ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マメティラモン

まめてぃらもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次 [非表示]

概要

データ

レベル完全体
タイプ突然変異型
属性データ
必殺技マメバイト1000 メットラリアット

ティラノモンのデータが凝縮されてマメモンのような体になった小型の突然変異型デジモン。

体は小さいが数百倍に凝縮された筋力と超硬度の装甲をも噛み砕く強靭なアゴで、巨大な恐竜型デジモンをも凌ぐ戦闘力を持ち、大人しいティラノモンに秘められていた獰猛性と闘争本能が突出し、小さな暴君と恐れられ、体が小さいからといって集団で敵を襲うどころか常に単独で行動し、自分の縄張りを徘徊するデジモンには問答無用で襲い掛かり、常に自分の縄張りで最強を誇示している。

但し体が小さいため縄張りはあまり広くない。

必殺技は超速で何度も噛み付く『マメバイト1000』と、負けそうになると頭部のヘルメットを脱いで一発逆転を狙って殴りかかる『メットラリアット』。


ちなみに最初期ではティラノモンはマメモンに進化するので、ある意味で原点回帰と言えるデジモンともいえる。


その他情報

初登場は『デジモンペンデュラムX 2.0』で、Xデジモンにカテゴライズされる。所属は突然変異型なのでアンノウン(UK)とされる。


公式設定こそティラノモン関連であることをうかがわせているが、実際はそのライバルであるアロモンXの進化系という扱いであった(※)。

一方で『ペンデュラムX』での最終進化系はティラノモン系の最終進化の一つディノレクスモンと角竜系と雷竜の要素を併せ持つアルティメットブラキモンと究極体に関しては中々にかっこいい種を与えられた。


一応、恐竜型で進化ルートは確立されているものの、ティラノモンに関係あるようでそうじゃないデジモンというなんとも言えない立ち位置に置かれる事となった。なお、肝心のティラノモンX抗体は2018年に展開された『デジタルモンスターX』で初登場している。


『デジモンストーリーサンバースト・ムーンライト』では『ペンデュラム4』でリボルモンがビッグマメモンに進化した縁からか、彼の完全体として登場。

本作では『ジョグレス進化』が進化システムに採用されており、ジョグレス進化元はマメモンティラノモン…かに思われたが、エビドラモン+シェルモンエビドラモン+モノクロモンシェルモン+モノクロモンとまたしてもティラノモンが関係ない進化元に据えられてしまうのだった(ただ、モノクロモンとは『ペンデュラムX』での縁はあったので、そこからの採用だとは考えられるが…)。


次作『デジモンストーリーロストエボリューション』では遂にマスターティラノモンと共にティラノモンの進化系として登場。ディノレクスモンが登場していないためか、スピノモンが究極体に据えられた。


その他の進化元


その他の進化系


ジョグレス進化


デジフュージョン(デジモンストーリー超クロスウォーズ)

メギドラモンスカルグレイモンメガログラウモンボルケーモン


関連タグ

デジモン 完全体(デジモン) マメモン ティラノモン ミュータント  恐竜 リボルモン

関連記事

親記事

ティラノモン てぃらのもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7177

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました