ピクシブ百科事典

エリスモン

えりすもん

エリスモンとは、『デジタルモンスター』シリーズに登場する成長期デジモンの一種である。
目次[非表示]

概要

レベル成長期
タイプ哺乳類型
属性データ
必殺技ライトニングファー、ケンザンダイブ


スマホ用アプリゲーム「デジモンリアライズ」から登場したデジモン
名前の由来は、フランス語でハリネズミを意味する「エリスン(hérisson)」から。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

ハリネズミをモデルとしたデジモン。好奇心旺盛で物事に熱中すると周りが一切目に入らなくなるが、警戒心は強く、怖いと感じると針のように硬い針毛を逆立てて危険が去るまで丸まってやり過ごす。ただし打ち解けた者にはよく懐き、針毛の中に隠したお気に入りの宝物を見せてくれる。過去に何度かいたずらされたことがあり、テイルモンを見ると少し身構えてしまう癖があるようだ。
必殺技は、閃光を纏わせた針毛を撃ち出し相手を攻撃する『ライトニングファー』と、ボールのように身体を丸めて突進する『ケンザンダイブ』。

活躍

デジモンリアライズ

CV:種田梨沙

「僕を突き動かすもの」
デジモンリアライズ


主人公(プレイヤー)のパートナーデジモンとして登場。
プレイヤーが電車内で眠っている時に、デジタルポイントの世界に入り込んでしまい、スパイラルに襲われたプレイヤーを助けたいという想いから、スマートフォンから幼年期のプスリモンとして出てきて進化する。
リアルワールドの世界の事を全く知らず、好奇心旺盛である事は公式設定と変わらない。また公式設定とは違い、新城ミチテイルモンを見ても怖がる様子はない。たい焼きが大好物。

スパイラルに過敏に反応してしまう事があり、完全体のスティフィルモンに初めて超進化した際、暴走。さらにスパイラルはエリスモンの身体そのものまでに影響を及ぼし、行動までもが支配されてしまい暗黒進化をしてしまった。
実はリアライズのエリスモンは、スパイラルがリアルワールドとデジタルワールドに対して、己の存在を示すために産み出された個体であり、データ化する際にデジタマ化してしまったものである。しかしスパイラルの悲しみや憎しみを受け入れ共存しラセンモンに究極進化。スパイラルを消滅させるとともにデジタマへ戻ってしまうが、本来のデジモンとしての能力を持つようになり、シーズン2にて復活し究極進化出来るようになった。

関連イラスト

ぴんぴんハリネ
エリスモン


エリスモン
デジモンミニアート#1



関連タグ

デジモン 成長期 デジモンリアライズ

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリスモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32616

コメント