ピクシブ百科事典

ドゥフトモン

どぅふともん

ドゥフトモンとは、デジタルモンスターに登場するロイヤルナイツに属する究極体デジモン。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプ聖騎士型
属性データ
必殺技アウススターベン、エルンストウェル


獣の鎧をまとう聖騎士にして、究極体であるデジモン
戦士と策士、知性と野生、人と獣、相反する二面性は中庸の意味合いを込められ、世界を救うために、善にも悪にもなるロイヤルナイツのニュアンスそのものを表している。

進化元はワーガルルモン(黒)とされる一方で、カードゲームではワイズモンから進化するルートもある(共通点は背中の翼と「知性派」という要素である)。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

他のロイヤルナイツでさえ一目置く屈指の戦略家である聖騎士型デジモン。各々信じる道を持つロイヤルナイツを統率する類まれなる能力を持っている。自ら戦闘にも赴き“レオパルドモード”となり戦場を駆ける。
必殺技は、頭上で弧を描き振り下ろすビームの刃、消滅の剣『アウススターベン』と、爆発的なエネルギーを放つ破壊の剣『エルンストウェル』。

ドゥフトモン レオパルドモード

レオパルドモード



公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

“レオパルドモード”においては、大地より超高層の岩盤を出現させて敵を突き上げる必殺技『ヴォルケンクラッツァー』と、地上を走り空へ飛翔し、あらゆる角度から敵を切り裂き攻撃する『ブロッカーデ』をもつ。また、ドゥフトモンの丸い尾の先端は、球状のエネルギー機雷を発生させ、戦略的に敵を包囲してしまう武器『エアオーベルング』となる。

ドゥフトモンX抗体(ドゥフトモンX

ドゥフトモン X抗体



X抗体を吸収したドゥフトモン。

活躍

デジモンセイバーズ

CV:室園丈裕

の家にやって来た幼年期デジモン諸共人間世界を破壊しようとするなど、非道な一面も見せるが、目立った活躍は無く、ロゼモンバーストモードレイヴモンバーストモードに倒される。

デジモンクロスウォーズ(漫画)

アルカディモンと対峙し、アルカディモンの「ドットマトリックス」の弱点を見抜き、「ドットマトリックス」のワクチンプログラムを完成させた。

デジモンストーリーサイバースルゥース

CV:若本規夫

策士としての一面がより強調された、敵側のロイヤルナイツのリーダー格として登場。現実世界を滅ぼすため、「パラダイス・ロスト計画」を執行しようとする。計画の一環としてロードナイトモンを現実世界に送りこんだため、間接的に神代悠子の父を殺害している。
秋葉原にてデュナスモンとともにオメガモンと決着をつけようとしたが、オメガモン側にもデュークモンがつき、一時撤退した。

その後、エグザモンという強大な力をもったロイヤルナイツを退けられたドゥフトモンは大量のデジタイルウェイブを取り込み、エグザモンをも超える力をもって一気に人間世界を滅ぼそうとしていることが判明。
東京新都庁の屋上にてデジタルウェイブをため込んでいたが、ノキアの作戦により失敗に終わる。それでもイグドラシルの意思のもと人間世界を滅ぼすため、主人達に、オメガモン、アルファモンというロイヤルナイツの中でも一、二を争う者が敵にいようとも臆することなく、戦いを仕掛ける。
戦いの末敗れるが、自分が敗北したことでイグドラシルの本当の意思は現実世界とデジタルワールド両方の滅びだと悟り、笑いながら消滅した(この時イグドラシルは既にイーターに浸食されており、バグが発生している)。

本編でレオパルドモードになることはないが、自分が育てたものはレオパルドモードにモードチェンジできる。

「あまねく世界よ、いざ滅べ!我のように、塵も残さず消え去るのだ!」

関連イラスト

ドゥフトモン


ドゥフトモン
ドゥフトモン



関連タグ

ロイヤルナイツ イグドラシル(デジモン)
デジモンセイバーズ デジモンストーリーサイバースルゥース

関連記事

親記事

ロイヤルナイツ ろいやるないつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドゥフトモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119443

コメント