ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アニメ第2期第43話「足跡の怪」に登場。
自然を支配する力を持つとされる存在で、とある村近くの『入らずの山』と呼ばれる聖域に巨大な岩をご神体として祭られており、絶対に姿を見せることは無いとされる。

劇中では、中山と山田という名の2人の学者が聖域を荒らした上に、御神体の岩を隕石だと決めつけてその一部を壊して持ち帰ってしまった事に怒り、村に嵐や地割れなどの天変地異を起こし、更に村人を神隠しにしまう。

村人に何とかタイタンボウ様の怒りを鎮めてほしいと頼まれた鬼太郎は、中村と田中に2人に石を返すように説得を試みるが、迷信だと馬鹿にしてその要求を突っぱねた為、遂に2人にも祟りが降りかかる。

最初に山田が祟りで右手の小指、右耳、右目、鼻と体の一部が解けてなくなって行き、最後には首までが無くなった状態で走り去り、血のような赤い足跡を残して消滅。

中村の方は体の欠損こそなかったものの、祟りを恐れて岩を返そうと懇願する山田を自分の出世の為に平気で見捨てるなどの残忍な性格に変貌(あるいは本性が剥き出しになっているだけかもしれない)。
これに対して目玉おやじからは「タブーを犯した報いで人間の心を失ってしまった」と称されていた。

なんとか鬼太郎は中村から岩を奪い返すと岩を元に戻すが、タイタンボウの怒りは静まらず、祟りも治まる様子も全くなかった。

そこへ岩を取り返しに中村がニトログリセリンを手に襲い掛かって来るが、遂に中村も祟りで一気に顔が溶解して行き、そのまま穴へと転落し爆死する。

祟りを引き起こす原因となった張本人たちの死によってようやくタイタンボウの怒りは収まり、神隠しに有った村人は帰って来る事ができた。

なお、鬼太郎と共に中村の最期を見届けた村長は、「若者はおっかないものが分かっていない」と酷評していた。

余談

元々は鬼太郎とは関係ない短編『足跡の怪』に登場する超自然的な存在(神様)である。
鬼太郎には同音の妖怪「たんたん坊」が登場するが、関係は不明。

また、5期が打ち切られてしまった前に3年目の放送予定のエピソードに足跡の怪が含まれていたのは有名な話である。

関連項目

荒神 祟り神 ゲゲゲの鬼太郎 みんなのトラウマ
こそこそ岩…シリーズにおいて神々と岩の繋がりがある例。
ティーターン…ギリシャ神話に登場する同音の神々の一群 (タイタン族)。

関連記事

親記事

ゲゲゲの鬼太郎 げげげのきたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイタンボウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2059

コメント