ピクシブ百科事典

夢野カケラ

ゆめのかけら

『ギャグマンガ日和』に登場する、架空の漫画家。何度も何度も作品を打ち切られる悲劇…?の漫画家。
目次[非表示]

夢野カケラ(ゆめのカケラ)は、『ギャグマンガ日和』に登場する漫画家である。
CV:前田剛(第2期)内藤玲(第3期)

概要

月刊チェヨンスにて『ソードマスターヤマト』連載していたが、結局10ヶ月で打ち切りを宣告されてしまう可哀想なひと。
その後も新作を連載するがいずれも短期間で打ち切られている。
恋のトライアングル』については9巻まで出ているが、これは読者アンケートのミスでタイトルが似ている別の漫画『鯉のTRY!あんぐり』に本来入るべき票が入っていたため。不人気だったことに変わりはない。
漫画家になれたのは奇跡としか言いようのないダメ漫画家であり、本人はファンタジー作品が得意分野だと豪語しているが、彼の作品を見る限りとてもそうは思えない。おまけに人間性を疑う一面もあり、マンガ描男の「すっぱいうめぼしくん」の最終回のページが増えたことに対して「そっちを減らせばいいでしょう!」と発言したり日本庭園めでるの「鯉のTRY!あんぐり」を誤投票で潰してしまった時も謝罪をせず彼の作品を持ち上げる発言をしただけだったり、さらには不人気なのを編集部のせいにしようとしたりと、失礼な面が目立つ。そのためか毎回編集部からぞんざいな扱いを受けている上に読者や同業者からの評判も悪く、持ち込みの時には(前述の発言が理由で)マンガ描男に足を踏まれ、「死ねや」とつぶやかれていた。極めつけが「決めろ!キラメキシュート」時代の担当、住田が担当でありながらアンチ掲示板に書き込みをしていたというほどの嫌われぶりであった。
ある意味では漫画業界の裏側を風刺したような人物で、プライベートでも親しい人物はいないらしく「恋のトライアングル」がゲーム化された時に「自慢する友達もいない」と言っていた。
さらには月刊チェジウのルポ漫画「漫画の極意」では新人漫画家、富士36からの取材を受けていたが挨拶の時の会話をメモするのを忘れており、覚えているのは目が合ったという事だけであったため一言もしゃべらず一点を見据えているだけ、富士がメモを取るほどでもないとメモを取っていなかったのに加え、彼の記憶力の悪さも相まって話した内容を断片的にしか覚えていなかったため夢野の回答が滅茶苦茶な内容になっており、富士からも担当からも目が合って嫌だったと言われておりしまいにはその富士36が連載獲得という散々な結果となった。

打ち切りの原因

よくネタにされる『ソードマスターヤマト』だけを見ると、担当編集者が無能なせいで作品を潰される被害者のように見えなくもない。しかし、その後の作品を見る限り、彼自身に打ち切られても仕方ない原因が数多くある。漫画を書く上での反面教師にはもってこいとすら言える彼の残念さを箇条書きにすると…。

  • 画力がいまいちで読む気になれない(基本的に登場人物達は口をあんぐりと開けてばかりで、表情の変化も乏しい)。
  • キャラの書き分けが出来ていない(『決めろ!キラメキシュート』での主人公サッカーチームのメンバーが特に顕著。これを担当に指摘された際の反論は「僕は区別つきますけど」)。
  • 設定が無駄に複雑な上、やたら変わる(担当のテコ入れ提案や打ち切りの風呂敷畳みもあるが、『恋のトライアングル』ではいつの間にか人間関係が複雑化していたり『ラストファンタジー』では「火」属性と「炎」属性の被り気味の属性が別々にある等)。
  • 構成が下手で読みにくい(『ソードマスターヤマト』の悪役サイアークを十話位ひっぱりたい為に「十回倒さないと死なない」設定にする、『恋のトライアングル』の2人のヒロインが友達同士の三角関係等)。
  • ストーリーがありきたりで陳腐(何処かで見たような内容ばかりだが、これに関しては各々実際に読んで判断してください)。
  • 誤植が酷い(これだけは本人のせいではないが)。
  • そもそも作者のセンスが悪い意味で子供っぽい。(キャラクターのネーミングセンスや奇抜な口癖等)

何より一番厄介なのはこれだけ漫画家としてはどうしようもないのに、本人はそこそこ上手いつもりでいる(=自分の実力に問題があるとは全く思っていない)ことだろう。
ただし、最終話で今までの伏線を全て回収する技量については評価されている。……ぶっちゃけ打ち切りの手際の良さ以外、褒められる部分がないと言うべきか……。

作品一覧

  • ソードマスターヤマト:伝説の始まり。「やっちゃったZE☆」や「まそっぷ」などの名言を生む。
    • 内容がありがちすぎたため元々人気はなかったが、ある回で編集部がありえないレベルの誤植を連発したことがトドメとなり打ち切りが決定。
    • 最終回は超展開ですべての伏線を無理やり回収し終了。最終回3ページ。


  • 決めろ!キラメキシュート:魅力も個性もないキャラによるありがちなスポーツ漫画。
    • 当然のごとく不人気で、ネットではアンチ掲示板が存在しているほど(おまけに担当も書き込みをしていた。)であったため編集部の指示により無茶苦茶なテコ入れをするも見事にすべった。テコ入れ回は3ページ。
    • 上記のテコ入れ回の不人気を受け打ち切り決定、広げた風呂敷をむりやり畳んで終了。最終回1ページ。
    • ソードマスターヤマト連載中の時と比べ、夢野の部屋がかなり寂しくなっている(当時はソファや本棚があった)さらに住居が以前住んでいたアパートからボロアパートに変わっていたことからあれ以降金欠になっていると思われる。

  • 恋のトライアングル:三角関係ラブコメもの。パンチラなどの描写もある模様。
    • 夢野の作品の中では一番長く連載され、ゲームにもなった。
    • しかし、その長期連載と人気?の理由は編集部の不手際によるものであり作品自体はダメダメだった。その証拠に、担当からは「読んでると眠くなってくる」と酷評され、ゲームは制作者が夢野を嫌っていたためグラフィックは適当、選択肢が意味をなしていない、スタートしてすぐにエンディングを迎える、ヒロインへの告白という重要な事を忘れているというクソゲーとなり、ファンブックに至っては誤植だらけのひどい内容であった。
    • 実力に対し分不相応な長期連載により生じた数々の不整合点をむりやり拾いこんで終了。最終回3ページ。

  • ラストファンタジー:夢野が(自称)得意とする剣と魔法のファンタジーものだったが、やはり内容はダメダメで読者からも編集部からも酷評されまくりの文字通り「終わってる」ファンタジーであった。
    • 新連載第1話がまさかのアンケートゼロ票という結果を受け、即打ち切り決定。全2話。
    • 長期連載を見込んでいた第1話の中のあらゆる布石を無理やり捻じ曲げて均しこみ終了。最終回3ページ。

  • デーモンバンパイア:リニューアル後初の新作。夢野が編集部からどれだけぞんざいに扱われているかが明らかになった。
    • 大御所漫画家の作品が載ることを忘れていたという編集部のミスにより新連載第1話の72ページを三ページの貴公子、通称「3キコ」の夢野なら何とかできるだろうという編集部の判断で中身を残したまま3ページに書き直させられた。
    • 上記の第1話が異常に評判が悪かったため打ち切り決定。夢野なら何でもあり、通称「夢アリ」という無茶苦茶な理由で最終回は1ページとなってしまう。結果的に全2話4ページの作品となった。

関連タグ

ギャグマンガ日和 ソードマスターヤマト まそっぷ 打ち切り 漫画家
恋野YOKAN…同じ漫画家シリーズのキャラクター。こちらは彼とは真逆の人気漫画家だが、常に打ち切り宣告に怯えているという特徴がある。
よしいうすと…漫画家、周囲からの信頼皆無、人間性を疑う一面あり、編集部からぞんざいな扱いを受けるなど、共通点が多数ある。ただし執筆漫画自体は好評で売れっ子である。

pixivに投稿された作品 pixivで「夢野カケラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42495

コメント