ピクシブ百科事典

ハックモン

はっくもん

ハックモンとは、デジタルモンスターに登場するデジモンの一体。また、ここでは「デジモンユニバース アプリモンスターズ」に登場するハックモンについても解説する。
目次[非表示]

デジモン』のハックモン

レベル成長期
タイプ小竜型
属性データ
必殺技フィフスラッシュ、ティーンラム、ベビーフレイム


聖騎士軍団ロイヤルナイツの一人ガンクゥモンの血統かつ、弟子である小竜型デジモン。
デジモン15周年記念で登場し、その後、2014年に最終進化系のジエスモンが登場した。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

クールホワイトに輝く小竜型デジモン。自由気ままで束縛を厭い、冒険を好む生き方はガンクゥモンのDNAによるものであろう。ガンクゥモンの課す過酷な試練にも悠然と立ち向かっていく。
血筋からの戦闘センスのよさと、お目付け役のシスタモン姉妹の鍛錬により、敵が完全体であろうとも互角以上の戦いをする。
俊敏さを活かした接近戦を得意とし、強靭の爪で相手を切り裂く『フィフスラッシュ』、尻尾をドリルのように回転し突っ込む『ティーンラム』、また牽制にも使える『ベビーフレイム』を口から吐く。歴戦を潜りつつガンクゥモンのようなロイヤルナイツになる夢を目指す。

活躍

PSP版デジモンアドベンチャー

「デジタルダンジョン」に時空の歪みが生じたため、ガンクゥモンと共に向かう。

八神太一をはじめとするアニメ歴と出会った後、歪みの原因を突き止めるべく、皆と共に最深部に向かう。

デジモンアドベンチャーtri.

CV:武内駿輔

太一達を監視する謎の存在。
公式設定通りジエスモンの成長期として太一達の前に現れ、アルファモンと交戦していた。後に、ハックモンはホメオスタシスの使者であり、メイクーモンを巡る争いを選ばれし子供達に託そうとしていたことが判明する。

ロイヤルナイツ同士で争っていた状況から鑑みるに、アルファモンはイグドラシルの側としてメイクーモンを追っていたと思われ、各々の正義に準ずるロイヤルナイツの設定を世襲している。

デジモンストーリーサイバースルゥース

CV:江森浩子

能力に関しては既にロイヤルナイツになれるだけの器であったが、精神面においては未熟であったため、師のガンクゥモンからも認められずにいる現状に不満を抱いていた。

ロイヤルナイツの協力者を探す主人への同行をガンクゥモンから命じられ、渋々承諾。その先でのバンチョーレオモンとの戦いで心が折れそうな自分を守ろうとする主人公の姿を見て発奮。究極体のジエスモンへの進化を果たし、恩返しも兼ねて主人公に協力する事を誓う。

デジモンリアライズ

CV:梅原裕一郎

「デジタルワールドの使者」を名乗る謎の少女、もんパートナーデジモン。なお、パートナーデジモンとして登場するのはこれが初である。

精神年齢が低めに設定される事が多かったこれまでとは違い、常に冷静沈着で、地に足のついた頼もしい性格となっている。
パートナーのもんを細かくサポートしており、そのもんとの関係については、パートナー同士である事以外は、今のところ語られていない。また、リアルワールドでの常識に疎いもんを支えるなど、日常的にも彼女をサポートする場面が見受けられる。

進化系

バオハックモン

レベル成熟期
タイプ恐竜型
属性データ
必殺技フィフクロス、ティーンブレイド、バーンフレイム、ドラグレスパイカー


ハックモンが成熟期に進化した姿。(とてもそうは見えないが)恐竜型デジモンとなっている。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

ハックモンが厳しい鍛錬を重ね、類いまれなる戦闘センスに磨きがかかり心技体ともに成長を遂げた姿。高みを目指して鍛錬を続け、強敵とのバトルを通じて培った戦闘経験も蓄積し、戦うほどに進化する戦闘巧者である。
成長とともにロイヤルナイツへの志も高まり、自分が成すべき事は誰に言われて決めるのではなく、自分で見て考え決意することを信条としている。
必殺技は全てが強化され、爪で切り裂く『フィフクロス』、尻尾の刃を軸に回転させ突貫する『ティーンブレイド』、迎撃にも使用できる『バーンフレイム』と威力は格段に増した。さらに両足の斬れ味鋭い刃を生かした『ドラグレスパイカー』で敵を両断する。

セイバーハックモン

ADISA


(イラスト一番左)

レベル完全体
タイプ恐竜型
属性データ
必殺技レッジストレイド、メテオフレイム、トライデントセイバー

バオハックモンが修行と旅路の末に完全体に進化した姿。
「セイバー」(救済者)という名前通り、長きに渡る旅路の果てに慈悲の心を身に付け、苦しむデジモン達の救済を試みているが、いずれも失敗に終わっている。
それでも尚、弱き者の為にデジタルワールドを駆けるその姿は未来の姿である聖騎士型に着実に近付いている。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

長きに渡る旅路からデジモンとの出会いや別れを繰り返し、いくつもの修羅場を潜り抜けて進化した姿。絶え間なく起こるデジタルワールド内の紛争に武力介入し戦闘停止を求めつつ、被害にあった現地デジモンの救済にあたってきた。その結果は全て成功とはならず、悲惨な光景を前に流した涙はセイバーハックモンを強くし、次に助けを求むデジモンへ懸命に手を伸ばす。
両足が刃ながらに2足歩行を可能とし、両腕と尻尾に紅の刃が生まれ、全身刃の攻撃的なスタイルとなった。胸のクリスタルは努力を欠かさず力を磨き上げた証の結晶である。
必殺技は跳び蹴りの姿勢から足の刃で敵を突き刺し貫く『レッジストレイド』、マシンガンのように口から炎弾を連射し敵を焼き尽くす『メテオフレイム』。尻尾と両腕に装備された三つの赤い刃で斬りかかる『トライデントセイバー』は、クロンデジゾイドを纏った敵であろうと容赦なく割断する。

ジエスモン

該当項目参照。

関連イラスト

ハックモン7歳
ハックモン


ハックモン
電子次元の放浪獣!!



関連タグ

デジタルモンスター デジモン 成長期(デジモン)


アプモン』のハックモン

ハークハクハクハク


グレード並(スタンダード)
アビリティハッキング
タイプシステム
必殺技ヴァンキッシュクロー、ストレンジハック

ハッキング能力を持つアプモン。世界に危機をもたらす可能性のある危うい存在。
頭部をフードで隠し全体が黒いが、マントや手足の形状は上記のデジモン版を意識したデザインになっている。

活躍

デジモンユニバースアプリモンスターズ

CV:阪口大助

ハッカーズ


桂レイのバディ。
第3話終盤で初登場。無抵抗のメールモン(セブンコード)を倒し、アプモンチップを手にした。
バディのスキルと自身の能力がかみ合っているため実力は高く、並アプモンであるこの姿のままでも超アプモンと対等以上に渡り合える。

劇中で超アプモンへの直接のアプリアライズをやってのけた最初のアプモンであるが、初披露となった第10話では経験値の不足からか、超アプモン形態であるレイドラモンのチップは非アクティブ状態であり、自身のハッキングで無理矢理アクティブ状態に変化させてからアプリアライズしていた。
設定画・フード無しが気になる方は、こちらから

関連イラスト

ハックモン!
ハックモン


ハックモン
ハックモン



関連タグ

デジモンユニバースアプリモンスターズ アプモン 桂レイ

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハックモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106823

コメント