ピクシブ百科事典

クオーツモン

くおーつもん

クオーツモンとは「デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち」に登場するデジモン及び、この作品のラスボスである
目次[非表示]

CV:櫻井孝宏

概要

デジモンクロスウォーズ第三期「時を駆ける少年ハンターたち」のラスボス。
人間界でのデータの歪みが、第二期のラスボスバグラモンとの最終決戦の影響で意思をもってデジモンとなった。

レベル究極体
タイプ種族不明
属性なし
必殺技ギュプト粒子砲、ルーインブラスト

第三期の舞台デジクオーツを創りだし、デジタルワールドから自分の餌とするためにデジモンを呼び出していた。その目的は世界すべてをデジクオーツに変えて全て自分に一体化させること。最初にデジクオーツにアスタモンを引き込みアスタモンとして最上リョウマを洗脳し
操り、ハンター達のデジモンのデータを収集し自身の形を形成した。

劇中では76話で初登場、この時は巨大な岩山に顔の付いた様な姿(タギル曰く「化け物岩」)で登場。黒幕としてはアドベンチャーのアポカリモンに次ぐ登場の遅さだが、3期OP映像で既に登場している。77話ではこの形態が集まって進化したディアボロモンがX7に倒されると今度は顔の部分が目玉のマークになった形態に変化。
その姿から78話ではリョウマが裏切る(ように操り)と同時に球体型の形に変化、更に最終回では本当の姿としてアスタモンからエヴァリリスを連想させる上記の白い姿へと変貌し球体型と一体化した。

能力


  • デジクオーツ

デジタルワールドからデジモンを引き入れ、餌として狩るためのに人間界に作り上げた特殊空間。デジモン達は何も知らずにデジタルワールドから紛れ込んで各々活動していた。
内部でデジモンが何かすると影響が人間界にも発生する。人間には不可視で、存在を知覚したり内部に侵入するためにはクロスローダーが必要である(ゲートが開いてる最中なら一般人でも侵入可能)。また、デジモンの中には自由にゲート移動可能なものもいる。
デジクオーツではクロスローダーにも制限が発生し、一度にクロスローダーから出せるデジモンの数は1体、デジクロスも2体合体までになってしまった。この為3体以上デジクロスさせるには複数のクロスローダー保持者が必要である
序盤では日本近辺のみの範囲であったが、クオーツモンの力が上がったのか世界中に発生するようになり、とうとう人間界を侵食し始めた。デジモンに関わりのない人間はデータ化されデジクオーツに取り込まれてしまう。
最終的には一時的とはいえ地球全てデータ化するという、デジモンシリーズのラスボスの中では唯一人間界(地球)の占領に成功している。

  • デジモンのデータ捕食
襲ったデジモンからデータを吸い上げ自分を強化する。劇中ではメタリフェクワガーモンが捕らえられ生贄にされ殆どデータの残っていない抜け殻のような姿となった。

  • デジモンのデータをコピー
膨大なデータを利用し、デジモンを複製して手駒として使うことができる。究極体クラスデジモンですら大量生産可能な上にコピー自体にも進化機能もある。劇中ではディアボロモン系統とヴァンデモン系統が登場、ディアボロモン系統は街をデジクオーツ化させて行き人々をクオーツモンに吸収させ、ヴァンデモン系統はディアポロモンがX7に倒された反省から量産型として大量生産し数で圧倒する作戦に出た。

コピー体のインフェルモンはディアボロモンのコピー能力を参考にしたのか、「倒される直前に自身をコピーする能力」を持ち1体でありながら複数のハンター達のデジモンを圧倒、ヴァンデモン系統は量産型とはいえそれなりに高い実力がありヴェノムヴァンデモンやベリアルヴァンデモンへ進化しクロスハートを圧倒した。アルダモンのブラフマストラに耐えウォーグレイモンのガイアフォースでも4体中1体仕留め損ねるなど、原典同様無駄にしつこい。

  • データ吸収、操作
リアルワ-ルド全てのデータを全て取り込み、ありとあらゆるものをデータ化する特殊能力を持つ。また自身の取り込んだ人間、デジモンのデータを自身の体の一部に映し出す事も可能で劇中ではこれを利用して取り込んだデータを人質として利用した。
ちなみにその様子は枝のように無数に伸びた掌から生きたままの人々の顔が映し出され無数の悲鳴を上げるという日曜6時半台の番組とは思えないえげつない模写であり、この精神攻撃でタギルとガムドラモンを戦意喪失させた。

なお取り込んだデータ(人間)の意思で勝手に動いてしまう事から、個々のデータを完全に制御できない模様で、これが最終的に命取りとなった。

  • 純粋な戦闘能力
最初の化け物岩の状態から主人公勢を苦戦させアレスタードラモン・スペリオルモードでようやく倒しキリハミミルキの援軍がなければ勝てなかったと称され、ウォーグレイモンのガイアフォースとシャイングレイモンのグロリアスバーストに耐える防御力とこの状態でも高い実力を誇る。
78話ではインペリアルドラモン・ファイターモードのギガデスにも傷1つ付かない装甲、最終回ではアスタモンの姿で不意打ちとはいえビーム攻撃で各作品のパートナーデジモン含む味方デジモン達に大きなダメージを与えるなどラスボスだけあって高い実力を誇る。
自身の体内では無数の手のようなものを伸ばしたり、データの塊を飛ばしたりして攻撃を行っていた。


対処法

オリジナルデータが多次元的に存在する上に、自身のコピーを瞬間的に作成できるので正攻法で倒すのは不可能。空間に干渉できるブレイブスナッチャー=バグラモンの右腕で、存在を固定しなければダメージを与えられないとのこと。

バグラモンの右腕が回収され、歴代主人公とタイキ達に倒されるはずだったが…

pixivに投稿された作品 pixivで「クオーツモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17132

コメント