ピクシブ百科事典

2期鬼太郎

にききたろう

ゲゲゲの鬼太郎アニメ版の第2シリーズ。初のカラー作品。またはそれに登場する鬼太郎の愛称。
目次[非表示]

1971年10月7日から1972年9月28日まで放送された。前作から二年半後に製作された、シリーズ唯一の「前シリーズの続編」として位置づけられたTVアニメシリーズで、鬼太郎目玉おやじねずみ男のキャストは続投。
放送期間は約一年だが間に再放送を挟んでいるため、総製作話数は全45話。仮に再放送分を含んだとしても話数は全シリーズ中最低である。

第1シリーズの続編であるため、前シリーズで使用された原作エピソードは使用されなかった。2年半というブランクこそ空いたものの、原作のストックはそう多くなかったため、アニメオリジナルエピソードが大変多かった。
しかもこのアニメオリジナルエピソードは、単純に完全オリジナルとしているのではなく、原作者の水木しげるが発表した短編マンガのエピソードや、サラリーマン死神のエピソードを用いている。特に死神は途中から準レギュラー化したため、実質サラリーマン死神のアニメ化でもあった。
そういった事情から、鬼太郎の介入が薄かったり、介入しても事件の解決に手を下せなかったりすることも多かった。というか本シリーズの主人公はねずみ男であると言っても過言ではない。
このため、エピソードの中にはメッセージ性を多く含んだもの、原作を遥かに越える寒気のするエピソード、バッドエンドにすることで教訓を促すものなどが多かった。
高度経済成長期による自然破壊、環境破壊が問題視されていたことから、そういった人間批判的なエピソードも多く見られた。

それ故に前後作品と比べると異質とも言えるシリーズで、子供番組として放送するにはやや対象年齢が高めに設定されているかのようにも見える。
放送期間が比較的短く、白黒+初代の第1期や歴代最高視聴率の3期の間に挟まれて知名度も低い。しかしこれが功を奏してか「味わい深いエピソードが多い」として、陰の薄さに反して鬼太郎ファンからは比較的高い評価を受けている。

レギュラーは前作からヒロインとして猫娘が追加。それ以外のメンバーも出番は増えたがあくまでこの時はゲスト扱いである。

レギュラー

鬼太郎:野沢雅子
目玉おやじ:田の中勇
ねずみ男:大塚周夫
猫娘:小串容子(登場しない回もあるが全話クレジットされている)

キャラクターとしての2期鬼太郎

絵柄や色使いの影響でやや色黒に描かれる。加えて当時劇画チックな絵柄の流行から現代視点で見ると筋骨のしっかりした足に見えることが多く、その点が強調されることもある。背は1期鬼太郎よりも少しだけ伸びている。

性格は第1シリーズよりもやや大人びた感があるが、基本的には歳相応の、しかししっかり者の少年といった感じになっている。

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
1期鬼太郎 3期鬼太郎 4期鬼太郎 5期鬼太郎
墓場鬼太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「2期鬼太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1012

コメント