ピクシブ百科事典

ウォーグレイモン

うぉーぐれいもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

ウォーグレイモンとは、デジタルモンスターに登場するデジモンの一種である。
あらゆるものを斬り裂く爪と高熱を操り戦う究極の竜戦士。TVアニメ『デジモンアドベンチャー』では、主人公「八神太一」のパートナーである「アグモン」の最終進化形として登場し、登場から10年以上経つ現在でも人気を誇る。

概要

レベル究極体
タイプ竜人
属性ワクチン
必殺技ガイアフォース


超金属『クロンデジゾイド』の装甲をまとった最強の竜戦士。
グレイモン系の究極形態であり、恐竜のような巨大な姿から人型の中程度サイズにまで収縮している。
しかし、その力はすべてにおいて完全体を凌駕しており、完全体ではこのデジモンを倒すことは不可能とされる。

腕にはドラモンキラーと呼ばれるが装備されており、型デジモンに対して絶大な威力を発する。同時に自身も竜型に属するため、自身にとっても危うい諸刃の剣でもある。
無論ドラモン系以外にはこの効果は無く破られる事もあったが、自身も相当なパワーがあるので普通に殴るだけでも強力な攻撃となり、シャイングレイモンとの同時攻撃でクオーツモンにダメージを与えるなどの活躍を見せている。

また背中の羽のような一対の装甲は、一つに合わせることで『ブレイブシールド』と呼ばれる最高硬度の盾となり、合わせると勇気の紋章が完成する。

歴戦の勇者の中でも、自身の使命に目覚めたデジモンだけが進化できるとされている。

デジタルワールドの根幹データがウィルスプログラムに浸食された際、その異常を駆逐するために現れるウィルスバスターであり、メタルガルルモンとともにその異常と対峙する。

必殺技は、高圧縮された大気中のエネルギーを投げつける『ガイアフォース』、巨大な球体を投げつけるパターンと、『ぼくらのウォーゲーム!』『クロスウォーズ』などでスピード重視の小型球を投げつけるパターンがある。なおアニメ作品ではガイアフォースだけで敵を倒したことは一度もなく、ドラモンキラーによる攻撃、メタルガルルモンとの合体技が決め技とされており、耐えられたりかわされたりするパターンが多い。

アニメでの登場

デジモンアドベンチャー

courage


八神太一のパートナーであるアグモンがワープ進化した姿として登場。
現実世界に侵略してきたヴァンデモンとの戦いにおいて、デジモン世界に伝わる伝承をヒントからエンジェウーモンの矢に撃たれることによって進化した。
仲間との共闘でヴェノムヴァンデモンを倒したのち、デジモン世界ではメタルシードラモンムゲンドラモンをドラモンキラーで破り、アポカリモンを仲間との一斉攻撃で撃破する。

よく昔のファンにその強さが強調されることが多いが(究極体なので確かに強いが)、実際にはデビュー戦ではヴェノムヴァンデモンからダークマスターズ戦でも苦戦を強いられることが多く、実は「敵を圧倒して倒した」ことは一度もなかったりする(瞬殺したムゲンドラモン戦でも全エネルギーをドラモンキラーに注いだため直にコロモンの状態に戻っている)。

劇場版『デジモンアドベンチャー~ぼくらのウォーゲーム~』

上記シリーズの続編であり、同じく太一のアグモンの進化形として登場。
デジタルワールドの根幹データを浸食しようとするディアボロモンを倒すべく、太一とともにデジタルワールドの中枢に乗り込む。
しかし、増殖し続けるディアボロモンを前に苦戦を強いられ、ついには敗北寸前まで追い込まれるが……。


デジモンアドベンチャー02

亜種であるブラックウォーグレイモンが登場した。

デジモンクロスウォーズ

デジメモリに封印された伝説のデジモンとしてエグザモンと共に登場した。
声優:岸尾だいすけ。

デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~

八神太一のアグモンが進化した個体が登場。
大門大のシャイングレイモンとともにクオーツモンを攻撃した。

続く最終決戦でも太一のアグモンがワープ進化。
コピーのベリアルヴァンデモン軍団だったが、約13年の月日を経てついにガイアフォースが単体で敵を撃破した。

デジモンアドベンチャーtri.

該当項目を参照していただきたいが、ウォーグレイモンへの進化は、従来のワープ進化ではなく完全体からの究極進化を経ている。
またデザインが大幅に変更されている(特に色が変更され、爪部分が稼働するようになったドラモンキラー)。

デジモンユニバースアプリモンスターズ

デジモンシリーズ20周年を記念したコラボエピソードである第45話で劇中のゲーム「デジモンユニバース」内のキャラクターとして登場したアグモンが、アプリアライズしたグローブモンのかっこよさに自分も進化したいと言ってハルの力でワープ進化。
1話のみの登場ながら新規の3DCGを作成されており、ワープ進化の際には「brave heart」が流れる、ウォーグレイモンのボイスにはエフェクトがかかる(アドベンチャー本編では途中からなくなったもの)、一人称がウォーグレイモンに進化すると「俺」になる。などの熱い原作再現がなされていた。
最後は黒幕であったウラテクモンを相手にグローブモンのグランツゲイザーとの同時攻撃でガイアフォースを放ち、勝利した。


関連タグ

デジモン 디지몬 グレイモン
メタルグレイモンぼくらのウォーゲーム
워그레이몬
ブラックウォーグレイモンガイオウモンビクトリーグレイモンシャイングレイモン

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーグレイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1637229

コメント