ピクシブ百科事典

ガイオウモン

がいおうもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
種族竜人
タイプウィルス種(vi)
必殺技燐火斬、ガイアリアクター、燐火撃

携帯機の『デジモンペンデュラムエックスVer.X1.5』に初登場。

公式設定

デジモンクロニクル

戦いに勝利し自ら強さを増していく、戦闘種族デジモンとして非常に優秀なグレイモン系の亜種である竜人型デジモン。東洋のとある放置されたコンピュータの中で発見され、その強さは未知数な部分も多いが、信じ難い戦闘回数と戦績を持つことが判明している。実戦経験により得た独特の形状をした剣「菊燐(きくりん)」は怪しい光の軌跡を残し、その軌跡に触れたもの全てを切り裂くという。
必殺技は「菊燐」の剣の軌跡『燐火斬(りんかざん)』と、大気中に存在する全てのエネルギーを集中させて爆発を起こす『ガイアリアクター』。

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

戦いに勝利し自ら強さを増していく、戦闘種族デジモンとして非常に優秀なグレイモン系の亜種である竜人型デジモン。東洋のとある放置されたコンピュータの中で発見され、その強さは未知数な部分も多いが、信じ難い戦闘回数と戦績を持つことが判明している。実戦経験により得た独特の形状をした剣「菊燐(きくりん)」は怪しい光の軌跡を残し、その軌跡に触れたもの全てを切り裂くという。必殺技は「菊燐」の剣の軌跡『燐火斬(りんかざん)』と、大気中に存在する全てのエネルギーを集中させて爆発を起こす『ガイアリアクター』。また、2本の剣「菊燐」を合体させ、その怪しい光を一気に集中させて遠方の敵を討つ『燐火撃(りんかげき)』も習得している。

メディアでの活躍

デジモンクロスウォーズ

アニメでは初登場作品…なのだが、グレイモン系という恵まれた立場にも関わらず、ムシャモン配下のバグラ軍兵士という扱いになっている。強さはナイトモンと同等というなんとも締まらない立ち位置であった。

デジモンストーリーシリーズ

2作目の「サンバースト・ムーンライト」で巨大ボスとして登場。クーロン商会のNo.2であり、ござる口調で話す。
3作目の「ロストエボリューション」では育成可能キャラとして登場している。
5作目の「サイバースルゥース」では、神代悠子のパートナーデジモンであるライズグレイモンが進化する形で登場。その他、プレイヤーが育成可能なキャラとしても登場している。

進化系統一例

成長期ドルモン成熟期デクスドルガモン完全体デクスドルグレモン究極体ガイオウモン

余談

デザインを担当したA’sマリア氏のツイートによると、元々はブラックウォーグレイモンX抗体としてデザインされていたものの、和風テイストを加えたアレンジが強くなり過ぎた結果、「コレならもう新デジモンにしてしまおう」とスタッフから判断され、ガイオウモンが誕生したとのこと。

また、2012年に非公式ながらガイオウモンバーストモードのデザインが同氏のツイッターなどで紹介されている。

亜種、派生

ガイオウモン:厳刀ノ型

レベル究極体
種族竜人型
タイプウィルス種(vi)
必殺技旋風縛、菊燐一閃・號雷斬、刀華静謐
スマートフォンゲームの『デジモンリアライズ』に初登場。

デジモンウェブ「デジモン図鑑」
戦いに敗れたガイオウモンが、想像を絶する修練の果てに新たな力を手に入れた姿。デジコアに眠る鬼のデータが覚醒し、一刀流へと戦闘スタイルが変わっている。東方のデジタルワールドに伝わる剣術「天燐厳刀流(てんりんいっとうりゅう)」を究めたガイオウモンは、音も無く一瞬で相手を斬り捨てる“静”の剣術を得意としている。一度臨戦態勢に入ったガイオウモンには一分の隙も無く、近寄ることすらままならない。
必殺技は「菊燐」から放つ竜巻『旋風縛(せんぷうばく)』で相手の動きを封じ、雷を迸らせた「菊燐」で電光石火のごとく突撃し両断する『菊燐一閃・號雷斬(きくりんいっせん・ごうらいざん)』で確実に仕留める。そして、周囲の敵を一太刀で切り伏せる奥義『刀華静謐(とうかせいひつ)』は、敵に自分達が斬られたことも悟らせず、静かに戦いの幕を引くという。

関連タグ

デジタルモンスター デジモン
究極体 竜人 ウィルス
グレイモン ウォーグレイモン ブラックウォーグレイモン
X抗体 Xデジモン デクスドルグレモン

関連記事

親記事

デクスドルグレモン でくすどるぐれもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイオウモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76964

コメント