ピクシブ百科事典

目次[非表示]

デジタルモンスターのイグドラシル

デジタルワールドを運営する巨大なシステム。デジモン世界の創造神に近い存在ではあるが、全知全能とまでは行かない。

通常はデジタルワールドの維持管理を行い、そこで進化するデジモンを観察している。デジタルワールドの運営に支障が出た時だけ、積極的に干渉する

自我を有しているようだが、その様は超然としており、超俯瞰的な視点から物事を語る為にその性格を読み取る事は難しい。デジモンや人間を歯牙にも欠けない冷徹な一面がある一方、それを大事にしようとする慈愛に満ちた面もある等、多面的で矛盾した精神構造をしている。

デジモンや人前に姿を表す事は滅多になく、仮に姿を表したとしてもその姿は作品毎に違い一定しない。更にその本体と思しき個体を破壊ないし損壊しても、イグドラシル自体はあまり意に介さない。

作品における活躍

デジモンセイバーズ

CV:深見梨加
デジタルワールドでは神とも呼ばれる絶対的な存在。
一部の人間たちの策略による度重なるデジモン・デジタルワールドの危機に憤りを感じる、そしてデジタルワールドの消滅を回避すべく人間たちの絶滅をロイヤルナイツに命じる。神である為その威厳を侵害される事を嫌う。
大の父、英の姿をしているが、その正体はイグドラシルがバンチョーレオモン大門英)の監視の為に英の体に乗り移り、英の体を人質にしていただけである。英とバンチョーレオモンが消滅した後、真の姿を現し大達や造反したロイヤルナイツを神の力で圧倒したが、最終的には人間とデジモンの絆に敗れる。
人間とデジモンの絆に敗れた後は、再び彼等を観察しその本質を見定めるべく眠りに就いた。

デジモンネクスト


デジモンクロスウォーズ(漫画)


デジモンストーリーサイバースルゥース及びハッカーズメモリー

こちらではイーターによって侵食され、半ば機能不全に陥っている。
本来はデジタルワールドを守護するロイヤルナイツの内、ドゥフトモンロードナイトモンが異常を起こしてしまい、リアルワールド壊滅に妄執し暴走する、自身の防衛機構であるイグドラシル7D6も改悪されてしまう等、上記の作品群と比べると弱体化・矮小化されたイメージが付き纏う(尤も、イーターの存在自体がチート過ぎるのもあるが)。


関連タグ

 デジタルワールド DIGITAL_MONSTER_X-evolution X-evolution デジモンセイバーズ  大門英 バンチョーレオモン ロイヤルナイツ アルファモン オメガモンX イグドラシル_7D6

関連記事

親記事

デジモンに分類されない存在 でじもんにぶんるいされないそんざい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イグドラシル(デジモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 671

コメント