ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:坂本千夏

概要

レベル成長期
タイプ小竜型
タイプデータ
必殺技ラウディロッカー、ロックダマシー、ソウルクラッシャー


デジモンクロスウォーズにおける主役デジモンで、全てのデジモンの王「デジモンキング」を目指している。
故郷を守る戦いに敗れ傷ついた瀕死の状態で、人間界の少年「工藤タイキ」と運命的な出会いをし、彼らをデジタルワールドへと導く。
頭を使うのは苦手なガサツな性格だが、とても大きな器と熱いハートを持ったデジモン。
決め台詞は「聞きてぇか?聞きてぇよなぁ?」(ロケット団の名乗りとほぼ同じノリである)。

漫画版において、彼の望むデジモンキングとは、平和になったデジタルワールドの頂点から魂のロックを響かせて世界中をドハッピーに盛り上げることだと語られている。
また、オメガモンのデータの一部を受け継いでいることが語られている。
名前の由来は「デジタルワールドを平和にしたい」と叫ぶ=『シャウト』から。

スタンドマイクを思わせる武器を持ち、それを棒術や必殺技に用いて戦う。
自身の情熱をエネルギーへと変換する喉を持ち、もともと大きい声をさらに拡張して殺人級の大声にして放ったりして攻撃する。

  • ラウディロッカー
手にしたロッド状のマイクで相手をバッキベキにぶっ叩く。その時の形相は三白眼の凄まじいものとなっており、一時期軽い話題となった。シャウトモン(黒)の場合はブレイクロッカーと呼ばれる。
  • ロックダマシー
掌から音符の形をした火炎弾を生みだしぶん投げる。威力を分散させる事で複数同時発射「ロックダマシーアロー」も可能。シャウトモン(黒)が出すものはロックダマシーG(グレート)と呼ばれる。
  • ソウルクラッシャー
マイクで増幅させた殺人級の大声を、炎熱交じりの衝撃波として放出する。
シャウトモン(黒)が出す同様の技はソウルアーバレストと呼ばれる。公式設定ではマイクで歌うだけでも暴発してしまうという。

『デジモンウェブ』の公式設定によれば、凶暴な性質かつ仲間には寛容な一面を持つとされており、音楽を何より愛する性格であり、自然音をバックに歌うのを好む。なお、マイクはマクフィルド社製であり、これがないと衰弱してしまうという(イグニートモンの武器もマクフィルド社製である)。

世代はクロスウォーズとなっていながらもデジモンリンクスやカードゲームといった外部作品に出演する際にはほぼ決まって成長期という設定で登場する。

進化系統

シャウトモン


シャウトモン(キングVer.)

レベル成熟期
タイプ小竜型
必殺技ラウディロッカー、ロックダマシー、ソウルクラッシャー

デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~』で登場した、デジタルワールドで念願のデジモンキングに就任し、良き統治者として成長したシャウトモン。
頭身と角やマイクが伸びたほか、胸に新たなプレートが付き、首元のマフラー、全身の傷、精悍な顔つきなど、成長や経験が見られ衣装も追加され全体的にカッコ良くなっている。
また、ハートの熱さはそのままに、王者としての経験を積んだためかその精神もより成熟している。
デジタルモンスターカードゲームでの世代は変わらず成長期のまま。
レベルが追加されて以降のデジモンカードゲームではちゃんと成熟期になった。

なお、PSP版デジモンアドベンチャーで客演した際には「デジモンキング」を名乗るという最終回後の設定で登場しているが、タイキとシャウトモン共に第1期の姿になっているという矛盾点がある(シャウトモンが成長期の姿に退化したと考えるならば矛盾はないが…)。

オメガシャウトモン/オメガシャウトモンX

Wシャウトモン


該当項目参照。


各デジクロス形態

シャウトモン系列


(全部ではないが網羅しているイラスト)
シャウトモンがメインであるためか、終始「シャウトモン~」のネーミングで通しているが、シャウトモンの原型は胸または頭のV字位である。いっそのこと「クロスハートモン」という名前がどこかの段階で出ても良かった気もしなくもない。なお、海外でのXのルビは「タイムズ」となっている。

X3以降の形態がオメガモンに酷似しているが、デザイン的には実際にオメガモンをイメージしたものであることが渡辺けんじのツイートで明らかになっている。
漫画版の設定やオメガシャウトモンの例からするとシャウトモンがオメガモンの因子の一部を受け継いだ(又は与えられた)存在であるからかもしれない

アニメでのデジクロス後は、ロゴが表示される際に仮面ライダーの変身音のようにそれぞれ違うジングルが再生される。X2からX4までは同じだが、それ以降の派生種からは音が変わる。
なお、合体は既にデジクロス体に変化している場合でも可能。

オメガシャウトモンがベースになった個体はそちらの項目にて。

シャウトモンX2

レベル成熟期/デジクロス体
タイプ強化型
必殺技マックアロー、ホーンブレイカーDX、バディブラスター、アームバンカー、オプティックレーザー、ミヤバルカン

シャウトモンとバリスタモンの2体がデジクロスした強化装甲形態で、両者のスピードとパワーの良いとこどりな姿。名乗り時にブースターから汽車のような蒸気を出したり、頭を回転させるのが特徴。
マスコット的なシルエットをしたロボットのような姿で、ダサ可愛い系。必殺技はツノから電撃弾を発射する「バディブラスター」、肘についたバルカン砲を連射する「ミヤバルカン」、ツノで敵をかち上げる「ホーンブレイカーDX」、腕をぶん回して敵を殴りつける「アームバンカー」など。更にチビックモンとスターモンが合体したスターアックスで武装する事も。
漫画版では、陽ノ本アカリから「見た目が微妙」と謂れてしまった。

技がカブテリモンのメガブラスターを連想させる為、「デジモンストーリー超クロスウォーズ」では技の威力から成熟期相当である事が窺わせていたが、公式設定で本当に成熟期になった。

テーマソングは和田光司の歌う「WE ARE クロスハート!」。この曲はX4までの共通テーマソングとなっている。

シャウトモンX2プラス

戦う勇気に目覚めたチビカメモンがシャウトモンX2とデジクロスした姿。チビカメモンは背中に甲羅のように装着され、水中戦でその能力を発揮する。発生させた泡に仲間達を避難させることができ、泡の中では呼吸が可能となっている。

シャウトモンX3

落書き
シャウトモンX3


レベル成熟期/デジクロス体
タイプ合成型
必殺技スリーインパクト、スリービクトライズ、ビクトライズブーメラン
シャウトモン・バリスタモン・ドルルモンの3体がデジクロスしたフィジカル形態(第1話ではドルルモンがいない状態でこの形態に変化した)。
バリスタモンのパーツが上半身と左肩に、ドルルモンのパーツが下半身と右肩に、シャウトモンのパーツが胸と頭部のパーツになっている。必殺技はV字の赤い熱線を放つ「スリービクトライズ」と胸のV字パーツを取り外して投擲する「ビクトライズブーメラン」、気合の篭ったパンチ「スリーインパクト」。
それぞれの長所がうまく組み合わさったデジモンで、特に機動性に優れている。

アニメだと、超威力のバルカン砲が知られ、作画によっては、黒目、というか目の縁が白目になっていて印象が異なる。

デジモンカードゲームでの世代はこの見た目で成長期となっているが、デジモンストーリー超クロスウォーズでは技の威力から完全体相当に位置付けられていた。

シャウトモンX3GM

シャウトモンX3GM【着色後】


レベルデジクロス体
タイプ
必殺技ブレスオブペルーン、ワイルドバーニング、ブリリアンスダガー
X3にメタルグレイモンがデジクロスした、ゲーム版限定の姿。
X3とは容姿がだいぶ異なり、赤と青のドラゴンのような姿である。炎のような翼が生み出す超スピードの戦闘を得意としている。その姿は数キロ先からも目立つという。
既存の形態では、「シャウトモンが純粋に進化したらこんな形になるのでは?」という想像に最も近い姿をしている。
必殺技は口から吐き出したプラズマ弾で敵を焼き尽くす「ブレスオブペルーン」、火球に飛び込み、そのまま敵に突進する「ワイルドバーニング」、炎のようなビーム翼で敵を切り裂く「ブリリアンスダガー」の3つ。

シャウトモンX3SD

レベルデジクロス体
タイプ翼竜型
必殺技ビリオンスタブ、アシッドタイフーン、ビクトリースピア

X3にダークナイトモンがまさかのデジクロスした、ゲーム版限定の姿で「ハルバードの鬼神」と呼ばれる。
X3とは容姿がだいぶ異なり、青い体色の槍を持ったダークナイトモン近い姿となる。しかし、ダークナイトモンとは違って白ベースである為、オメガモンに近い印象を受ける。
必殺技は敵を槍で連続で突き刺して穴だらけにしてしまう「ビリオンスタブ」、酸の嵐を巻き起こす「アシッドタイフーン」、手に持った槍で大きく薙払う「ビクトリースピア」の3つ。

シャウトモンX5

シャウトモンX5


レベル完全体/デジクロス体
タイプ合成型
必殺技メテオインパクト、インパクトレーザー、メテオバスターアタック
シャウトモンX4がスパロウモンとデジクロスしたファイナリスト形態。
背に翼を得て非常に高い飛行能力が備わった上、左腕にレーザーガンを得て射撃戦にも対応可能である。一方、バルカン砲は使えなくなった。顔はスサノオモンムシャモンガイオウモン等の印象がある。
必殺技は炎を纏った強力なパンチ「メテオインパクト」とスパロウモンのブースターから放つ「インパクトレーザー」、ジェットエンジンでの超加速を加えた突進「メテオバスターアタック」(劇中ではバーニングスタークラッシャーの強化版のような扱い)の3つ。またスリービクトライズをスターソードDXに纏わせて巨大化させるといった応用も可能。

なお、世代が設定されていなかった「超クロスウォーズ」では技の威力から究極体相当に位置付けられている。実際に劇中でもルーチェモン:サタンモードアルカディモンといった強敵を相手に健闘を見せた。

ちなみに、『デジモンクロスローダー』におけるグラフィックは顔が茶色く、鍬形が黒というコレジャナイ状態であった。

テーマソングは和田光司の歌う「Burning on!Burner on! Buddy on!」と言う歌い出しが特徴の「空舞う勇者!×5」となっている。

シャウトモンX5B

空舞う守護者!!


レベル究極体/デジクロス体
タイプ合成型
必殺技バーストダッシュストリーム、メテオバスターアタック、メテオインパクト、カオスフレア、スターズブレイドセレストライク、バーニングスタークラッシャー、スリービクトライズ
全部くっついちゃった!」(アカリ)
シャウトモンX4Bに、更にスパロウモンがデジクロスした『天馬武神形態』。X4Bのスピードや火力と、X5の飛行能力を併せ持つ。
必殺技はバーニングスタークラッシャー、メテオインパクト、カオスフレアの三連コンボ「バーストダッシュストリーム」とX5B版スリービクトライズ「5Bビクトライズ」。世代は究極体で超進化を介さない姿ではこの形態が最も上の世代になる(合体元を考えれば順当である)。

シャウトモンX5S

【C89ゲスト】シャウトモンX5S


レベルデジクロス体
必殺技コズモビクトリー、ヘリオスラッシャー、スペースチャクラム
X5にスパーダモンがデジクロスした『宇宙闘士形態』で、ゲーム版にのみ登場する同作品中で最強の姿。
X5の高速飛行能力が更に強化され、宇宙でも戦えるようになり、全身に宇宙エネルギーを吸収して様々な必殺技を放つ。
必殺技は相手の能力を中和する真空波「スペースチャクラム」、太陽エネルギーでスターソードDXを超強化し、超スピードに乗せて切り裂く「ヘリオスラッシャー」、宇宙空間にまで飛び出し、大気圏を猛スピードで突入、敵に全身全霊の一撃を浴びせる「コズモビクトリー」。

世代はやはりデジクロス体であるが、技の威力から超究極体相当である事が窺える。

その他

  • シャウトモン+スターソード

シャウトモンにスターモン&ピックモンズがデジクロスした『剣結合形態』で、彼らが変化した短い「スターソード」を装備している。必殺技は炎の衝撃波を放つ「スターブレイド」。柔軟性のあるピックモンが刃になっており、よくしなるという設定(公式設定ではフランベルジュのような扱われ方をされるらしい)。
なお、シャウトモンX4のスターソードDXはスターソードにシャウトモンのマイクが合体したものであり、こちらの形態での持ち手はスターモンの口の中にある。

  • シャウトモン+ドルルキャノン
シャウトモンとドルルモンがデジクロスした『砲撃形態』。
ドルルモンが変形した二連固定砲台を装備した形となる。機動力はないが強力な炎の獣砲を発射でき、アニメ3期ではオメガシャウトモンも装備した。必殺技もそのまま「ドルルキャノン」。

  • シャウトモン+ジェットスパロウ
シャウトモンとスパロウモンがデジクロスした姿。『音速巡航形態』と呼ばれる。
スパロウモンのウィングがライブステージ状に変形し、そこにそのままシャウトモンが乗った形となる。空中を飛び回りながら爆音攻撃を仕掛ける戦法が得意。機体下部に仲間たちを収容した檻をぶら下げても問題なく飛行できる。必殺技は空気弾を発射する「エアシューター」と全砲門からプラズマを発射する「プラズマブラスター」。
公式設定ではデジコンプレッサーという機関で空気をエネルギー源にしているという。
デジモンクロスローダーではスパロウモンのボディが手持ち武器にしたような扱いで登場。
ここまでの姿は通常形態と世代や属性が同じである。

  • シャウトモンSH(スターホイール)
シャウトモンにスターモン&チビックモンズがデジクロスした漫画版限定の姿で、X2を超える高機動形態。ブルーフレアとの戦いで使用。
ホイールって頭文字「W」じゃ?とか多分突っ込んではいけない。

  • ジジシャウトモン
  • シャウキュートモン
  • ドンシャウトモン
  • シャニタモン
  • ポーンシャウトモン

カラテンモンを笑わせるべく、タイキがシャウトモンに施したデジクロス。ジジシャウトモンはジジモン、シャウキュートモンはキュートモン、ドンシャウトモンはドンドコモン、シャニタモンはモニタモン、ポーンシャウトモンはポーンチェスモンとのデジクロス。
結局どれもウケなかった。
なぜかシャニタモンとドンシャウトモンには公式設定が存在する。
それによれば、ドンシャウトモンは喧嘩に首を突っ込む乱暴者の成熟期デジモンであり、漢魂乱れ太鼓、ラウディドラマーという技名が違うだけで内容が全く同じ乱打技を持っている。
一方で、シャニタモンは『強行偵察形態』と呼ばれ、霞隠や葉隠といった身を隠す術に長ける諜報活動のエキスパートなのだが、その能力は全て覗きに費やされるというどうしようもないやつになっている。

  • メタルシャウトモン
アニメ第3期のミニコーナーにて登場。メタルティラノモンとデジクロスした姿でヘビーメタルの歌声で戦う。

ピノッキモンとデジクロスした姿。マイクとブリットハンマーが合体している。
必殺技は炎の大車輪となって敵にぶつかる「バーニングハンマー」。

チビカメモンとデジクロスした姿。チビカメモンのメットや腹部アーマーで全身を覆っているのが特徴。

  • シャウトモン(色違い)
中の人がアグモン故なのかアグモンのように色違いが数多く存在しており、デジモンクロスローダーでは青、黒、黄の三種が登場。黒はシャウトモンB(ブラック)の名でデジモンストーリー超クロスウォーズにも出演している。黒い個体は夜行性であり、眠れないデジモン達にロック調の子守唄を歌うとされる。

進化ルート

デジモンカードゲーム版ルート

成長期成熟期完全体(アーマー体)究極体
シャウトモン(進化条件を無視できる)オメガシャウトモンシャウトモンDX

クロスウォーズ本編でも概ねこの通りで、シャウトモンDXのみ進化ではなく、『ダブルクロス』という扱いであった。

デジモンペンデュラムZ版

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体(アーマー体)究極体
ポヨモントコモンシャウトモンシャウトモンX3シャウトモンX5チンロンモン(※)

シャウトモンX3以外にもミミックモンダルクモンに分岐進化するルートも存在する。
ちなみに、本作では幼年期はポヨモントコモンとなっているが、本作収録デジモンにアグモン系が確認できる為、本来であればボタモンコロモンあたりが幼年期に置かれるものと思われる。


(※)このほかにもエンシェントガルルモンデュークモンゴッドドラモンに進化する。

デジモンリアライズ

成長期として実装され、最終形態はオメガシャウトモン(完全体)。この為、超個性型も究極体ではなく、完全体の時点でEX技が使えるようになる。

フィーチャークエストでは喧嘩をしていたカメモンオタマモンをラウディロッカーで成敗し、反省をさせると彼らにロックの素晴らしさを説き、その後もトラブルを解決しながら、ゲコモン(歌唱担当)、トノサマゲコモン(歌唱・低音パート担当)、スーパースターモン(ダンス担当)と順調にメンバーを増やし、最後に出会ったエテモンとリーダーの座を賭けて歌唱対決となる。途中でガジモンの妨害を受けるが、カメモンオタマモンが歌唱に加わったことで勝利を掴む。エテモンが卑怯な手を使った事を知っても、魂をぶつけ合えた事に満足した為に快く許し、彼をメンバーに加えたロックバンドはデジタルワールドで人気を博した。

エテモンがいるのは『デジモンアドベンチャー』でシンガーだった設定から、スーパースターモンカメモンがいるのはクロスハートを意識した人選だからだろう。

余談

2020年10月2日に公式図鑑に載っているクロスウォーズデジモンに世代(レベル)と属性が追加設定されたが、シャウトモン系列の場合、属性は全てデータ種で世代は

成長期シャウトモン、+ジェットスパロウ、+スターソード、+ドルルキャノン
成熟期ドンシャウトモン、シャニタモン、キングVer.、X2、X3、X4
完全体X4B、X4K、X5、オメガシャウトモン
究極体X5B、DX、EX6、X7
となった。カードゲームの時と違い、キングVer.とDXの世代が一段階上げられている。

関連イラスト

シャウトモン
シャウトモン



関連タグ

デジモン デジモンクロスウォーズ
工藤タイキ クロスハート デジクロス

関連記事

親記事

デジモンクロスウォーズから登場したデジモン一覧 でじもんくろすうぉーずからとうじょうしたでじもんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャウトモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャウトモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697623

コメント