ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

データ(成熟期版)

世代成熟期
タイプ水棲哺乳類型
属性ワクチン
必殺技ジェットアロー
得意技タイダルウェイブ・ギガントプレス

データ(完全体版)

世代完全体
タイプ水棲哺乳類型
属性ワクチン
必殺技タイダルウェイブ
得意技ジェットアロー

ホエーモン

ネットの海に生息するマッコウクジラに似た姿を持つ水棲哺乳類型デジモン。デジタルワールドでは最大クラスの大きさを持ち、通常のコンピュータでは処理できないほどのデータ量を持っている。


眼はないが他の感覚器官で補っているので状況判断はでき、かなりの巨体だが深海に生息している為、めったに出会う事はなく、襲い掛かる敵にはその巨体で返り討ちにする。

かつては獰猛な性格と言われていたが今では大人しい性格と言われている。

アグモンもかつては獰猛な性格だったが今では勇敢な性格という設定になっている。)


また成熟期と完全体の二種類がおり(今では完全体が主流)、見た目が同じだが使う必殺技が異なり、各能力の差が大きい。フォルダ島沿岸に棲むホエーモンが完全体だとされる。


必殺技は成熟期は頭の後ろにある穴から物凄い勢いの水流を出す「ジェットアロー」、完全体は巨大な大津波を起こして、全てを破壊する『タイダルウェイブ』。


キャラクターとしてのホエーモン

CV:木村雅史

体内に侵入した黒い歯車によって操られ、サーバ大陸を目指していた太一ら選ばれし子ども達に襲いかかる。歯車が破壊され正気に戻った後は太一達の協力者となる。(テントモンが「ホエーモンは獰猛」と解説するがどちらかと言えば礼儀正しい性格でこれによりホエーモンの性格設定が変更されたと思われる。)並みの完全体を圧倒し、メタルシードラモンをひるませるなど究極体に近い戦闘力を持つ。


その後、ダークマスターズ編にて再登場を果たし再び太一達の窮地を救う。メタルシードラモンとの戦いで窮地に追い込まれたウォーグレイモンを隙を作って回避させたが、逆上したメタルシードラモンのアルティメットストリームで頭部を貫かれて致命傷を負い、メタルシードラモンがウォーグレイモンに倒されると同時に力尽きて消滅してしまった。


デジモンアドベンチャー02ではテントモンが02組の救出に呼び出したデジモンとして登場している(前作の個体が転生したのかは不明)。



ヴィカラーラモンが切り裂いた空間から一瞬登場している。


大海原を泳ぐある日、光る海藻を食べていた直後がグロットモンが大地のデータを吸収・消失させたことで地下洞窟へ通じる穴が空き、近くの海水もろとも引き込まれて洞窟内の水辺に閉じ込められてしまう。そこに拓也一行が訪れ、それを追ってきたグロットモン達との戦闘になる。ジェットアローで一行を援護した時、体内から海藻の中にあった光る物体「雷」のビーストスピリットが出てきて、それを入手した純平が進化したボルグモンにグロットモンは撃破される。直後洞窟内に水が流れ込んで水没したが自分の体内に一行を入れて救出、海上に連れ出す。海に戻れたことを喜びながら、一行を近くの島まで送り届けた。

なお、目はないはずだが海に帰りたいのを訴えていた際号泣して喚いていた。


サイバーランド上空を飛行しているが、その正体は本物のホエーモンなどではなく、アンドロモンを格納している飛行艇である。


漫画版には実際に登場している。

光子郎・テントモンと出会っていた。

第59話で、操られていたナノモンに知識比べの人質として捕縛されていたが解放された。

後にマリンエンジェモン率いる海底移動要塞と合流していた模様。

レオモン同様、平成のデジモンアニメでは死亡したが、令和では最後まで生き延びた。


進化ルートの一例

ユキミボタモンヒヤリモンペンモンルカモンホエーモンキングホエーモン


関連イラスト

海の友達

関連タグ

デジモン 成熟期(デジモン) 完全体(デジモン)  マッコウクジラ

関連記事

親記事

ルカモン るかもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21573

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました