ピクシブ百科事典

奴は四天王の中でも最弱…

やつはしてんのうのなかでもさいじゃく

ギャグマンガ日和の劇中劇『ソードマスターヤマト』内のセリフ。敵の四天王が言いがち。
目次[非表示]

概要

ギャグマンガ日和』の劇中劇『ソードマスターヤマト』内でのセリフ。
最終回において、魔王ベルゼバブ配下の四天王先鋒・サイアークが倒されたことを受けて、同じく四天王の一人であるキョウアークが言ったもの。
この後、同じく四天王のレツアークが「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」と続ける。

IIDXマスターヤマト


『ソードマスターヤマト』はありがちな設定で固められた作品として描かれており、このセリフも「四天王が登場する作品でのベタなネタ」として盛り込まれたもの。
ところが、尺の都合で残りの四天王も次のコマでまとめて倒されてしまい、一種の死亡フラグとなってしまった。

ソードマスター杏里



作劇技法としての扱い

『ソードマスターヤマト』に限らず、四天王など一つの陣営に複数の実力者とされる敵キャラが登場する作品で使われがちな台詞である。

主人公が敵組織の一角を崩した時、このような台詞と共に新たなキャラクターを登場させることで、“苦労して倒した敵の幹部が実は敵組織の幹部陣では最弱だった”とすることによって敵組織の層の厚さを表現すると同時に、今後もさらなる強敵が待ち受けることを仄めかして観賞者の期待を煽ることを意図した作劇ロジックの一種である。

一方で、あくまで作品にもよるが、皮肉にも「敵勢力中最弱」とされた幹部との戦いを通して主人公が能力的あるいは精神的な成長を遂げた結果、残った幹部との戦いが初戦よりも苦戦しているようには見えなかったり、何らかの理由で最弱とされた者よりもあっけなく倒されたりといったケースもあったりと、読者および視聴者の感覚的および描写的には必ずしも“1番手=最弱”とは言い切れないパターンも存在する。

プレイヤーが操作をするゲームにおいては、序盤のボスは弱いバランスになるのが通説のはずだが、
特にレトロゲームでは最初のボスが一番難しかったんじゃね?と言うこともしばし見られる。
代表的なものは時空の七騎士のベルファルや、ポケモン赤緑のタケシ(ヒトカゲ選択者のみ)であろうか。
敵のHPや火力などは控えめに設定されていたとしても、実は主人公側も低HPや弱い装備で戦わざるを得ないため、便利技や便利アイテム無しで挑む最初の強敵は総じて油断ならないのであろう。

ギャグとしての扱い

広く作品に用いられてきた言い回しであるため、(『ソードマスターヤマト』がそうであるように)お約束としてネタにされる傾向もある。
信長の忍び外伝 尾張統一記』『四天王-1』など一部のギャグマンガでは逆に「集団の最強格が真っ先にやられて青ざめる」という逆パロも見受けられる。

センシティブな作品


Twitterなどインターネット上においては改変ネタのテンプレとして定着している。

敵勢力の中でも最弱な人(と言われている方)たち

関連項目

ギャグマンガ日和 ソードマスターヤマト サイアーク
四天王
かませ犬

関連記事

親記事

ソードマスターヤマト そーどますたーやまと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「奴は四天王の中でも最弱…」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78225

コメント