ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:高山みなみ

テレビアニメ版のクロスウォーズ1期2期3期全てで主人公を務めた。


中学1年生の13歳で、頭のゴーグルがトレードマーク。東京都江東区東雲近辺に在住している。

なお兄弟はおらず、デジモンシリーズの歴代主人公では『テイマーズ』の松田啓人(タカト)以来の一人っ子である。


赤のクロスローダー(『クロスウォーズ』におけるデジヴァイス)を持つ。

「ほっとけない」が口癖。幼い頃、道端で具合の悪そうなクラスメートの少年に声を掛けたところ「放っておいて」と言われ、言われるままに立ち去った結果、間もなくその少年が病院へ搬送され半年間学校を休む事になったという苦い経験をしており、「どうしてあの時、放っておいたのか」という自責の念を今でも感じている。その経験から人一倍正義感が強く、他人の悩みに首を突っ込まずにいられないお人よしであり、人助けのためなら自分の身も省みない。だがその性格が災いし、無理をし過ぎてダウンすることも度々ある。デジタルワールドに呼ばれシャウトモン達と共に闘うことになったのも「ほっとけない」性格に起因する部分が大きい。

一方、気性はまっすぐでありつつも、時に奇策を弄したり、敵の陽動をいち早く見抜くなど、冷静な頭脳派としての一面も持っている。また、身体能力は非常に高く、現実世界ではあらゆるスポーツや競技で助っ人として幅広く活躍していた。

父親がスポーツトレーナーで全国を巡業しているため、母親と二人暮らし。

バグラモンによって一度アカリゼンジロウと共に東京へ戻され、タクティモンとの決戦後、シャウトモンと共に再びデジタルワールドへ行った。

終盤にてウォーグレイモン、エグザモンの力を借りたアカリとゼンジロウと合流。共にバグラモンを倒した。


第3期では進級して二年生となり、タギルユウと共にストリートバスケチーム「クロスハート」のキャプテンを務めている。

キャストクレジットでは新主人公とされているタギルを差し置いてシャウトモンと並んでトップである為、実質的に引き続き主人公であるとも言える(そしてこの話題はよく挙げられる)。

普段のコスチュームも再び変わっている。タギルがデジモンハントに首を突っ込んでいることを知り、放っておけなくなったことで自身もデジモンハントに関わることを決める。しかしタギルの成長のためにあえて自分は身を引いたりするなど、後輩思いのいい先輩でもある。

9話でアカリとの仲を茶化されて照れるという珍しい表情を見せ、タギルにからかわれた。

また、ベツモンの騒動にてベツモンのコールドギャグよりギャグが寒い事が明らかになった。

漫画版では、基本的な設定はアニメ版と同じ。

レインゾーンでのダークナイトモン軍との激戦から数ヶ月前に飛ばされ(物語以前の時間帯)、アニメ版二期と同じ服装になった。

但し、こちらでは「ほっとけない」理由が、友人である佐野タツヤに陸上を勧めた結果、無理が祟って車椅子生活を送るはめになってしまったからである。その事を知ったシャウトモンが仲介して正面から話し合わせ、タイキ自身も新たな思いと共に前へ進めるようになった。


名前の由来は「大器」=器の大きい人間。


余談

初登場当時は名前から無印時代の主人公中の人つながり眼鏡探偵とネタにされる事があった。


ちなみにパートナーの単体最終進化が完全体という初の主人公でもあり、合体して更なる世代へと進化(作中ではデジクロス形態として扱われている)させるという意味では本宮大輔に近い主人公だと言える。(あちらのパートナーの単体最終進化系は成熟期である。)


関連タグ

デジモン デジモンクロスウォーズ デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~

シャウトモン 陽ノ本アカリ 剣ゼンジロウ 蒼沼キリハ 天野ネネ 天野ユウ 明石タギル

アニメデジモン主人公ズ

佐野タツヤ


5期鬼太郎中の人が同じなだけでなく、5期鬼太郎の繋がりがデジモンクロスウォーズの制作や配役に関係しているとされており、「救えなくて後悔する」というキャラクター性も似ている。

デジモン主人公

大門大工藤タイキ/明石タギル新海ハル

関連記事

親記事

クロスハート くろすはーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1253945

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました