ピクシブ百科事典

手刀酒瓶を刎ねる技。
正確には「切る」のではなく「割る」のだが、下の部分を残して首の部分だけ吹き飛ばす様はまさに「首切り」である。
最初にこれを行ったのは、極真空手の創始者 大山倍達である。

フィクションではしばしば開けるために行われている。
荒っぽいようだが、地域によってはコルク抜きが無い際に首の部分を壊して開ける事もあるため、本来の目的とは異なっているが、別におかしい事ではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「瓶切り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3847

コメント