ピクシブ百科事典

餓鬼

がき

餓鬼(梵語:Preta 音写:薜茘多=へいれいた)とは、仏教に由来する妖怪の一種。
目次[非表示]

概要

六道では地獄の上・畜生動物)の下に位置する。
責め苦がない分地獄よりかは楽だが、食の自由は動物に劣る。
生前、食べ物や財産に対する感謝をせずに、好き勝手に振舞っていたものが落ちる道とされ、釈迦十大弟子の1人である目建蓮(モッガラーナ)の母親も死後にここに落ち、それを救う為に始まったのが施餓鬼供養であるとされる。

子供は貪るようにガツガツと食べる事から、俗称としてこう呼ぶ事がある。 →ガキ

餓鬼の種類

餓鬼には36種も居るが多過ぎて大変なので、ここでは大まかな3分類のみを表記。

  • 無財餓鬼
いわゆる『飲食が出来ない』存在で、一般的な餓鬼のイメージに最も近い最下等の餓鬼。
唯一、施餓鬼供養を施された飲食物だけは飲食出来る。

  • 少財餓鬼
糞尿・嘔吐物・死体等の不浄なものだけを食べる事が出来る餓鬼。

  • 多財餓鬼
飲食に困らず裕福に暮らす事が出来るが、どんな贅沢をしても満足しない。しかし天部にも行く事が出来る最上級の餓鬼。
ある意味、最も不運な餓鬼。

創作での扱い

水木しげる作品

ゲゲゲの鬼太郎』では3期鬼太郎77話「妖怪手の目と地獄の餓鬼」(原作「迷路」)に登場。入らずの山の奥にある神殿で、若返りの水を使い不老不死の存在となっていた。地獄が舞台の「鬼太郎地獄編」にも登場している。
また『縄文少年ヨギ』にも登場している。

桃太郎伝説シリーズ

原作者のさくまあきらが仏教関連の古書を集めて設定しただけあり、『新桃太郎伝説』ではこちらの回復道具を食べてしまう「餓鬼」をはじめ、「食吐餓鬼」「食水餓鬼」「食血餓鬼」「殺殺餓鬼」「食火炭餓鬼」が登場する。

女神転生シリーズ

詳細は →幽鬼ガキ

ボーティーズでボクと握手!


忍者戦隊カクレンジャー

妖怪軍団ガキツキとして登場。フードファイターをカリカチュアしたような姿で(裏モチーフは『餓狼伝説』のテリー・ボガード)、憑りついた人間を大食いにしてしまう。ニンジャイエローセイカイが取り憑かれ、巨大化させられてしまった。

ガキツキ


侍戦隊シンケンジャー

スス子誕生祭!!!!!


餓鬼の伝承の元になったと言うアヤカシスナススリとして登場。
遠目には大きな口のように見えるが、歯に見える部分には小さな顔が並んでいる。このアヤカシの舌から出る砂をかぶってしまうと空腹になってしまう。それも飲み食いする度に悪化し、食欲に負けて食べてしまった日には更なる苦しみに見舞われる。

プレータ

海外版の『女神転生シリーズ』では梵語のこの名前が使用されている。
インド神話風の世界が舞台の『サンサーラ・ナーガ』では「由緒正しいインドの餓鬼」と呼ばれ、荒野などでインドでの浮遊霊という伝承を元にした姿で登場したが、これといった特徴が少なくGBA版では削除され出てこない。

プレータにであってしまった!



余談

指定難病で『脂肪萎縮症』と言う症例があるが、この罹患者は脂肪が全く付かない為に、臓器が収まる胴体以外の部位が痩せ痩けている
その上、脂肪から分泌され満腹中枢を刺激するホルモン・レプチンの分泌がほぼない為に一旦食事を始めると、文字通り貪るように飲食を行う
恐らくだが、少なからず餓鬼のモチーフに、同症例の罹患者が入っていると推測される(太昔故のそう言った人達への配慮のなさから)。

関連項目

ゾンビ グール

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「餓鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 536749

コメント