ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギャルから派生したサブスタイル。ガングロギャルの短縮形。
名前通り黒い肌が最大の特徴で日焼け、あるいは日焼けしたように見えるファンデーションを使った化粧をする。1990年代後半から2000年代初期ごろ流行した。
現在は日本のみならず、海外でも“Gyaru”として定着し、ギャルの主流になった。

ある業界でも近年はギャル系の女優は増えている。
そのため、R-18作品や露出度の高い作品が多い傾向がある。

解説

1990年代からタンニングされた褐色肌に対し、目の周りを白いグロス、アイラインで化粧し、乱れた長い髪から民話の山姥にあやかってヤマンバガングロと呼ばれるスタイルが確立された。
当時、安室奈美恵がヒットし、日焼け、黒系のファンデーション、アニマル柄やブーツが流行った。2000年代には、倖田來未により、「エロくてかわいい」=エロカワが広まって露出が多いファッションと結びついて、このようなスタイルが醸成された。

世相を反映した流行を取り入れる以外の理由として連日、化粧を重ねるうちに化粧が濃くなり過ぎてこのようなスタイルに至った。特に汚ギャルという言葉が出来た様に当時、化粧を落とすのを嫌い、不衛生な生活スタイルに陥る若い女性も現れた。

特徴

  • 小麦色の肌。日焼け。
  • 大きな髪。盛り髪と呼ばれる巻き髪を頭の上に集めるスタイルで「昇天ペガサス盛り」、「東京タワー」、「ベルサイユ盛り」などと呼ばれた。取り分け、中部地方特有のスタイルとして「名古屋巻き」が生まれた。
  • ブロンド、ブラウンなどにブリーチした髪。他に青やピンクのような不自然な色。
  • ファーレッグ、レッグウォーマーのようなフェイクファーのブーツ。
  • ヒョウ、トラなどの動物柄。
  • 長い爪。ネイルアート。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
焼ブタ娘!チャーシューガールさん!
ココ☆ナツギャル
センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


上記の説明とおりR-18作品や露出度の高い作品が多い傾向があるので、検索する時は注意が必要である。(このイラストはその中でも一般的な作品)

関連タグ

ガングロ ヤマンバ
ルーズソックス ミニスカート
ブリテリ 安室奈美恵
褐色 日焼け R-18
極上の女体 極上の乳 極上の尻   
十四子 サンディ

黒歴史…後に様々な事情によりこうなった人もいるとか。

関連記事

親記事

日焼け ひやけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒ギャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73429212

コメント