ピクシブ百科事典

シャウトモン

しゃうともん

『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

CV:坂本千夏

概要

レベルなし(恐らく成長期相当)
タイプ小竜型
必殺技ラウディロッカー、ロックダマシー、ソウルクラッシャー


デジモンクロスウォーズにおける主役デジモンで、全てのデジモンの王「デジモンキング」を目指している。
故郷を守る戦いに敗れ傷ついた瀕死の状態で、人間界の少年「工藤タイキ」と運命的な出会いをし、彼らをデジタルワールドへと導く。
頭を使うのは苦手なガサツな性格だが、とても大きな器と熱いハートを持った少年であり、構成の手抜きっぷりから評判の良くないアニメ版においても結構な評価を得ているキャラクター。

漫画版において、彼の望むデジモンキングとは、平和になったデジタルワールドの頂点から魂のロックを響かせて世界中をドハッピーに盛り上げることだと語られている。
名前の由来は「デジタルワールドを平和にしたい」と叫ぶ=『シャウト』から。

スタンドマイクを思わせる武器を持ち、それを棒術や必殺技に用いて戦う。
自身の情熱をエネルギーへと変換する喉を持ち、もともと大きい声をさらに拡張して殺人級の大声にして放ったりして攻撃する。

  • ラウディロッカー
手にしたロッド状のマイクで相手をバッキベキにぶっ叩く。その時の形相は三白眼の凄まじいものとなっており、一時期軽い話題となった。
  • ロックダマシー
掌から音符の形をした火炎弾を生みだしぶん投げる。威力を分散させる事で複数同時発射も可能。
  • ソウルクラッシャー
マイクで増幅させた殺人級の大声を、炎熱交じりの衝撃波として放出する。

進化系統

シャウトモン


シャウトモン(キングVer.)

レベルなし(恐らく成熟期相当)
タイプ小竜型
必殺技ラウディロッカー、ロックダマシー、ソウルクラッシャー

デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~』で登場した、デジタルワールドで念願のデジモンキングに就任し、良き統治者として成長したシャウトモン。
頭身と角やマイクが伸びたほか、胸に新たなプレートが付き、首元のマフラー、全身の傷、精悍な顔つきなど、全体的にカッコ良くなっている。
また、ハートの熱さはそのままに、王者としての経験を積んだためかその精神もより成熟している。


オメガシャウトモン

Wシャウトモン


レベルなし(恐らく究極体相当)
タイプ竜人型
必殺技ハードロックダマシー、ヘヴィメタルバルカン、ビートスラッシュ、オメガ・ザ・フュージョン
シャウトモンが未来の果てにたどり着くとされる形態で、パートナーのタイキから「勇気」「友情」そして「夢」のパワーを与えられることで一時的に「超進化」した姿。
黄金に輝くゴールドデジゾイドで覆われた、細身のサイボーグのような姿となり、光のようなキレのあるスピ-ドで移動することが可能。

  • ハードロックダマシー
強力な火炎を掌に生み出し、纏わせたまま殴りつけたり、投げつけて攻撃する。「ロックダマシー」の純粋強化技。
  • ヘヴィメタルバルカン
胸の銃口から高火力のバルカンビームを発射する。
  • ビートスラッシュ
鋭い剣と化した脚で敵を切り裂くキックを放つ。ドリル状に回転させて敵や地面を穿つ事も出来る。
  • オメガ・ザ・フュージョン
「オメガインフォース」で生成されたオメガモンのオーラを纏い突撃する、オメガシャウトモン最大の技。

各デジクロス形態

シャウトモン系列


(全部ではないが網羅しているイラスト)
シャウトモンがメインであるためか、終始「シャウトモン~」のネーミングで通しているが、シャウトモンの原型は胸または頭のV字位である。いっそのこと「クロスハートモン」という名前がどこかの段階で出ても良かった気もしなくもない。

X3以降の形態がオメガモンに酷似していたり、前述のオメガシャウトモンが「オメガ」であるのは偶然ではなく、シャウトモンがオメガモンの因子の一部を受け継いだ(又は与えられた)存在であるからとされている。

アニメでのデジクロス後は、ロゴが表示される際に仮面ライダーの変身音のようにそれぞれ違うジングルが再生される。X2からX4までは同じだが、それ以降の派生種からは音が変わる。

シャウトモンX2

レベルデジクロス体
タイプ強化型
必殺技バディブラスター

シャウトモンとバリスタモンの2体がデジクロスした強化装甲形態で、両者のスピードとパワーの良いとこどりな姿。
マスコット的なシルエットをしたロボットのような姿で、ダサ可愛い系。
漫画版では、陽ノ本アカリから「見た目が微妙」と謂れてしまった。

シャウトモンX2プラス

戦う勇気に目覚めたチビカメモンがシャウトモンX2とデジクロスした姿。チビカメモンは背中に甲羅のように装着され、水中戦でその能力を発揮する。



シャウトモンX3

落書き
シャウトモンX3


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技ハイドアモスフェリックプレッシャー、スリービクトライズ、ビクトライズブーメラン
シャウトモン・バリスタモン・ドルルモンの3体がデジクロスしたフィジカル形態。
バリスタモンのパーツが上半身と左肩に、ドルルモンのパーツが下半身と左肩に、シャウトモンのパーツが胸と頭部のパーツになっている。
それぞれの長所がうまく組み合わさったデジモンで、特に機動性に優れている。

アニメだと、超威力のバルカン砲が知られ、作画によっては、黒目、というか目の縁が白目になっていて印象が異なる。

シャウトモンX3GM

シャウトモンX3GM【着色後】


X3にメタルグレイモンがデジクロスした、ゲーム版限定の姿。
X3とは容姿がだいぶ異なり、赤と青のドラゴンのような姿である。
既存の形態では、「シャウトモンが純粋に進化したらこんな形になるのでは?」という想像に最も近い姿をしている。

シャウトモンX3SD

X3にダークナイトモンがまさかのデジクロスした、ゲーム版限定の姿。
X3とは容姿がだいぶ異なり、青い体色の槍を持ったダークナイトモンに近い姿となる。



シャウトモンX4

シャウトモンX4


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技バーニングスタークラッシャー
シャウトモンX3に、スターモン&ピックモンズがデジクロスしたヴィクトリー形態。
彼らが変形した炎の「スターソード」を装備し、さらに高い攻撃力を発揮する。
アニメ版・漫画版ともに序盤のメイン形態であり、第1話のタイキの夢の中で先行登場している。

シャウトモンX4K(ナイト)

クロスハート
X4 Knight


ご存じ人気形態。やはりマントの力は偉大なのである
X4にナイトモン&ポーンチェスモンズがデジクロスした姿。
左手にナイトモンの盾(希望の紋章からクロスハートのシンボルに変わっている)、マントを装備し、スターソードはナイトモンの剣ベルセルクの形状が組み合わさったものに変化している。

どうやら本来はゲーム上に登場するキャラではなかったようで玩具も未発売(そのせいかデジクロスできる場面でもX4のままということが多かった)だが、データ配信されクロスローダーのゲーム内でも登場するようになった。

シャウトモンX4B

X4にベルゼブモンがデジクロスした神馬形態。
四本足のケンタウロス型となった事でスピードが飛躍的に上昇。
加えて、ベルゼブモンの銃器類と翼を取り込んだ事で、近〜中距離射撃にも対応可能となった他、ベルゼブモン単体時には及ばないものの空戦能力も備わった。
四足歩行という従来の人型形態とは差別化された姿と挿入歌から人気が高めの形態だが、砲塔の位置でネタにされることがある。必殺技は「カオスフレア」。

シャウトモンX4S

X4にスパーダモンがデジクロスした姿。
左手にスパーダモンが変化した蒼槍を装備することによって、両手の武器で戦う相手に対しても戦いやすくなった。
必殺技は「ビクトリーブレイブ」



シャウトモンX5

シャウトモンX5


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技メテオインパクト、インパクトレーザー、メテオバスターアタック
シャウトモンX4がスパロウモンとデジクロスしたファイナリスト形態。
背に翼を得て非常に高い飛行能力が備わった上、左腕にレーザーガンを得て射撃戦にも対応可能である。一方、バルカン砲は使えなくなった。顔はスサノオモンムシャモンガイオウモン等の印象がある。

シャウトモンX5B

空舞う守護者!!


全部くっついちゃった!」(アカリ)
シャウトモンX4Bに、更にスパロウモンがデジクロスした姿。X4Bのスピードや火力と、X5の飛行能力を併せ持つ。
必殺技は「バーストダッシュストリーム」。

シャウトモンX5S

【C89ゲスト】シャウトモンX5S


X5にスパーダモンがデジクロスした、ゲーム版限定の姿。



シャウトモンDX

不死を越える白き祝福!!


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技エレキバスタークロス、トライデントジャスファング、ビクトライズ・バンキング
オメガシャウトモンとジークグレイモンがダブルクロスしたクルセイド形態。
ボディは殆どジークグレイモンであり、右腕がオメガシャウトモンのボディが丸々変化した銃剣となっている。高い機動力と攻撃力を兼ね備えた不屈の姿。



シャウトモンX6

レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技クロスシューティングロッカー

オメガシャウトモン・ジークグレイモン・バリスタモン・ドルルモン・スターモンズがグランドクロスした、漫画版限定の姿。
下記のX7からスパロウモンが抜けたような姿であり、背中のピックモンズがマイクに掛かった形となる。

シャウトモンEX6

シャウトモンEX6


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技ソル・キャリバー、デモリッションホーン
オメガシャウトモン・ジークグレイモン・アトラーバリスタモン・イェーガードルルモン・ラプタースパロウモンの、超進化した6体のデジモンがエボリューションクロスした漫画版限定の姿。

素体となるデジモンが全員金色であるため、輝かしい黄金のボディとなり、より合体を意識した無駄のないスマートなフォルムに仕上がっている。
極めて強力な形態だが、スターモンがいない分X7ほどのパワーは出ていないらしい。



シャウトモンX7

シャウトモンX7


レベルデジクロス体
タイプ合成型
必殺技クロスバーニングロッカー、セブンビクトライズ、オール・オメガ・ザ・フュージョン
オメガシャウトモン・ジークグレイモン・バリスタモン・ドルルモン・スターモンズ・スパロウモンがグレートクロスしたアルダーバースト形態(「X7」なのはジークグレイモンがデジクロス後の進化で2体分とカウントされているため)。作中における事実上の最強形態である。

右肩にはジークグレイモンの下半身とバリスタモンの頭部、左肩にはオメガシャウトモンの体とドルルモンの頭部が合体しており、右足はジークグレイモンの下半身、左足はドルルモンの体で構成されている。スパロウモンの体はX5と異なり頭部が前を向いた形で合体している。スターモンズは今までのスターソードではなく背中に合体。胸部のV字は金色になっている。武器は巨大化したシャウトモンのマイク。

顔のX字が特徴で、インペリアルドラモンFMを思わせる重厚さを持つ。
アニメ3期では、超巨大なディアボロモンを圧倒しており、パワーだけであればオメガモンと同等かそれ以上のレベルに達していると思われる。

X7 Hammer mode


(こうはならない)

シャウトモンEX7(仮)

EX6がスターモン&ピックモンズがジョグレス進化した「シューテイングスターモン」を装備した姿。必殺技は「リュウセイロックダマシー」。

シャウトモンX7 スペリオルモード

巨悪の野望を打ち砕く光輝く希望がここに立つ!!


アニメ版・漫画版共に最終決戦の最後に登場。
シャウトモンにデジタルワールド中の大量のデジモンがファイナルクロスした姿。
X7の全身が超巨大かつ金色になり、背中と頭部からは大きな天使の翼が生え、胸部のV字だけが燃えるような赤色に戻っている。
体の周りには合体したデジモン達がリング状に並び、その姿はまさに「デジタルモンスターの王」と呼ぶに相応しい究極を超えた存在

必殺技は「ファイナルクロスブレード」。


その他

  • シャウトモン+スターソード

シャウトモンにスターモン&ピックモンズがデジクロスした姿で、彼らが変化した短い「スターソード」を装備している。

  • シャウトモンSH(スターホイール)
シャウトモンにスターモン&チビックモンズがデジクロスした漫画版限定の姿で、X2を超える高機動形態。ブルーフレアとの戦いで使用。
ホイールって頭文字「W」じゃ?とか多分突っ込んではいけない。

  • シャウトモン+ドルルキャノン
シャウトモンとドルルモンがデジクロスした姿。
ドルルモンが変形した二連固定砲台を装備した形となる。機動力はないが強力な炎の獣砲を発射でき、アニメ3期ではオメガシャウトモンも装備した。

  • シャウトモン+ジェットスパロウ
シャウトモンとスパロウモンがデジクロスした姿。
スパロウモンのウィングがライブステージ状に変形し、そこにそのままシャウトモンが乗った形となる。空中を飛び回りながら爆音攻撃を仕掛ける戦法が得意。

  • ジジシャウトモン
  • シャウキュートモン
  • ドンシャウトモン
  • シャニタモン
  • ポーンシャウトモン

カラテンモンを笑わせるべく、タイキがシャウトモンに施したデジクロス。ジジシャウトモンはジジモン、シャウキュートモンはキュートモン、ドンシャウトモンはドンドコモン、シャニタモンはモニタモン、ポーンシャウトモンはポーンチェスモンとのデジクロス。
結局どれもウケなかった。なぜかシャニタモンとドンシャウトモンには公式設定が存在する。

関連イラスト

シャウトモン
デジクロス!



関連タグ

デジモン デジモンクロスウォーズ
工藤タイキ クロスハート デジクロス

pixivに投稿された作品 pixivで「シャウトモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 468805

コメント