ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

大門大

だいもんまさる

大門大とは東映アニメーション製作のTVアニメ「デジモンセイバーズ」の登場人物で、本作の主人公である。
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

大門大と大門大

アニメ『デジモンセイバーズ』の主人公本項で解説。

ゲーム『絶対絶望少女』の登場人物。→大門大(ダンガンロンパ)

上記のイラストは1と2のキャラクターを一緒に描いた貴重な一作品。


人物像編集

「いくぜアグモン!」デジソウルチャージ!

CV:保志総一朗

概要編集

アグモンのテイマーにして、後にDATSの隊員となる。14歳。

誕生日は『セイバーズ』の初回放送日と同じ4月2日

また、『セイバーズ』の舞台は神奈川県横浜市(中区のみなとみらい地区周辺)である為、その付近(中区本牧の近辺?)に住んでいるものと思われる。


『セイバーズ』の時代設定は公式には明言されていないが、仮にリアルタイムの放送年(2006年)と同じと仮定した場合、大は1992年平成4年)4月2日生まれになる。この場合、それぞれ生年が公式設定で判明している歴代主人公と比べると、以下のような年齢差となる。


私立鳳学園に通う中学2年生で、父親の失踪以降、父のように己の強さを磨く為に何故か喧嘩番長の道を突き進み、周辺校のワル達と喧嘩に明け暮れ、己の肉体や精神を磨いてきた過去を持つ。この為「日本一の喧嘩番長」を自称している。母の大門小百合曰く「警察のお世話になったこともある」。日曜は昼過ぎまで起きてこないらしい。



隣町の不良の大軍団から目をつけられ、たった1人で全員を片付けた(大体一クラス分程度の人数はいる)ところ、丁度アグモンと出会って喧嘩を売られた為それを喜んで買い、日が暮れるまで殴り合いに興じる。気が済むまで喧嘩した後、お互いの男気を認めた両者は『兄貴』と『子分』の関係となる。


しかし、一般人とデジモンとの接触は禁じられていた為、DATSから追われる身となる。しかしコカトリモンに襲われた際、その才能を見出し身分を隠して近づいた『DATS』の湯島所長(当時、大は彼を「デジヴァイスのおっちゃん」と呼んでいた)からデジヴァイスを貰い、正式にアグモンのテイマーとなる。それからもしばらくは組織に身を置く状態を嫌がっていたが、アグモンの処分を避ける目的に加え、「強い相手=デジモンと遠慮なく戦えるから」を理由に、DATSの隊長である薩摩廉太郎に対し直々に入隊を志願、許可される。


デジモンを殴らないとデジソウルが発生せず、デジモンを進化させられない』原因不明の制約がある。しかし、気持ちが高ぶれば気力で出しているシーンもあるので、恐らくデジソウルを高める為に必要な士気向上の行為として、デジモンを殴って闘志を燃やす必要があるのだと思われる。但し、この事態は販促PVでトーマから「君はどうして殴らないとデジソウルを発生させられないんだ」と呆れられていた。しかし、第46話では遂に自らの意志でデジソウルを出して、アグモンをシャイングレイモンに進化させた他、劇場版では気合でデジソウルを全開させ、バーストモードへ進化させている。


世間的には紛う事なき不良であるが、その一方で人間的には人情深く熱い男で、男の矜持を大切にする真っ直ぐな性格で意地を張って年齢以下の子供っぽく暴走する事態がある一方、対立していたトーマが怪我したのを見た際は、意地を捨てて肩を貸す等と仲間意識は強い。また、父親から家族を任された為に「家族を守る」意識は人一倍強い(これには幼少期にカエルを家に持ち帰ろうとして英に「カエルにも家族がいる」と諭された事も関係していると思われる)。

人間界での居場所がないイクトたちの身元引き受け人に名乗りを上げ、彼の決断に大きな影響を与えた事から事実上のイクトの兄代わりとも言える。


但し、アグモンと出会いDATSの隊員となるまでは、ほとんど一匹狼のような生活を送っていたようで、本編で友人として登場したキャラクターは非常に少ない(しかも喧嘩とは縁もゆかりもない人)。


(一応)現代っ子でありながらハイテクや横文字に疎く、勉強は大の苦手で補習や追試の常連でもある(もっとも、「進級したい」一心で受けてきたその追試や補習は下記の通り、デジタルワールドに残留を決めて無駄になったが……)。そのせいか相手デジモンの名前がうろ覚えだったりする場面も……。アグモンの事ですら出会った当初は「デカイカエル」と勘違いしていて、あまり不思議に思ってすらいなかった等、些事は気にしないタイプ。

とはいえ、ドリモゲモンとの戦いでは地底からの脱出に利用するだけでなく、脳天を殴打して潜れない水晶のコロシアムに誘導したり、いとも容易く拳を躱してしまうプチメラモンとの戦いでは湯島が七輪で魚を焼く姿にヒントを得て、あえてベビーフレイムを与えてメラモンに進化させ、ぶん殴り易くする等、父親がインテリな為か機転を利かせるシーンが多く、頭の回転が早く冷静な一面を持ち、「居候三杯目にはそっと出し」との諺を知っていたりもする。

だが、基本は理屈を超えている御仁なので、トーマをして「大に勉強を教えるのは不可能」と断言されている。


父親から貰った銀色のIDプレートを首から下げて大事にしており、思いを馳せる時は握り締める癖があったりと、父への思いは特に熱い。この為、彼の人生哲学の多くは父譲りのものとなっている。


また、これまでデジモン事件を通し、人間の様々な欲望を目の当たりにしてきた為か、「『人間』を悪意や欲望に塗れた生物」だと酷評するデジモン達の認識を否定してはおらず、それでいて尚「デジモン達を助けようとする善人がいる」事を説いている(曰く「悪事をするバカな人間がいるならば、他者の為にバカになれる熱い人間もいる」)。

その熱い心はかつて敵対していたデジモン達にさえ、有無を言わさない説得力を与え、世界の危機に際しデジモンと人間の結束に繋がった程(父が各地で困っていたデジモン達を助けていた事情も絡んでいる)。

トーマ曰く「自分の頭脳をもってしても理解不能」との弁である……そりゃそうだ。


デジモンをぶん殴りまくっているので勘違いされがちだが、彼にとって『拳』や『喧嘩』とは理解や仲間を守る為の手段でもあり、一方的に殴ることは良しとしていない(例外はある)。事実として父の友人であるメルクリモンとも分かり合えたかもしれないにもかかわらず、それに水を差しただけでなく、過去にデジモン達を虐殺した全ての元凶が倉田だと知った際には激しい怒りを見せていた。なお、明確な殺意を向けたのは裏切って倉田側に付いたトーマと対立してしまった時ぐらいである(倉田の悪逆非道ぶりを見てきた為、無理もないのだが「メルクリモンや他のデジモン達に命を持って詫びろ」とまで言い放った挙句、パートナーを暗黒進化させてしまったが、後に真相を知って和解している)


デジモン界の異端児編集

  • パートナーとの出会いが殴り合いの喧嘩
  • 全体的にデジモンのサイズが大きいセイバーズにおいて、怪獣サイズの成熟期相手にも平気で挑みかかる。(ジャンプ力のみならず、高所から着地しても命に別状のない程に頑丈さもずば抜けている)。
  • タンカー相手に「タイマン勝負をする」と言い切り、実際に妹の為に挑もうとする。
  • ロイヤルナイツ級の究極体デジモン相手でも素手で挑み、ある時は殴り倒し、牙をへし折り、槍を受け止める強靭な肉体を持つ(しかもクレニアムモンの武装はクロンデジソイド製である)。
    • 中でもクレニアムモンの盾アヴァロンは、ロイヤルナイツの中でも屈指の防御力を誇る最高クラスの装備であり、それを拳一つで砕いて見せた
    • サーベルレオモンの牙が折られた事にばかり注目されがちだが、実はサーベルレオモンへの一発目は弾かれている。
    • ちなみにデュークモンは顔面にモロに食らっていたにもかかわらず、特に怯んだ様子はない(むしろこっちの方がすごい)。
    • メラモンのような火炎系に対しても臆せず殴りにかかっている上に、全く火傷していない辺り、「マサルダイモンの拳はファンロン鉱で出来てるんじゃないか?」レベルで頑丈。
    • そしてとうとうデジタルワールドの神であるイグドラシルの本体をぶん殴って粉砕する(今の所イグドラシルを倒したキャラクターはアニメ作品では彼とオメガモンXぐらい。イグドラシルと直接戦い、拳一つで倒した人間は間違いなく彼だけである)。
  • 人間相手では複数人の不良やヤクザを単騎で撃破する。
  • アルゴモンによって眠らされたにもかかわらず、いつの間にか人間の中でただ1人蘇生して、アルゴモンに一撃見舞う
  • デジモンにも臆する事なく飛びかかり、素早く移動するガルルモンや地面を掘り進むドリモゲモンに乗っても振り落とされずに、しがみ付き続ける。

と、現実的な要素を踏まえていた『デジモンシリーズ』に賛否両論を巻き起こした台風のようなである(現実的な路線はトーマが引き受けた形になっている)。


その人間離れした身体能力からファンの間では「彼はもはや人間ではない、マサルダイモンと言うデジモンである」とする奇説が実しやかに囁かれている。

因みに彼の父親もまた、同様に究極体を殴れる実力を持っている……ホントに人間か?

ダイモンの名が示す通り、敵からしたらまるで悪魔のような存在なのかもしれない。かつてのイグドラシル側から見たら、その姿は正しく悪魔。


但し、勘違いされがちだが、大がこうして戦えるのは「『アグモン』と言うパートナーがいるところが大きい」と自認しているところであり、力を貸したり与えたりするのではなく、力を合わせてともに戦えるからこそ、常人を越えた活躍ができるのだろうと思われる。


その性格とバトルスタイル、担当声優からファンの間でスクライドカズマそっくり」と言われるのもしばしば。

中の人も似ている事を認めていたりする。


しかし、そんな大も初期にはトーマにボクシング対決で完敗している。まあ、トーマはスポーツ万能、それもボクシングにおいてはオリンピック選手以上の実力を持っている為、当然と言えば当然なのだろうが、大は当時からして成熟期デジモン達と素手でやりあっているにもかかわらず、である。また、後に大がオリンピック選手をもってしても倒せないであろう、究極体を何度もぶん殴っている以上、すごいのかすごくないのかなんだかよく分からない事態になっている(尤も、ボクシングにはルールがある為、『ルールの存在しない戦い=ケンカ』では大が、ルールのあるスポーツではトーマの方が軍配が上がると見るべきなのだろう……多分)。

尚、ボクシングトレーナーの見立てでは「筋は良い」ようである。


最終回ではデジタルワールドに残留すると、後にも先にも「コイツしか居ないだろう」なエンディングを迎えている。


容姿・衣装編集

私服編集

あにき大門 大

前期と後期で衣装が違うと、比較的珍しい設定を持つキャラクター(工藤タイキの場合、一応別タイトルになっている)。

前期の方が過ごし易そうだが、後期はノースリーブとなった為、より大の隆々な筋肉が際立つようになった。


制服編集

大問題の人マサル。

共に前期にしか登場しておらず、学校の制服は更に登場機会が少ない。

DATSの制服は、鬱陶しく感じているのか、メンバーで唯一上着のファスナーを全開にしている。


メディアミックスでの活躍編集

究極パワー!バーストモード発動!編集

劇場版。当初はアルゴモンによって眠りにつかされたがアグモンの熱い気持ちにより目覚め、アグモン達のピンチに駆けつけ、究極体のアルゴモンを殴り飛ばしてリズムを驚愕させた。本編よりかなり冷静であり、アルゴモンに人間について語る場面がある。


デジモンセイバーズ_アナザーミッション編集

ゲーム版でありパラレル設定。突如現れたデーモンに完膚なきやられてしまい、デーモンへのリベンジを誓う。更にバトルでは進化の際でご覧のとおり敵デジモンを殴るのだが拳だけで成長期クラスのデジモンを倒してしまう事もある。後、リリスモン相手では「俺、女は殴らねえ主義なんだけどなあ」と言っている、あくまでパラレル設定のため本編ではその様な台詞は言ったことはない上にイグドラシルの本体は女性の様な形をしており容赦なく殴っている。(なお、一応リリスモンを含むほとんどのデジモンには性別は無いのだが…)


デジモンクロスウォーズ編集

「ああ。この喧嘩、俺たちが買った!」

「惚れたぜ!その心意気!」

デジモンクロスウォーズにおいては第76話にシャイングレイモンに乗って八神太一(こちらはウォーグレイモンに乗っていた)と共に登場。

映像作品では初のアグモンのパートナーコンビ共演となった。


78話ではアグモン・バーストモードに乗って登場。

登場早々に究極体デジモンであるヴェノムヴァンデモンを圧倒し、オメガシャウトモンのアシストがあったとは言え、デジモンアドベンチャー02のラスボスであった究極体のベリアルヴァンデモンを4体(判り難いがよく見ると3体を吹き飛ばした後、そこに途中から1体が巻き込まれている為4体)をまとめて倒してしまっている

尚、この回歴代主役デジモンは全て最終形態で、その中でただ1人生身の人間でこの活躍である。

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな


データカードダス『超デジカ大戦』では突然クロウォ世界に引き込まれて混乱していたが、子分たちを応援する兄貴らしいかっこよさを見せてくれる。


PSP版『デジモンアドベンチャー』編集

再び太一と共演するが、初対面という扱いであり、太一のアグモンを偽物だと勘違いしてバトルに発展してしまうも、あっさり和解。

日本一の喧嘩番長という肩書きを太一からは『日頃から戦闘の腕を磨いている人物』ハックモンからは『修行熱心な人物』と盛大な勘違いをされただけでなく、馴れ初めを聞いた太一に『大物かも』とまで言わしめた。


デジモンストーリー編集

ゲスト出演。トーマや淑乃と共に登場。なお発売当時、アグモン達の究極体がまだ出ていない。


サンバースト&ムーンライト編集

ゲスト出演。


リ:デジタイズ デコード編集

ゲスト出演。コロシアムにて登場し、主人公にバトルを挑む。


兄貴語録編集

詳しくは別記事で参照。


BGMについて編集

専用テーマ曲は奥慶一氏が手掛けた「挑発∞」。このBGMをバックに兄貴はデジモン達を拳一つでぶん殴っていく。兄貴すげえ…。


余談編集

デジタルワールド残留を決めたが故に、現実世界では卒業を待たずに通っていた私学中学を退学したと思われる。

要するに中学卒業の学歴が無い為、デジモンシリーズ主人公唯一のリアル小卒先輩である。


歴代主人公の先輩とは違い、名前の頭に「た」や「だ」が付かなかった初めての主人公で、これは意図的なものである(但し、名字には「だ」が使われている)。


当時はシリーズで初めて名前に「タ」・「ダ」が付かない、ゴーグルを付けない、男性声優が担当等と『初めて尽くしの主人公』として話題となる。これは『新しい主人公を作ろう』と製作者が意図的に「お決まり」から外したとされる。後に新海ハル天ノ河宙が新主人公で登場したことにより唯一では無くなった。


関連イラスト編集

HAPPY BIRTHDAY 4/2兄貴

アニキ誕ゴーグル兄貴


関連タグ編集

デジモンセイバーズ

マサルダイモン 人間やめました 喧嘩番長 愛すべき馬鹿

トーマ・H・ノルシュタイン 藤枝淑乃 イクト野口郁人):DATSの仲間達

薩摩廉太郎 湯島浩:DATSの上司

大門英 大門小百合 大門知香:家族


デジモン主人公

神原拓也大門大工藤タイキ/明石タギル


関連キャラクター編集

関連記事

親記事

DATS だっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1930240

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました