ピクシブ百科事典

1期鬼太郎

いっききたろう

ゲゲゲの鬼太郎初のアニメ化作品。白黒作品。またはそれに登場する鬼太郎の愛称。
目次[非表示]

またやったな!
僕はずるいことは大嫌いだぞ!

概要

1968年1月3日から1969年3月30日に放送された、全65話のTVシリーズ。当時はカラーアニメの普及が定着を見せていたが、原作の雰囲気を再現するために意図的に白黒アニメとしての製作が進められた。

記念すべき第1話は「おばけナイター」であるが、本当の第1話はその次の「夜叉」だった。しかし「番組のイメージを明るいものにしたい」という理由で、制作された中では一番朗らかな雰囲気を持っていたこのエピソードが選ばれたという(ただしそれ以外のエピソードは例外なくホラー要素が含まれた内容となっている)。よって本来ならねずみ男も第1話から登場していたかもしれない。

おばけナイター


なお、この時期は、原作でもまだ鬼太郎ファミリーという概念が固まっていなかった。
このため全話登場は原作初期と同じく鬼太郎だけで、ねずみ男は第2話以降から全エピソード出演。目玉おやじは鬼太郎と共に第1話から登場するも、第7話の「幽霊電車」の回のみ原作に併せて例外的に未登場であった。
これら3名は2期においては欠けた回がないという程に、原作同様の顔として完全なレギュラー化を果たした。

後のファミリーとなる砂かけ婆子泣き爺はかろうじて準レギュラーと言えるレベルだが、それでも話数がしばしば開くうえ、ビジュアル・デザイン・声優が安定しないなど、固着には程遠く、少なくとも当時の視聴者にとっては馴染みが薄かった。後にヒロインとしてレギュラーとなる猫娘(CV:山口奈々)に至っては、このシリーズではゲストとして1回(第20話)のみの登場だった。

原作のえぐい表現などはマイルドに変更されているが、当時の基準の話であり、現代から見れば十分えげつなさはある。放送コードの規制も緩かったために、現代では差別用語と区別されている言葉もたくさん使用されている。
また、原則として前編・後編と分けられている回を除いて、前後回のエピソード的な繋がりはなく、一話完結型となっている。
このため時には前後の回で矛盾する描写も多いが、これは当時における多くの子供番組には多く見られた傾向であり、鬼太郎が特別というわけではない。
世間的にアニメにもリアリティを求める志向が強くなるのは、丁度本作の後くらいのことである。ただし、この「前後回との整合性はさほど重視しない」という作劇は、2期にも概ね受け継がれる。

楽曲は、いずみたくによるおどろおどろしい曲調のものが印象的。

レギュラーキャスト


野沢雅子は、この作品で初の主人公役を獲得。自身を語る上で欠かせない「3つの思い入れ深い役柄」の一つに、この鬼太郎をあげている(他の二つは鉄郎悟空)。
メインキャストとなる野沢、田の中勇大塚周夫は元々同じ劇団(「劇団東芸」時代の一時期)の仲間であったため、「劇団の延長」として、役作りにおいてはそれぞれが意見を出し合い、キャラ作りや演技の方向性を固めていったという。
アフレコの前の発声練習も並ではなかったとのこと(野沢曰く「動物園の檻のよう」)。

野沢は「女性の感性で演じてはダメだ」という指摘に応じて演技を修正し、それ以外でも何か意見を与えられると熱心に応じていたという(大塚曰く「バンバンやる子」)。また、田の中が演じる目玉おやじの特徴的な話し方は「目玉が抑揚を持って喋るのはおかしい、棒読みっぽく行くべきだ」という意見から始まったという。
ねずみ男は時折オネエ口調でおどけて話すことがあるが、これは台詞の印象を和らげようとするためだった(例えばねずみ男が相手に媚びへつらう時、相手を「お前」と呼ぶより「あなた」という方が通りが良く、腰が低く見える)とのこと。この点、大塚は田の中からいろいろ演技について指摘を受けた。

このように、三名は忌憚なく意見を言い合っていて、大塚は「鬼太郎なら絶対この三人だ」と豪語するほど、掛け合いの手応えを感じていたという。40年後に製作された『墓場鬼太郎』への出演時には、その積み上げてきたものの重さについても語っている。

キャラクターとしての1期鬼太郎

野沢さん。


“よぉねずみ男!チョコレートの一欠片ぐらいなら恵んでやってもいいぜ!”

イラスト上で描かれる際は、白黒であることは勿論、墓場を除けば歴代の中で最も背が低く、その点を強調されることが多い。ただし、2期との差は僅か。
この時期は2期よりも少し顔が横に丸っこくなっており、加えて鼻の穴が大きいという特徴がある。

一人称や口調は脚本家・場面などによってころころ代わるが、原則として困っている人間などに対しては「僕」、敵やねずみ男に対しては「俺」と凄むことが多い。この点は2期以上に安定していない。

プラモデルをプレゼントされて子供のようにはしゃぐといった一面があるものの、基本的には「少し大人びたところのある不思議な少年」として描かれている。
ただ後の2期と比べるとあくまでも少年という立ち位置を崩していない作品が多く、物腰が原作よりソフトにアレンジされてこともあって行儀の良い描写が多い。

この頃は目玉おやじとの関係もまだしっかり決まっておらず、遠出の際、鬼太郎に「お前だけ行って来い」という親父に対し「頼りにならない父さんだな~」と後発の作品では絶対言わないような悪態をつくなど、そのほかにも遠慮なく物を言う子供として描かれていた。

一方、ねずみ男に対しては、そのキャラクターを説明する意味合いもあってなのか、手厳しい制裁を加えたり、厳しい言葉をぶつけることが多い。
他人にねずみ男の人間性を説明する際も「妖怪にヘラヘラお世辞使うクズみたいな奴なんだよ」と称し、ちゃんちゃんこで無理矢理言うことを聞かせたときも「悪いことだとシャカシャカやるくせに、良いこととなるとグズで遅いなぁ!」と罵った。
とはいえ、この時点では元となった原作においてねずみ男との仲が十分親密だったこともあり、心配して行動する描写も多い。ねずみ男が警察に捕まった後に釈放された時は、揃って大喜びしていたことも。
さらに「猫娘とねずみ男」ではねずみ男の体内にある三虫を餓死させようとした際は最後まで付き合うなど原作と同じく親身になっている。
また、どれだけ手厳しく応対しても、最終的には元の鞘に戻っている辺り、ねずみ男との関係は必ずしも悪いものではない。

一つ一つの描写や設定は非常に不安定なものの、積み重ねられた諸要素は後の2期にも引き継がれており、2期における鬼太郎のキャラクター性が本作よりかは安定させる動力となっていると言える。

余談

  • アニメ化にあたって「ゲゲゲの鬼太郎」と改題された理由は、元々の題名である「墓場の鬼太郎」が、テレビにはそぐわないという判断からである。一般的に改題の際にモチーフにしたのは水木しげるの愛称(「しげる」と言えず「げげる」と言っていたためについた愛称「げげ」から来ているという説)と言われている。ただし、DVD-BOXの特設サイトでは「アニメ前に発表されていたイメージソング(後のOP)の歌詞『ゲゲゲのゲ』から着想を得た」と記されていて、この改題については、長期間どちらが正しいかはハッキリとしなかった。しかし、晩年の水木しげる自身が「イメージソングの基となった原作の虫の鳴き声『ゲゲゲ』も含めて幼少期の渾名『げげ』から来た」と一貫して語るようになったことで決着を見た。
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」に決まる前の仮タイトルは、「鬼太郎くん」だった。
  • 東映動画(現東映アニメーション)最後の白黒アニメである。もーれつア太郎があげられることもあるが、ア太郎は途中でカラーアニメ(白黒は第77回まで)となっている。
  • 演じた野沢雅子は、当時のアフレコルームがコンクリート剥き出しで殺風景だったこともあり、霊安室のシーンを吹き替えていた時、画面の怖さに本気で絶叫してしまったことがあるという。また、今でもたんたん坊が夢に出てくるほど印象に残っているようで、それに驚いた自分の声で目が覚めることもあるとか。
  • 作風は子供向けを意識してか、悪い妖怪から人間を守る子供向けヒーローアニメになっている。そのため、妖怪を倒してそれで終わりと言うのがパターンだった。
  • 好評を得た本作は、地方局では70年代のオカルトブームを背景に、続編にあたる2期とともに平日夕方の枠で繰り返し再放送され、後年の3期が制作されるきっかけの一つとなった。


関連動画




関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
2期鬼太郎 3期鬼太郎 4期鬼太郎 5期鬼太郎 6期鬼太郎
墓場鬼太郎
ゲゲゲの鬼太郎(アニメ)

関連記事

親記事

ゲゲゲの鬼太郎(アニメ) げげげのきたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「1期鬼太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54817

コメント