ピクシブ百科事典

時空の七騎士

せぶんえれめんたるないつ

『爆ボンバーマン2』に登場する敵キャラクターの集団。
目次[非表示]

概要

かつて宇宙を創造した聖邪の天使が、魔神サートゥスと女神ミハールに分裂した際、女神ミハールによって集められたセブンエレメンタルナイツと呼ばれる正義の戦士たち。彼らの尽力があったため、サートゥスとミハールの激突はミハール側の勝利に終わり、サートゥスは封印された。時空の七騎士とは、洗脳され聖騎士より堕ちた彼らへ魔神が新たに名付けた呼び名である。

しかし、エレメンタルナイツの物語が伝説となり平穏を取り戻したかに見えた宇宙の均衡は、冒険者ルキフェルスリリーのコンビによって破られることになる。彼らは時に悪党を襲撃してお宝を奪ったり、未知の惑星でトレジャーハンター稼業にいそしむ義賊なのだが、惑星カオスに安置されていた「聖邪のエレメンタル」という宝石は、触れてはならない魔の封印石であった。
これに触れたルキフェルスは、宝石の中に封じられていたサートゥスに意思を乗っ取られ、リリーをブラックホール内に幽閉。そして、時空の七騎士を洗脳して自身の配下とした。

洗脳されルキフェルスの配下となった彼らだが、性格などは変わっていない。あくまでも行動の指向性が変わっただけであり、記憶なども消し去られてはいない様子。

エレメンタルナイツ伝説とは?

闇の吐息
浄化の光 ゾニア


遥か昔に起こった、魔神サートゥスと女神ミハールの戦いを指す。この戦いの果てに平和を見届けた女神は眠りにつき、聖騎士たちは転生を繰り返しながら宇宙の平和を守り続けていると言われている。

メンバー

  • 紅蓮の炎 ベルフェル
    • メンバー最年少にして炎の使い手。事故によって統治していた惑星の牢屋に入れられていたボンバーマンが、最大の捜し物である「炎のエレメンタル」を持っていたため回収へ向かったところを対決することになる。
    • 使用してくる技のバリエーションは少ないが、地の利を誰よりも抑えており、難易度はトップクラス。彼との戦いに偶然でない形で勝利したら、ボス戦のコツをほぼ体得したと言ってよいだろう。
    • おまえのような1ボスがいるか!
  • 凍土の支配者 ベフィモス
    • 最年長のモロクからも一目置かれる重戦士にして氷の使い手。ベルフェルとは友人同士であると思しき描写もある。ベルフェルを破ったボンバーマンの強さを知り、統治惑星で一騎打ちを挑んでくる。
    • フレイザーという水銃を武器としており、ほとんどの技が飛び道具。即死攻撃もレーザーという変り種。巨体なので動きは遅いが、気絶攻撃が通用しないほか、その重量で氷を落として妨害してくる。
  • 暴風王 アスタロト
    • 女性には優しいが男性には辛辣な優男。風の使い手であり、かなり冷静沈着な性格で、多少の侮辱にも応えない。ボンバーマン相手には「褒めてから落とす」というその辛辣さを発揮。
    • ダメージを与えない移動技という非常に珍しい行動の持ち主。ボムを誘爆するため間接的な攻撃になっており抜け目が無い。ただし地の利を抑えておらず、階段を登れることに気づくと···。
  • 雷帝 バアル
    • 雷の使い手で、「電撃ライヴ」と称してボンバーマンを迎え、言葉巧みにボンバーマンのエレメンタルを奪い取ろうとした策士。しかしリリーの妨害によって彼女の作戦は失敗。ルキフェルスに対しては上司とは別に特別な感情を抱いている。
    • 即死攻撃以外に突進技が1つもない、完全な遠距離タイプ。派手に動くことがないため、風ボムの餌食となりやすい。
  • 怒れる大地 モロク
    • 大地の力を扱い、メンバー最年長にしてルキフェルスからも一目置かれる戦士。非常に正々堂々とした性格であり、敵への無用な侮辱などはたとえ仲間であっても許さない。
    • 回避不能の気絶技、無敵時間貫通の投げ技など、ボンバーマンの戦闘スタイル(というか本作の仕様)の裏をかいたような高スペックの技が特徴。とにかく突進技をいつ何時も警戒しない限り、永遠に勝利はやってこない。
  • 浄化の光 ゾニア
    • 光の使い手。戦士としては強さこそすべてという考えを持っており、また男性に対してあまりいい感情を持っていない。そのため仲間のバアルには好意的だが、それ以外はほぼ一様に見下した態度を取る。しかし男でも真に強い者に対しては敬意を示すなど、強さこそすべてという考えに裏打ちされた理は一応ある。
    • 非常に広い場所での戦いになり、射程の長い技も多用する反面、ボンバーマン側の反撃チャンスも山ほどあることから、変則的なレーザーさえ気をつければ問題ないと思われる。
    • 彼女の末路は、聖邪の天使との戦いのヒントになっている。
  • 闇の吐息 ベルゼバル
    • 暗黒の使い手であり、なおかつ前作『爆ボンバーマン』ではマスカー三人衆の一人だったレグルスその人。ザコだと思って侮っていたボンバーマンの強さを認めたことがあり、そのボンバーマンと再び相見えることがわかった事で、密かに闘志を燃やしていた。
    • メンバーの中で唯一洗脳されておらず、洗脳された演技をしつつ、ボンバーマンと決着をつける為に強くなる一心でエレメンタルの力を手にした。
    • ダメージが全体的に大きいうえに、即死攻撃を2種類も使う超攻撃型。風ボムも通用しない空中フィールドはベルフェル戦の苦戦を思い起こさせるものがある。しかし攻撃に集中し過ぎて、前作同様防御が脆いため、攻め手には困らない。しかし、デスグラビティに怯えているうちは、勝利は遠い。


関連タグ

爆ボンバーマン2

pixivに投稿された作品 pixivで「時空の七騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393

コメント