ピクシブ百科事典

アマビエ

あまびえ

「アマビエ」とは、熊本県に伝わる妖怪。豊漁や疫病の予言をすると言われている。
目次[非表示]

概要

江戸時代末期(弘化3年・1846年)に肥後の国(現・熊本県)にて現れたとされる妖怪。
毎晩の様に海中に光るところがあり、役人が赴いたところ出没した。その姿は人魚に似ていたが、嘴が有り、首から下は鱗で足は3本あったという。「この先6年間は豊作が続くが、もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と伝えて海中へ消えた。

似た妖怪として流行り病を予言する白沢クタベ、災厄を予言するが知られている。

目撃記録が一つしかなく、「アマビエ」という名前の意味も不明など謎の多い妖怪。ただし、同時代の瓦版や史料で「アマビコ(尼彦、あま彦、天彦)」と書かれた物が複数発見されている為、書き写されるうちに「コ」が「エ」と誤読・誤記され、これが一般化したと推測されている。

アマビコ



情報の乏しさゆえに長らくマイナーな存在だったが、水木しげるが瓦版の絵を元に一枚絵を描き、さらにその一枚絵を参考に可愛らしくリファインされたキャラクターとなってアニメゲゲゲの鬼太郎に登場。愛嬌あふれる活躍ぶりで人気者となり、21世紀に至って一気に知名度を高めた。

余談

コロナウィルスの流行とアマビエ

2020年初頭に新型コロナウイルスCOVID-19)が流行した際は、各自が描いたアマビエの絵をSNSにアップするネットミームが起きた。
アマビエチャレンジ

この現象を受けるように厚生労働省も同年4月9日、アマビエを啓発アイコンとして起用。さらに大分の運送会社が、アマビエチャレンジとして投稿されたイラストレーター東京モノノケの作品をラッピングしたトラックを走らせる(本人許可済み)など、人々が病に立ち向かい、勇気づけあうための象徴としてアマビエが取り上げられることとなった。

海幸彦との関連

上述の通り、アマビエはアマビコの写し間違いから生まれたのではないかと推測されている。さらに「アマ」が「海」であるとすれば、アマビコはもともと「海彦」だった可能性があることから、アマビエと記紀(古事記・日本書紀)に登場する神、海幸彦との関連について考察する意見も見られる。


創作での登場

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」での活躍


5期鬼太郎のキャラクターとして

CV:池澤春菜

予言するよ!アタシの時代来るよ!


5期26話から初登場し、以後準レギュラーとなる。マスコットキャラのような親しみやすく可愛らしいデザインが特徴。
アニメでも「あたいの顔を描くと健康になるよ!」という元々の伝説を踏まえた発言がある。

第5シリーズに出てくる「アマビエ」は鳥の嘴と魚の尻尾を持った人魚っぽい少女の妖怪。目玉おやじによると、神に近いらしい。
我がままで相手を振り回す事も多く、気も強い。初めはその性格のおかげで妖怪横丁の住人と中々打ち解けられなかった。

伝承どおり予言が出来るキャラで、近い内に起こる出来事を予言できる。「はうっ閃いた!」が口癖。しかしその予言の内容は本人にも選別できない自動的に閃くものが大半らしく、ほとんどは対応出来ないほど近い悪い事や、どうでもいいような内容の予言である。他の特技として、かわうその水鉄砲と似た形で塩水を口から出す事が出来る。

かわうそと一緒にいることが多く、ワガママな妹とそれに振り回される兄の様な関係。砂かけお婆は母のように慕っている。

基本的に自由奔放な性格だが、62話では自分の憧れるアイドルの為に奔走し、彼女の心の支えとして活躍した。

82話では妖怪四十七士に選ばれ、戦いの場においても”この場は任せて鬼太郎は妖怪城の方へ行ってくれ”と言えるほど、勇ましく且つ的確な発言をするようになっていった。

その他

2020年、アマビエチャレンジの流行に合わせ、6期の鬼太郎とねこ娘もアマビエについて解説した。


遊戯王OCG遊戯王ラッシュデュエルでの活躍

あまびえさんを参照。

関連イラスト

この前鬼太郎に出てたヤツ


アマビエ




関連タグ

妖怪 人魚 アマビエチャレンジ 水妖
アマビコ:名前が似ている妖怪。アマビコは、誤記による表記ゆれの可能性が指摘されている。
白沢 クタベ :予言する能力が似ている妖怪。

関連記事

親記事

アマビコ あまびこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アマビエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3374748

コメント