ピクシブ百科事典

日大アメフト部悪質タックル事件

にちだいあめふとぶあくしつたっくるじけん

2大学のアメリカンフットボール定期戦において2018年に起こった事件のこと。
目次[非表示]

概要

2018年5月6日日本大学アメフト部(以下、日大)が関西学院大学アメフト部(以下、関学大)との定期戦にて、関学大側のボールを持っていない選手に背後からタックルするという悪質行為を働いた。さらに同じ選手によるタックルはエスカレートし、その後2回も行われ、最初にぶつかられた選手は腰に3週間の怪我を負った。


スポーツ庁長官の鈴木大地もtwitterで怒りのコメントを表明、多くのスポーツ界著名人やファンが激怒して炎上騒動となった。

当然関学大側は激怒して記者会見を開き、日大側に謝罪を要求。
負傷した被害学生も父親であるおおさか維新の会の市議が会見を開き、刑事告訴も辞さない構えを見せた。

5月22日に悪質行為を行った日大の選手は独自に弁護士を伴って会見を開き、実名と顔を自ら公表した上で謝罪を行い、経過説明をした。それによるとコーチから「(監督に)QBをつぶしに行くんで僕を使ってください』と言いにいけ」と指示があり、事実上監督から相手QBを潰せという指令があったことを認めた。
これに対して、関学大の監督は「勇気を出して真実を語ってくれたことに敬意を表したい。立派な態度だった」と話し、選手に対して「かわいそう」とコメントした。

日大側はそれに対して監督やコーチも言葉のいきちがいがあったとして指令したことを否定し続けており、記者会見でもその立場を繰り返した。
負傷した関学大選手の父は24日、この記者会見を受け、自身のフェイスブックに「前監督は一切の関与を否定。これでは(タックルした)選手がかわいそうでなりません。ひどすぎます」と投稿した。
挙句「コーチから『QBを潰せ』という言葉があったのは事実」と認めましたが、潰せというのは「『最初のプレーから思い切ってあたれ』という意味」で、「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」という言い訳をして失笑され、twitterでは多数のコピペネタが出回った

これによりパワハラとして批判が殺到しており、日大と似たような名前の日体大に抗議文がくるという二次被害が起きている。

同月30日、関東学生連盟は監督とコーチを事実上の学生スポーツからの永久追放である除名処分とした。

更に悪質タックルを指示したコーチがホモビデオ(ゲイビデオ)に出演する事件が発生し、その際の略称がミスチルだったのでミスターチルドレンにも風評被害が出ている。

余談

実は1980年代ぐらいまでは、サッカーアメフトなどの接触系スポーツにおいて、思いっきり当たることを『潰す』『壊す』と表現をする事はそれほど珍しいことではなかった。
(参考記事→日大アメフト問題に見る結果主義の歪み。30年前ならメッシは存在しなかった?(外部リンク))
しかし反則した選手は、この『潰す』の意味を真に受けてしまい、3度目の悪質なタックルで相手のQBに大怪我をさせてしまった。
監督と選手の間にジェネレーションギャップ、さらには審判の怠慢(後述)による危険な行為のエスカレートもあってこのような反則につながったとも考えられるが、そのジェネレーションギャップを把握していなかった事、および2度目の反則後までに選手を引っ込めなかった監督側の非は否めない。

第7のパワハラ


関学大側のボールを持っていない完全無防備状態な選手に背後からタックルレイトタックル)するという悪質行為を働いた。
本来なら一発退場ものの重大なルール違反である。
当然、ここで一発退場の処分を下していれば、事態がここまでこじれることはなかった。

ところが審判は、これに対して退場処分を下すことはなかった。
これにより、選手の反則がエスカレートしていき、悪質なタックルで相手を大怪我させるに至った。
2回目の危険なタックルでも退場処分を下さず、3回目の危険なタックルが関学大のQBに怪我を負わせる悪質なタックルになった。

危険な反則の場面で然るべき処分を取らなかった事、それにより危険なプレイをエスカレートさせ、相手の選手に悪質なタックルで怪我をさせてしまった。
試合の審判というゲームを支配し、反則などを諌める立場である事を考えると、この職務を放棄させたことも立派なパワーハラスメントと言える。

怪我をした選手、させた選手はもちろん、反則プレイを指示した監督も第7のパワハラの被害者である。(監督はパワハラの加害者・被害者両方)

2018年5月26日現在、この審判と、アメフト協会の人による会見などは行われていない。

日大自体の不祥事。

この事件に関連して、田中理事長が相撲部で暴力団との癒着が出ており、更に奥さんがゲイビデオを運営していたことが発覚。
更に警察などの天下り学部である危機管理学部の存在(他にはモリカケ問題で有名な加計学園系列しかない)などがばらされてしまった。

又、日大側の会見も酷いものがある。

残る疑惑・不可解など。

監督とコーチの除名処分により、ひとまずの決着を見せた事件のように思えるが、まだまだ疑惑や不可解な点は多い。
(2018年5月29日現在)
・アメフト協会からのこの試合の審判のライセンス剥奪もしくは停止処分の報道はない。
(これでは他の大学も安心してプレイできない)
・被害者は本当に全治3週間だったのか?
(基礎体力、プレー勘、チームの連携など取り戻すことを考えると、3週間での試合復帰は不可能)
・日大監督やコーチが刑事告訴されるのなら、審判や関学大監督の刑事責任は?
(審判は職務怠慢による業務上過失致傷。抗議などの行動をとらなかった関学大監督も?)
・審判買収疑惑はあるか?
(審判を買収し職務怠慢にすれば、意図的にこの様な事件を引き起こせる可能性もある。)

その他…


関連タグ

アメリカンフットボールアメフト 
みんなのトラウマ タックル レイトタックル ラグビー
風評被害 日本大学

エスカレート
パワーハラスメントパワハラ
第7のパワハラ

外部リンク

誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。 #日大広報部大喜利

pixivに投稿された作品 pixivで「日大アメフト部悪質タックル事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15394

コメント