ピクシブ百科事典

3期鬼太郎

さんききたろう

ゲゲゲの鬼太郎アニメ版の第3シリーズ。歴代最高視聴率を誇る作品。またはそれに登場する鬼太郎の愛称。
目次[非表示]

概要

1985年10月12日から1988年2月6日にかけて全108話、その後完結編となる「地獄編」が1988年2月8日から同年3月21日まで全7回放送された。合計話数は115話。
後継声優が見つからなかった目玉おやじ役の田の中勇を除き、全ての声優が一新された。鬼太郎役には現在女優としての活動が中心となっている戸田恵子が選ばれた。
初めて鬼太郎ファミリーという存在が明確化したシリーズでもあり、その扱いの違いはクレジットでの扱いでも明白である。ヒーロー化路線もさらに進められ、原作にはないアイテム「妖怪オカリナ」が登場し、4期でも継続使用された。

作風としては人間の妖怪との融和路線があげられる。前作では「妖怪が悪いか、人間が悪いか」という、どちらかに非のあるエピソードが多かったが、本作では妖怪にも言い分があるという内容が多かった。そのため、ただ人間を助けるだけでなく、妖怪にも救いのある終わり方も多かった。
鬼太郎の性格も前作までの呑気だが誠実といったものから一変、正義感がとても強く、悪い奴(特にねずみ男)へは容赦なく怒りを見せ、鉄槌を下す(特にねずみ男)回が多かった。

融和路線を打ち出すためのヒロインキャラクターとして、オリジナルキャラとなる天童ユメコが登場。第3期と言えばこのユメコの存在を真っ先にあげる人も多い。アニメオリジナルキャラは後にも先にも存在するが、ここまでレギュラーとして食い込んだキャラクターはなかなか居ない。

その人気の高さから、当時絶頂期を過ぎてやや人気に陰りのあった鬼太郎の妖怪漫画としての威厳を復権させた。「妖怪なんてこの世に居ないんだ!」とまで嘆いて落ち込んでいた原作者の水木しげるの生活も安定するようになり、水木しげるの食い扶持を繋いだアニメとしても有名。
ただ演出や脚本の路線にあまり水木は納得がいってなかったようで、「満足以上の作品は4話に1回くらい(要約)」という評価を下された。それだけ従来の作品と比べて雰囲気の違いは歴然ということである。

声優に関するエピソード

当時戸田は尊敬する先輩である野沢雅子の役を奪う形になったことを気に病んでおり、かなり悩みながら鬼太郎役を演じていたという。
変更について、先代となる鬼太郎役の野沢雅子とねずみ男役の大塚周夫はガッカリしていたが、野沢雅子はこの人事がキッカケでドラゴンボールシリーズの孫悟空役を受けることが出来るようになった。
なお、戸田・野沢の両名は5期の映画作品『日本爆裂』で同時上映となった五大鬼太郎で共演。当時女優業がメインで、アンパンマン以外の声優業は行っていなかった戸田はオファーを断ろうとしていたが、「野沢雅子さんも来ます」と聞いて受けることを決意したという。

ねずみ男役の富山敬は、当時声優事務所の移籍問題で東映動画(現在の東映アニメーション)の作品に積極的に参加出来ないはずの身の上だったが、その実力を買われてこの役を得ている。

レギュラー

鬼太郎:戸田恵子
目玉おやじ:田の中勇
ねずみ男:富山敬
ネコ娘:三田ゆう子
天童ユメコ:色川京子
子泣き爺:永井一郎
砂かけ婆:江森浩子
一反木綿:八奈見乗児
ぬりかべ:屋良有作

キャラクターとしての3期鬼太郎

歴代中、最も目付きが鋭いことでお馴染み。先の通り正義感が強く、許せぬ悪に対する怒りはとてつもないものがあった。イラストでも目付きが鋭く、頼もしく描かれることが多い。背は2期の鬼太郎よりも高めである。

関連動画



関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
1期鬼太郎 2期鬼太郎 4期鬼太郎 5期鬼太郎
墓場鬼太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「3期鬼太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3059

コメント