ピクシブ百科事典

南風原海空

はえばるみそら

「はぐれアイドル地獄変」の主人公。
目次[非表示]

概要

 高遠るいのお色気ギャグマンガ『はぐれアイドル地獄変』の主人公。スペースウルフ所属。初登場時高卒18歳(リアルタイムで年を経ているので現在は21歳くらい)。
 沖縄県離島にある南風原空手道場の跡取り娘で、腕前は師範代。実力に関しては後述。
 身長174cm(初登場時は171㎝)、体重64㎏。バストは110㎝のKカップ。もともと色黒だが、痴漢対策にわざと黒ギャル風の外見にしており、地毛は真っ黒で(手入れしなければ)眉毛も太い(一時期、アナコンダ丸呑みにされて髪をショートにしていたが)。陽芽曰く「出オチの極み」。
 かなりの美形であり、その豊満すぎる肢体と逞しい筋骨から男女共に人気が高いのだが、事務所がアレすぎるためどんなに人気が出ても底辺着エロをやらされている。

 もともと歌手志望だったが、スペースウルフ社長・真田に騙されて着エロアイドルの下積みの果て、売れなさ過ぎてAVに転向させられそうになる。すんでの所で首の皮一枚繋がり、現在は東大正・原玲、痩せの大食い・翼田べる子と共にアイドルユニット「KGB」(三人のバストカップを上から順に並べただけ)を結成。
 肝心の歌唱力はジャイアン顔負けの音痴で、「芸能人歌下手ランキング」で初代王者に輝いたほどひどい。
 現在は主にバラエティ番組とエッチDVDで活躍中。エッチDVDは路線の影響ですこぶる低俗であるが、TVでは(有料放送を除き)そうした活躍は抑えられている。

人物像

 良くも悪くも外見通りの今時の女の子で、イケメン美少女美女アイドルが大好きな超ミーハーっ子。体育会系だが、というか体育会系だからか、好みのタイプは折れそうな端正な美貌の持ち主ばかりで、現彼女である原玲(以下アキラ)からも不安視されている。学力はザビエル江戸時代に来航したと思ってるくらいのレベル。
 小さい頃より父・南風原楯史(故人)のスパルタ特訓を受けていたため質実剛健にして正義感も強いのだが、その美貌と人格故に「ヤバいヤツ」をひきつけやすいため、身の危険を感じた際にはビビり上がったりションベン垂れ流したりすることもしばしばある。
 また極度のお人好しゆえ、(特に若い女性の)押しに弱い所があり、アキラとのニャンニャン映像をダシにされた時にはアッサリ初見陽芽の誘いを受けてしまうなど、流されやすい所がある。隣家のバカな男子中学生下着を盗まれた際には、「あと1年歳食ってたら殺してた」と念を押した上で、犯行抑止のために自身のイメージビデオを無償譲渡し更にパンツをあと1枚手切れとして渡すなど、器も大きい(ちなみにそのバカ学生は後に法曹界に進み、名裁判官として名を残す)。

 ガチレズである相方のアキラとはもともとバカな男性ファンを釣るためのファッション百合営業をさせられるつもりだったのだが、(百合営業の事を知らされていた)アキラが真剣に交際を続け始めたためそのままズルズルと百合関係を続けてしまう。そして悪人に拉致され拷問を受けたことで心身が追い込まれてしまい、そこでようやく自身がアキラの事を一人の女性として愛していることに気付き、そのまま一線を越えた。以降も息するかのようにCまで行っており、先刻のバカ学生に(半故意で)見せつけている始末。

 ちなみに男性経験は0(空手に明け暮れていたため付き合った事すら無い)で、豪島セーラからは「100万人に揉まれたよーなオッパイ」「地球上の全員がアンタのことビッチだと勘違いしている」などと散々に揶揄されている。

戦闘能力

 手刀ビール瓶5本連続で切断、吊るしたを斬り、アキラの持っている角材発泡スチロールの如く切り飛ばすという凄まじい腕前を有する。戦闘経験自体はそこまで多く無いものの、1回見ただけのチェ・ユニテコンドー)の蹴りやライラ・メンデスプロボクシング)のパンチを見切る、殺し屋真剣での一撃カウンターパンチ当てるなど恐ろしく順応性が高い。
 腕力は素手でコンクリート製の壁に蜘蛛の巣状のヒビを叩きこむなど低くは無いものの、重量級のモリモリマッチョな男性には劣る。そのため、全身を素早く連動させ、三戦などの独特のウエイトシフトや筋肉の稼働でそれを補うことが得意で、ラガーマン3人の低軌道タックルに耐える(注:某事件発生前のエピソード)などの防御力を発揮する。フルコンタクトの琉球空手に長年取り組んでいたため、並みの無頼漢の拳であれば顔面に受けようが微動だにしないほどその肉体は頑健である。


関連項目

はぐれアイドル地獄変 爆乳 褐色肌 金髪 ポニーテール
ネタキャラ 筋肉娘 腹筋 女子力(物理) 気は優しくて力持ち
タレント グラビアアイドル 空手家 バイセクシャル

pixivに投稿された作品 pixivで「南風原海空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2780

コメント