ピクシブ百科事典

恋のトライアングル

こいのとらいあんぐる

三角関係の別の言い方。もしくは『ギャグマンガ日和』の劇中劇で夢野カケラの作品。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 三角関係のこと。
  2. 漫画ギャグ漫画日和』の劇中劇夢野カケラの作品の一つ。本稿ではこちらについて説明する。


概要

夢野カケラが月刊チェジウで連載していたラブコメ漫画で、本人のこだわりでやたらパンチラが多いのが特徴。他の作品と比べると長期連載となっていて単行本も9巻まで出ており、ファンブックも出てゲーム化もされたが、実は人気の理由は「鯉のTRY!あんぐり」というタイトルの似た作品があり、そこから票が流れたことで不当に人気を得ていたためだったということが発覚した。(現実の漫画雑誌ではこのようなことがないように徹底した対策、管理がされている。)
これについて「鯉のTRY!あんぐり」の作者である日本庭園めでるは当然激怒しており、さらに夢野は担当から日本庭園めでるが日本刀コレクターであることを伝えられ、担当には漫画と作者で計二回切られるとまで言われた。そのためかちゃんとした最終回では初めに「鯉のTRY!あんぐり」を持ち上げる発言をしていた。(なぜか謝罪はしていない。かなり失礼である。)

登場人物

  • 愛川タクヤ

主人公。異性にもてるのが特技。設定がやたら変わり、顔つきが連載初期と比べると全然違う。

  • 平等院リカ
タクヤとマミと恋の三角関係を繰り広げるヒロインの一人で淡い色のツインテールが特徴。

  • 星山マミ
タクヤとリカと恋の三角関係を繰り広げるヒロインの一人で黒髪のストレートが特徴。夢野のお気に入りであり、将来結婚したいとインタビューで答えていた。

  • 西島山新平
タクヤの同級生でマミのことが好き。父親が2巻と8巻で全然違う人物になっている。

  • ハナエ
タクヤの後輩で、7巻で一年かけて書いたラブレターを下駄箱に入れ、タクヤを屋上に呼んだ後そのまま修学旅行編に突入してしまったためそれ以降登場しない。

作品の評価

夢野カケラ本人は人気が出ているように思っているが、実際は誤投票で延命されていただけで人気がないことに変わりはなく、

  • 不安定で画力の低い作画
  • すぐ無くなったり変わったりするいい加減な設定の数々
  • やたら多い上に全く萌えないパンチラシーン
  • 前の展開の出来事や伏線が放置されたままだったり学園祭を一年に2回やってしまったり人物の顔が以前登場した時と違っていたりと、作者自身も記憶が曖昧になっている

等、蓋を開けてみれば今までの悪い点が全く改善されていない。それなのに彼は人気が出たと勘違いしている。
おまけに最終回は担当である森が「言いにくかったから後からでもいいや」と言ってそのまま言うのを忘れていたため、打ち切りの事が伝わっていなかったせいで主人公であるタクヤとヒロインであるマミとリカがエレベーターに閉じ込められて終わりと、中途半端に終わってしまったため夢野は編集部に頼み込みちゃんとした最終回を描かせてもらえることになったのだが、その際に今までの単行本を読み返したら家族構成や人間関係といった設定がいつの間にか変わっていたり、リカには病気がいて「料理コンテストで優勝したら手術を受ける」という約束をしていた、タクヤが後輩のハナエに「話がある」と屋上に呼ばれていた、マミの同級生である新平が崖から落ちそうになってマミが助けを呼びに行った、自分達を追っている不良グループのリーダーが行方不明のタクヤの兄かもしれない、等の放置したままの出来事や未回収の伏線が沢山出てくるという有様だった。しかも本人は「忘れてた」の連発でこれには担当も「何だったら覚えてるんですか?」と呆れていた。
さらにページは三角関係がどうなるかという話だと思っていたと言って結局いつものように3ページしか用意されなかった(夢野本人は50ページは貰えると都合のいい発想をしていた模様)。しかしその3ページで全てを解決していたのはさすがといえる。

周囲からの評価

担当:愛着がないようで、「読んでると眠くなってくる」と酷評している。

ゲーム版スタッフ:粗悪なグラフィック、無意味な選択肢、下駄箱を開けただけでゲームクリア、すっかり忘れられていたヒロインへの告白など、クソゲーとしか言えない作りからこの作品への悪意が感じられる。さらにエンディングに入る前に「読んでるとイラついてくる」「つまらない」と酷評し自分たちが作品を嫌っていることをカミングアウトした上、スタッフロールの最後に「原作:夢野カケラ(何だこいつ)」と夢野の名前がでかでかと画面いっぱいに表示され、さらに「多分こんな顔(相当なスケベ)」と全く似ていないイヤらしい笑みを浮かべている似顔絵を出すという嫌がらせを行った。

とどめと言わんばかりに、ファンブックもキャラクターよりモブキャラ(特に教頭)が目立つシーンや台詞で顔が隠れてるシーンがチョイスされていたりキャラクターと夢野のプロフィールがごっちゃになっていたりと内容が適当でしかもよく見るとタイトルも「恋のトライアングノレ」になっていたりと誤植だらけの酷い内容になっている。

関連項目

ギャグマンガ日和
夢野カケラ
ラブコメ

pixivに投稿された作品 pixivで「恋のトライアングル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10448

コメント