ピクシブ百科事典

白山坊

はくさんぼう

『白山坊』とは、水木しげるによる創作妖怪の名称。
目次[非表示]

概要

野生が長い年月を経てその身に強大な妖力を宿した妖獣属のうち、妖狐に分類される妖怪の一種。

近畿圏の稲荷信仰と関わりを持つ妖狐『白蔵主』(はくぞうす)をモチーフにしたとされている。

特徴

妖怪の中でも格に近い位置にある妖狐一族とは異なり、群れを成さずに単独で行動する一尾の悪狐。

進退窮まった人間の前に現れては困難な望みの成就を約束する見返りに、その者のが16歳を迎えた時に娶る契約を持ちかけ、最後には娶った娘のを食して己のを長らえる。

ゲゲゲの鬼太郎』の白山坊

声優内海賢二(第1期)、はせさん治(第3期)、大塚周夫(第4期・第5期)、高木渉(第6期)

大半の作品では、先述のように切羽詰まった人間の前に現れて娶りの契約を持ちかける狡猾な妖怪として登場する。岩石鉱物など意思を持たない無生物への変化術に特化しており、様々な神通力を自在に操って鬼太郎砂かけ婆攻撃を悉く退けたが、を使った計略(アニメ版4期では封印される)によって敗れる。

アニメ版の4期と5期では、1期と2期でねずみ男役だった縁で大塚周夫が特別出演的に声を担当した。それを意識したのかは不明だが、6期では5期でねずみ男役だった高木渉が声を担当している。

5期では、妖怪横丁の外れにある見世物小屋白山一座』の座長兼興行師として登場するが、従来の設定から一転して「興業の大ウケを無上の喜びとする生粋のエンターテイナー」となり、善玉側の立ち位置を意識して善狐の代表格である白狐へ姿を変え、声優を務める大塚の怪演と相まってねずみ男同様に「周囲を巻き込む傍迷惑だがどこか憎めない妖怪」の1人となる。

超長期の家賃滞納で日々を恐々と暮らす妖怪アパートの面々(ろくろ首かわうそアマビエなど)をねずみ男の口八丁で丸め込み、満を持して人間界で開催した一大興業『お化け大劇場』の演者に引き入れた経緯はさて置き、利益を全てつぎ込んででも舞台を第一に考えて行動し、たとえ己の身銭を切り尽くして財布が空っぽになろうとも「お客にウケるのが一番の報酬」と満面の笑顔で言い切り、ねずみ男の企みで破綻しかかった興業を舌先三寸で「物の大切さを諭す恐怖のショー」に方向修正して大成功を収めるなど、芸事に対する態度と熱意は真摯そのものにして嘘偽りは無く、人間界での興業に参加した妖怪たちに即日のうちに充分な給金を支払う姿勢に如実に表れている。

ただし、に大きな悩みを抱える人間だけに付け入るに留まり、筋目を通す義理堅い性格のために大きな間違いを起こさないだけであって、契約の見返りが16歳の娘から魂そのものに変わったことであらゆる人間の悩みに介入できるようになり、契約承諾の証「指切りの痣」は閻魔大王でも破れない強力な呪いである点など、考えようによっては悪狐であった以前の設定よりも危険度が増している。

実際初登場時はねずみ男の提案で人間の幽霊を招き入れようとして、売れないコンビ芸人を理解が追い付かないうちに丸め込んでその魂をもらおうとしたが、ファンだった目玉おやじの提案で生きたまま妖怪横丁に招き入れた2人が死を前にした恐怖と生への未練で起こした殴り合いの喧嘩が予想外にウケたことで契約内容を変更したために事なきを得ている(ちなみに2人はその後喧嘩芸で人気となったが、目玉おやじは「芸が荒くなった」と嘆いている)。

白山坊


6期では先代の5代目白山坊を打ち破った当代の6代目白山坊として登場(顔は水木画風ではなく現実の狐に忠実で先代の違いは左目に傷の有無)。近辺の妖狐の元締として登場。
原作同様娘を婿として求めるが人間を喰らう先代とは違い命は取らないとのことで自殺しようとした男性に幼い娘のやよい(cv:相沢舞)が成長したら嫁に貰う事を条件に富を得られる約束を交わす(この約束に対して鬼太郎は命を奪わない上での行為から反対しなかった)。後述の件でアルカナの指輪を手に入れようとした西洋妖怪と対峙し鬼太郎と協力し、最終的に鬼太郎に協力をすることを約束し去って行った。

実は6代目は先代を倒したが大怪我を負って死にかけた所を幼かったやよいに助けられ、ずっと見守っており、父親が自殺しそうになった時は近づける機会と彼と約束を交わしたがそのせいでやよいが不幸になるのを不憫に思い、できる限り守ろうとしていた(幼い頃に溺れかけた時に助けてくれた想い人は白山坊であった)。

そのやよいの体内にアルカナの指輪が宿り、指輪を取り出す為に西洋妖怪達に殺されそうになった時は鬼太郎達と協力し、己を盾にしてやよいを守り、やよいを逃がす為に単身西洋妖怪に立ち向かう。 指輪が異空間に消えて西洋妖怪達が撤退した後前述のやよいに助けられた事、やよいを守っていた事を話し、やよいが結婚を受け入れないなら潔く諦めようとしたがそのやよいは想い人の嫁に嫁げられる事から嬉し涙を流しては白山坊を受け入れ、父親と鬼太郎達に見守られながら白山坊とやよいは結ばれていくのであった。

狐の嫁とり



花嫁行列を見送りながらねこ娘は「でも人間と妖怪が結ばれて幸せになれるのかな」と心配するが、目玉おやじは「昔から人と狐が結ばれる話は多いのじゃ、子をなす例もあまたある、あの二人ならきっと幸せになるじゃろうて」と太鼓判を押した。

白やよ



歴代のように約束事を重視するがやよいに自分を守る事を聞かれた時の
自分の嫁を守るのは妖怪だろうと人間だろうと同じことだろう」という返答や
どれだけ傷つこうが自分の身を挺してやよいを守ろうとする意思の強さ
鬼太郎への恩義から助けが欲しければいつでも呼んでほしいという義理堅さ
最後までやよいを気遣い、もしも彼女が結婚を断るならその意思を尊重して結婚を諦めようとする優しさから『男の中の男』『イケメン』と視聴者から絶賛されている。

余談


関連イラスト

  • 原作版白山坊
白山坊


お前の望みを叶えてやろう。ただし、お前の娘が16になったら貰いに来るぞ。

  • 第5期版白山坊

化け狐
エンターテイナー


むはははは…、ウケてるウケてる!!さぁて、ミーも頑張らなくっちゃ!!

関連タグ

妖怪 妖獣 妖狐 稲荷
水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 東映アニメーション
内海賢二 はせさん治 大塚周夫

pixivに投稿された作品 pixivで「白山坊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103793

コメント