ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

通称パワハラと呼ばれ、職場での上下関係(上司部下)や人間関係などの職場内の優位性を背景に、適正な業務の範囲を超えて、身体的・精神的な嫌がらせや圧力を行なうこと。
上司から部下だけに限らず、部下から上司、同僚同士に対して行われるのもパワハラとされる。
また、同じ職場内で働いてなくても、取引先や顧客から取引関係を理由にした行為もパワハラとみなされる場合もある。問題人物や嫌いな人物を追い出す目的で行うこともある。
ちなみに、学校内で教員生徒(その逆)の立場を背景にした嫌がらせ行為は、アカデミックハラスメントアカハラ)と呼ばれる。

パワハラとされる行為

厚生労働省が示す、パワハラの典型例は以下の6つの行為に類型化される。

  • 暴行傷害  身体的攻撃
  • 脅迫誹謗中傷名誉棄損  精神的攻撃
  • 無視仲間はずれ隔離  人間関係からの切り離し
  • 業務上明らかに不要なことや、遂行不可能な事の強制。  過大要求
  • 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じたり、与えないこと 過小要求
  • 私生活への過干渉 個の侵害

また、厚生労働省の定義にはないが
  • 囁き通り魔マンスプレイニングなどモラハラによる嫌がらせを行う
  • 上司や取引先に被害者が報告しているタイミングで攻撃(囁き通り魔など)を行い、被害者が上司や取引先にうっかり怒号で話してしまうシチュを作り被害者と上司、取引先の関係を悪化させ被害者の評判を悪くする
  • 大勢の前で部下を叱責する・恥をかかせる
  • やってないことをやったことにされる、そもそも仕事を指示されてない(上司しか知らない)のに「頼んだ仕事を」やってないということにされるなどの冤罪濡れ衣を着せる

などのケースも存在する。

また、これらの行為を、会社的に問題行為の多い人物、リストラしたい人物を追い出すために組織ぐるみで行う場合もある。

第7のパワハラ

2018年5月26日現在、この6つの中に記載されていない行為。
立場を利用して無茶を押し付けるのがパワハラなら、その立場(=パワー)があるのに利用しないで、問題を起こしたりこじらせたりするのも立派なパワーハラスメントという考えから付けられた。(正式名称ではなく俗称。)

スポーツにおける重大な反則や、違法行為などを諌めたり、処罰したりする立場にある人が、その責任を放棄、放置したり黙認したりする事。
主にスポーツの審判・協会員・学校の教師・警察官など

具体例→日大アメフト部悪質タックル事件


パワハラの影響

パワハラを受けた人は精神的肉体的に追い詰められ、退職を余儀なくされ、最悪の場合うつ病を患ったり、自殺に追い込まれてしまう。
一方加害者は周囲からの信用を無くすほか、懲戒処分や、損害賠償を支払わなければならない。また企業側も、パワハラに加担していなくても信用悪化による業績不振や人材損失など、企業全体に悪影響を与える。

パワハラに悩んでいたら

たのしいZAIA2コマ


うかつに辞表パンチなど暴力に訴えることはせず、まず初めに労働基準監督署相談する事をお勧めする。

関連タグ

ブラック企業 ブラック上司
労働者 部活動

夢野カケラ……雑誌編集者からパワハラを受けている漫画家。

鬼舞辻無惨……別名「パワハラ上司(鬼滅の刃)」。個人的かつ理不尽な理由で、落ち度のない部下の鬼4名を粛清した

他のハラスメント

セクシャルハラスメント モラルハラスメント アルコールハラスメント

ピクシブ百科事典では

ピクシブ百科事典は企業ではないが、パワハラが横行している百科事典である。
編集者の意思と関係なく話し合いもなく問答無用で記事そのものを削除、白紙化など。
「余計な記述」「いらない記事」など冷酷な言葉で一蹴されることもある。
恐らくこれは、熱意を込めて作った人ほど傷つく言葉であろう。
一晩かけて一生懸命作った作品を勝手にゴミ箱に捨てられた上で「駄作」と罵倒されるのと大差ないのだから。

優しい人間より冷酷な人間のほうが多いサイトであるため、メンタルの強さが求められる。

関連リンク

あかるい職場応援団(厚生労働省のポータルサイト)
パワーハラスメント - Wikipedia
パワーハラスメントとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

嫌がらせ いやがらせ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パワーハラスメント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「パワーハラスメント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125374

コメント