2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

属性ワクチン
世代 究極体
種族マシーン型
必殺技ジャイアントミサイル
通常技バーストショット


テリアモンの究極体であるデジモンでセントバーナード犬がモデル。
全身武器の塊でかなりの巨体を誇るだけでなく、スラスターなどを活かした空中戦や格闘も得意。
パンチやキックはおろか、正拳突きから生じた衝撃波でスーツェーモンにダメージを与えるほど。ファンからは、「弾切れしてからが本領発揮」と言われることも。

火器にはエネルギー性と思われる機銃やミサイルのほか、アニメの描写を見るにホーミングレーザーが使える。
大口径の砲はなく、意外に手数重視なので要塞や戦艦寄りの装備をしている。
本来の設定では、ミサイル、レーザー、火炎放射、バルカン、バズーカとありとあらゆる熱系統の装備があり、メタルガルルモンと対になるレベルの重装備らしい。
なんと、指の一本一本と眉毛に機銃、胸とふくらはぎの外側・内側にミサイル、(おそらく)肩甲骨または背中にホーミングレーザー、という徹底ぶりである。
ちなみに両肩のミサイルは、大型ミサイルと小型ミサイルに撃ち分けが可能で、細かく表情が変化する。

また、初代プレステ用ゲーム作品『デジモンテイマーズ バトルエボリューション』ではメガ・ツイスターというジャイアントスイングを披露している。

作品での活躍

デジモンテイマーズ

MATRIX EVOLUTION_ セントガルゴモンVer


李健良のパートナーのテリアモンが進化した姿。レギュラーの3体で成長期・成熟期では最小、究極体では最大という極端なサイズ差の持ち主。
李の格闘技術がシナジーしていて、近接戦闘でも戦闘力を発揮する。

スーツェーモンとの戦いで初進化した。

デ・リーパーとの決戦では、豊富な火器を活かしてデ・リーパーの軍勢を抑え込むも、決定打を与えられずに苦戦を強いられる。
そして対デ・リーパーの切り札として「シャッガイシステム」の仕様を敢行した際は、システムの中枢機関として自ら超高速で回転し、マザーを撃破されて統率力とリアルワールドでの現界を維持できなくなったデ・リーパーたちをデジタルワールド深層へと引きずり戻した。
流石に超高速で自転していたせいか、成功後は目を回してテリアモンに戻っている。

関連タグ

テリアモン ラピッドモン デジモンテイマーズ
ヤッターワン バウワンコ

関連記事

親記事

ラピッドモン らぴっどもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85451

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました