んだ設定ではあるものの、どう見ても進化元のスカモンが中に入れそうではないフォルムをしている。そう考えると進化元の初代携帯機恒例の汚物系の進化系の中では最も異質な進化系とも呼べる。

必殺技は当たった対象を消滅させる暗黒球を投げつける『ダークスピリッツ』と対象の戦意を喪失させる歌『ラブ・セレナーデ』。アドベンチャーでは聞いたデジモンを退化させる力を持っており、かなり厄介な技として描かれた(『デジモンストーリー』では混乱効果が付与された)。ちなみに専用BGMがあり、これに歌詞を付けた『ラブセレナーデ~エテモンのテーマ~』(歌:増谷康紀)というキャラソンがあるが…どう聞いても小夜曲(セレナード)ではないし、劇中での歌唱力はお世辞にも上手いとは言えない。

アニメ『デジモンアドベンチャー』の影響もあり、おネエ言葉で喋る事が多い。一人称は「アチキ」。

名前の由来は「猿公(えてこう)」。

その他の技

  • モンキック

蹴り技。

  • ダークミュージカル
デジモンセイバーズアナザーミッション』で使用。音痴な歌で敵を苦しめる。

  • グレイトフルナッコー
『デジモンテイマーズバトルスピリット』で使用。
敵をぶん殴る技でダッシュして放てば「ダッシュグレイトフルナッコー」となる。

  • 空中ダークスピリッツ
同上。空中からダークスピリッツを放つ。


関連種/進化系

ターゲットモン

エテモン系の成熟期。詳しくは該当項目にて。

メタルエテモン/キングエテモン

エテモン系の究極体。詳しくは該当項目にて。

作品への登場

デジモンアドベンチャー

ETEMON



サーバー大陸を支配する傲慢かつ傍若無人な暴君として登場している。
モノクロモンが引くトレーラー「エテモンカー」(車体には「笑天門」の字が刻まれている)からダークネットワークを展開し、ティラノモンモノクロモン、果てはグレイモンなどを操った他、サーバ大陸各地で情報を収集していた(小説版ではこれがデジタルワールド全域に展開されて再統合の原因となったという設定)。

部下に連れているガジモン達からの信頼は薄いが、それを引いて余り有るほどの戦闘能力を持っている。サイズは等身大でありながら、ガルルモンの尻尾を掴んで投げ飛ばすほどの怪力、初代機最強だったもんざえモンをKOしたトゲモンのトゲを全弾掴み取るといった戦闘センスを有する。
しかも、これは彼の純粋な戦闘力によるものであり、聖なる力に弱いという明確な弱点を持つヴァンデモンとは異なる強さを持つ(ただし、メタルエテモンに進化した事でパワーと防御力は手に入った反面、装甲と同じ材質であるクロンデジゾイド製の武器では傷が入ってしまうという明確な弱点ができてしまった)。

[デジモンアドベンチャー ]メタルグレイモンvsエテモン


第2クールにおけるボスキャラであり、選ばれし子供たちを執拗に襲い続けた。
ピラミッドでの戦いにおいて、ダークネットワークの核にしていたナノモンの策略によってダークネットワークに吸い込まれるが、逆に一体化しパワーアップ(PSP版ではエテモンカオスという名前が与えられた)。
空間を歪ませるダークスピリッツで選ばれし子供達を苦しめるが、正しい勇気に目覚め、超進化したメタルグレイモンの「ギガデストロイヤー」を受け、発生したブラックホールに吸い込まれてダークネットワークごと暗黒の世界へ飛ばされた。

しかし、暗黒の世界でメタルエテモンとして蘇り、ピノッキモンと交戦していたミミと丈の前に姿を現した。

デジモンアドベンチャーVテイマー01

デーモン軍の幹部であり、「エテモンキー」という固有名で登場。
八神太一ゼロマルの前に幾度となく立ち塞がり、あの手この手の策略で2人を追い詰めるも最後は逆転を許すというテンプレ通りの悪役であった。

だが、敗戦が続いた事から見限られる事となり、新たにデーモン軍へ加わったテイマー・彩羽ネオに始末された。ちなみに夢は「現実世界に行って子供たちと遊びたい」だったりする。

デジモンアドベンチャーアノードテイマー/カソードテイマー

ミレニアモンによって復活させられた。遼とは幾度となく激突し、その過程で囚われていたタケル武之内空が解放される。

デジモンワールド デジタルカードアリーナ

フーガモンからは大先生と仰がれるデジモン。
主人公にニセカード作成やトイレットペーパー盗難の容疑者扱いされても、確たる証拠がないために余裕の態度をかますが、自分のサインが書かれたカードを突きつけられて平静を失い、「悪の花道」というフルアタ構成のデックを主体としたカードバトルを挑んでくるが、主人公に敗れてニセカードは作らないと誓う。

デジモンセイバーズアナザーミッション

なぜか専用BGMが用意されている。歌唱はエテモン本人が担当していると思われ、一人称はアドベンチャーと同じく「アチキ」。

デジモンネクスト

モブデジモンとして度々登場。

デジモンクロスウォーズ

シュリモン配下で忍び装束を着た複数体が登場。善人を装っていたが案の定、悪人であり、コードクラウンを奪おうとしたが、シャウトモンに倒された。2期最終話では善良なデジモンとして復活し、シャウトモンX7に融合した。
おそらく猿飛佐助からの連想で登場した物と思われる。

デジモンストーリーサイバースルゥース

サブイベントで登場。
自意識過剰なナルシストなのも相変わらずで、主人公のことを「独占欲が高い熱烈なファン」扱いしていたが、成敗されると呆気なく落ち着き、事態の収束を約束するなど、状況次第ではしっかり聞く耳を持つ。
タワーレコードに忍び込み、自作のCDを勝手に並べるついでにそれが目立つよう勝手に配置を変えていた(店からはイタズラ扱いされており、それを知った際は憤っていた)が、田和玲子(イラストレーター繋がりでゲスト出演した同店のイメージキャラ)のとりなしで正規配備してもらうことになる。
なお並び替えは迷惑がられていたが、CD自体は賛否両論ながらも意外と評価がよかった。

デジモンリアライズ

人間界を侵略しようと企てるデジモンの一体で、メタ発言が多い。
1度目は『アドベンチャー』同様にメタルグレイモンに倒され、「メタルエテモン激突戦」ではメタルエテモンに進化するがプロットモンエリスモンに敗れる。
DFQ「友情探し×大冒険」ではデジタマモンを唆して料理の価格を跳ね上げて金を巻き上げようとするが、ガブモンの邪魔が入り、互いに究極に進化して対決。メタルガルルモンに敗れて逃走した。

DFQ「燃え上がれ!ロックダマシー」でも登場し、シャウトモンのバンドに感銘を受け、リーダーの座をかけてシャウトモンと歌唱対決。ガジモンに妨害させるなどの卑怯な手を使うも、仲間たちと力をあわせるシャウトモンに完敗。正式にメンバー入りを果たした。

デジモンアドベンチャー:

🎉 Mimigo! 🎵🎊


第42話に登場。ボス格だった旧版とは違い、一話限りのゲストデジモンという扱い。

それと、ガジモンの群れが旧作に引き続き配下・・・・・もといファンとしてナニモン共々登場した。

選ばれし子供達の進行方向に広がる荒野にて因縁のライバル・ボルケーモンと「キング・オブ・デジモン」の座を争い、ラップ調の歌とギターのエンターテイメントでボルケーモンのエクササイズと競っていた。
そこに通りかかった子供達に気付くと「彼らを倒した方がキング・オブ・デジモン」等とのたまいながらボルケーモンと共に襲いかかる。

事前に彼らの歌が発生させた異常な音波の影響でパートナーデジモン達が状態異常を起こしていたとはいえ、メタルグレイモンすらも軽くあしらう程の強さを見せる。
しかしパルモンが歌の影響を受けながら進化したポンチョモンに音波を打ち消された上でテキーラナックルを打ち込まれ倒された。
その後ポンチョモンを気に入り、仲間に引き入れようとボルケーモンと共に子供達の乗るコモンドモンを追いかけるが転んでしまい、そのまま置き去りにされた。

相変わらずの強敵役であり、はた迷惑ではあったが、そんなに悪いやつというわけでもなかった。
むしろ、ガジモン達から割と普通に慕われたり、最終回でボルケーモンと和解してタンクモンに乗って共に旅をする事を選ぶぐらいには善良であり、50話では太一に力を貸すデジモンのうちの一体として映っており、今回は最後まで味方。
旧作での立ち位置を知る者からすれば、かなり衝撃のキャラ付けであったことは間違いない。逆にこっちを見てから旧作の悪役エテモンを見てショックを受ける子供たちもいるかもしれない。(まぁもっと外道で強いやつらを後に控えているしボスであってもコミカルキャラを全面的に押し出しているのでそこまでトラウマとまではいかないか・・・・・。)

設定上のライバルと今作内で出会わなかったオーガモンレオモン相棒(奇遇にもエテモンの進化元でもある)が登場しなかったチューモン等とは逆に、これまでアニメで共演の無かったライバルと初共演となった。

また、「音楽でパートナーデジモンに異常を発生させる」という行動は旧作でも行っていたが、「戦意を喪失させ成熟期なら退化させる」という単一の効果だったあちらとは異なり、「炎が止まらなくなる(そのせいでパートナーがこうなった)」「マーチングフィッシーズが勝手に発動」「ツタや花が異常に伸びる」等、バラエティに富んでいた。これだけでチート級に強いという点も健在。

デジモン新世紀

プレイアブルキャラとして参戦。なお、成長期に当たるチューモンも増谷氏が声を担当した。

デジモンサヴァイブ

口調は『アドベンチャー』と全く同じ。
汚物系つながりでヌメモンの進化系として扱われており、その性格からフリーデジモンとして仲間にする際の選択肢選びもわかりやすいのが特徴。


進化ルート

チョロモンカプリモンチューモンスカモンorターゲットモンエテモンメタルエテモンorキングエテモン


その他の進化元


ジョグレス元


その他の進化先


ジョグレス進化


デジフュージョン


関連イラスト

青空ライブ
エテもんざえモン



関連タグ

デジモンアドベンチャー デジタルモンスター
メタルエテモン キングエテモン
もんざえモン
ボルケーモンベツモンターゲットモン:デジモンに関わった実在人物がモチーフのデジモン
メルキューレモン:中の人つながり。成熟期から完全体相当の強さでありながら、飛び道具の防御に関しては究極体上位クラスの攻撃力をも上回る描写が描かれた。

関連記事

親記事

ターゲットモン たーげっともん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エテモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エテモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134649

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました