ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

吾峠呼世晴による漫画・アニメ『鬼滅の刃』に登場する主要な敵であり、人喰いの生き物。

基本的に日光以外では死なない不老不死性と、超人的な身体能力や怪力を持ち、中には妖術のような特異な能力を使える者もいる。極めて残忍で自己中心的な性格の者が多く、その超常的な力や不死性もあって、人間の事はただの食糧や下等生物として見下している者が殆どである。

その正体は、千年前に最初に鬼になった鬼の原種である鬼舞辻無惨の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。即ち、作中に登場する鬼は首領である無惨を含め全て元人間である。彼の支配を受けより多くの人を喰らい強くなる事を目的として行動する。

上述したように、日光に弱く日中の野外では活動できない、人間の血肉を食べて力にする、人間を同族に変えるなどの特徴から、日本でよく知られる妖怪の鬼と言うよりは、西洋における吸血鬼に近い存在と言える。

生態

人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓感を覚える。他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持と強化にはやはり人喰いが欠かせない(その一方で、気絶はしても睡眠は基本的に必要としない)。ただし、鬼が人を食える許容量は個体差があり、響凱のように段々とそれ以上の人肉を体が受け付けなくなってしまう者もいる(栄養補給の人喰い以上の量の人喰いができなくなるので、それ以上鬼として強くなる事が難しくなるのである)。
また、人間の食べ物を食べると吐き戻してしまうらしく、人間で言う「草の根を齧って飢えを紛らわせる」様に人の食べ物で飢えを紛らわせる事ができない。ちなみに酒なども人間の食べ物(飲み物)である為に酔う酔わない以前に飲む事ができない。例えば童磨が人間だった頃は酒が大好物だったが、鬼になるに伴って飲めなくなった為に、代わりに酒風呂に入る事を楽しみにしている。例外として、珠世は自身で体質を改造した後、紅茶だけは飲めるようになっている。

童磨によると、人間の女性はお腹の中で赤ん坊を育てられる程の栄養分がある為に、特に若い女性を多く食べた方が早く(鬼としては)強くなれるとの事。また、鍛え抜かれた人間や特異体質者等の強くて質が良い人肉である程に、栄養価は高くなり得られる力も大きくなる(上弦の鬼達は自分が殺した級の剣士を喰らう事でより強くなってきた)。
他にも稀血と呼ばれる珍しい系統の血を持った人間を喰らった場合は、それが珍しい系統の血であればある程に、通常の人間の50人~100人分もの栄養価が身につく。加えて血縁関係がある人間もその鬼にとっては栄養価が高くなるので、基本的に鬼になった者が最初に喰らうのは親兄弟子供などの近親者である。

一部の例外を除いて鬼は基本的に自らの縄張りを持っており、その範囲内で人喰い及び生活を行なっている。どのような基準で縄張りが決まるのか詳細は明らかになっていないが、無惨はどの地域に鬼が存在しているのかを正確に把握している(詳細は、後述の呪いを参照)。

壊死した部分や死亡する際は、黒い瘴気のように溶けて消滅する。死亡するとしても最期の瞬間まで意識はあり感覚器官も働いている(後述の武器による場合頭部だけとなり、首の方から消滅していく為に途中で言葉を伝えられなくなる)。

単純な身体能力については、当然の事ながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。鬼としての年齢を重ね人を多数喰らう程に力が上がって行き、一定を超えると肉体の変形や下記の血鬼術を行使できるようになる。

知性は個体により大きく差があり、人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある。この為に上記の理由もあって、鬼が最初に喰らうのは親兄弟子供などの近しい者が多い。
その後は、人間だった頃の記憶等を基本とした人格や個性を獲得して知性を得るが、その人格は極めて独善的で自己本位的なものとなる。中には自我が戻った直後に人を殺してしまった事に気づきショックを受ける者もいるが、やがて自分が殺した相手の存在や自分との関係すらも忘れて、人を殺して喰らう事への抵抗を完全に失ってしまう者が大半である。
また、鬼になったばかりの者は腹が満たされる事で、一時的に人間時代の記憶がフラッシュバックして人間時代と同じ言動をする事もあるが、これもあくまで人間時代の行動を表面上なぞっているだけに過ぎず、すぐにそういった記憶も全て消えていき完全に鬼としての人格に置き換わる。
その一方で、この世に強い怨みや無念を持って歪んだ者や人間時代から精神が酷く歪んでいた者である程により強力な鬼となる傾向があり、特に後者の場合の鬼の中には、稀に人間時代の記憶や人格をそのままはっきりと保っている者もいる。しかし当然それだけの人格の破綻、或いは強烈な執着を伴っている為、ロクでもない性格をしていたり、悍ましいとすら言える奇癖を持っている事が多い(ちなみに始祖たる無惨自身も人間時代の記憶や人格はそのまま保っている)。

また、生命の維持には支障はないまでも、何らかの理由での頭部の破損が重なるとそれだけ加速度的に記憶や人格の摩耗が進行する。
元下弦の弍である佩狼は、頭に血が上ったり興奮すると所持する拳銃で頭を撃ち抜いて血を抜くという奇癖のせいで、報復対象である炎柱関連を除いた記憶の摩耗が進行しており、鬼になってからの事まで忘れ始めていた(炎柱自身に関する記憶も、特徴的な髪等以外は忘れかけていた)。他にも鬼にされる際に頭部を殆ど欠損する程のダメージを負い、かつ現世への執着対象が全て失われていた上弦の参は、終盤記憶が蘇るまでは生前の記憶どころか生前の人格や人間味すらも完全に消失していた。

鬼になった時点で強い闘争本能や無惨への忠誠心等の呪いを植え付けられる。また、無惨の血をさらに受ける事で鬼としての力は格段に強化されて行く為に、上位の鬼になる程に無惨の血が濃くなる。不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事で呪いを解除する事も可能ではあるが、そのような例は現状偶発的に無惨の呪いが外れた一例のみである。
基本的には鬼になった者は抹殺するしか選択肢はなかったが、終盤に鬼殺隊の隊員と協力者が鬼を人に戻す薬の開発に成功して、鬼にされた者達を救う事に成功した。

無惨の血が最も濃いとされる最高位の鬼、上弦の鬼は分けられた血を無惨の許可を得た上で、人間に分け与える事で鬼を増やす事が出来る特権が与えられている。これは彼等の血が最も無惨の血が濃い為に、鬼にしやすいという理由もある。他にもこちらも無惨の許可の下でだが、無惨同様に自分より下位の鬼の思考に干渉して、自分の意思を送ったり視覚を共有する事もできる。
その一方で、鬼には生殖機能が無いので、鬼を増やすにはいずれにせよ『無惨の血』が必要になる為、無惨が死んだ場合はそれ以上は増える事はできない。それどころか無惨を滅されれば彼から生まれた全ての鬼達は死に絶える事になるので、無惨の死はそのまま鬼という種の滅亡に繋がるという、生物として致命的と言える欠陥がある。
逆に言えば無惨がその気になれば際限なく鬼を増やす事は可能であるのだが、無惨自身があまり積極的ではない。ある理由から無惨は特に珍しい血質や体質、上弦の鬼になった者に近い体質の人間を狙って鬼を増やしているものの、無惨本人は本心では同族を増やす事を嫌っている。
また上記の通り、鬼は基本的には極めて独善的で自己本位な性格になる事と、後述する同族嫌悪の為に、同じ鬼同士での同族意識や仲間意識などはほぼ皆無であり、むしろ同族の事は互いに餌や立場を巡って争うライバルとしか認識していないので、一つの集団や種族としては殆ど成り立っていない。

また、全集中の呼吸を使える呼吸の剣士を鬼にするには更に多くの血と時間を必要とする。元鬼殺隊士だった強力な呼吸の使い手のある鬼は、完全に肉体が鬼になるまでに丸三日もかかったと語っており、稀に鬼にならない体質の者まで現れるらしく、鬼殺隊士を鬼にするのは手間もかかる上にリスクも高い。無惨自身も実験的に上記の元鬼殺隊士を鬼にして以降は、呼吸の剣士を鬼にする事には完全に興味を失った事を明言しており、作中で鬼にした元鬼殺隊士に関しても、新たな上弦に選んだものの関心は殆どなかった。上弦の鬼が柱などの上位の剣士を鬼に勧誘する際に、基本的に相手の了承を得ようとするのも、自ら鬼になる事を望むくらいの者でなければ無惨が呼吸の剣士を鬼にする事を認めないからである。

栗花落カナヲ曰く、鬼は常に瞳が潤い続けている為に瞬きはしないが、人間と同じく血は巡っている為に顔色は変化する。故に悲しければ顔から血の気がひいたり、怒りの感情を抱くと頬が紅潮したりする等の点は人間と変わらない。

嗅覚や聴覚に優れる者は匂いや音で、強力な剣士になると気配で鬼の存在やどの程度の強さの鬼かを感知・判別出来るようになる。逆に鬼の方は、柱級の強力な実力を持った剣士でもなければ、鬼殺隊の人間を判別したり相手の実力を測る事は難しいとの事。

なお、上弦の鬼でしか確認されていないが血縁関係を識別する事が可能な模様。遺伝子や血質、肉質、病気の有無といった人間には分からない情報が分かるらしい。

鬼の存在に関する認知

作中で鬼の伝承地にいたのは行冥が明確に分かっているだけで、他の人物の所は不明。ただし、炭治郎のいた場所付近も伝承が残っており、二人の住む地域は奥多摩郡で近い位置となる。

一方で、街の方では伝承は既に都市伝説程度の扱いしかされていない。
浅草の時も、狂人が暴走しているとしか警察も含めて誰も思っておらず、沼鬼の件の辰巳も、鬼や鬼殺隊をうわさ程度にしかとらえていなかった。

義勇は、とある事件で「鬼が出た」と証言しても信用してもらえず孤立した過去がある。
また冨岡義勇外伝では、鬼による事件は一般には熊の仕業として認知されていた。そればかりか第一話の竈門家惨殺事件については、鬼を追っていた義勇の方が不審者として噂されていた。

能力

再生

日光に照らされる以外には基本的に不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのは勿論の事、頭部だけになっても動き、あるいは頭部を粉砕されても再生できる程(ただし、蓄えたエネルギーが減る為か流石に行動範囲・攻撃力が低下し復活にも隙ができる)、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。再生といっても頸以外の欠損はくっ付いて治るのではなく新たに生えてくる形が多く、頭部から頸に通じている脊髄からも切り離された部分は即座に消滅する(胴体を横に輪切りにされた者が普通に繋げられている)。それ故か離れた部分を遠隔操作してくるという事もないが例外もある。

変形

鬼は鬼にされた時点での外見をベースとしているが、外見上の年齢などはある程度は変えられる。加えて人を喰い肉体を強化する事で、身体の形状をかなり自在に操作する事も可能であり、頭部に角を生やす程度の変化は小さい方で、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、体が異形化していく個体も多い。中には腕が十数本絡まった山のような異形となる身体から鼓を生やす無機体である列車と融合するなどの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。こういった鬼は「異形の鬼」とも呼ばれる。
その為に、鬼の外観は統一性に欠けるが、どの個体も白く灰色がかかった肌色である。そして大抵の者は縦に細い瞳孔に濁った色(かなりの確率で赤色)の眼と、牙と尖った爪を備えている。

血鬼術

さらに人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる異能。早い話が魔法であり、その能力は鬼の外見と同じく千差万別。鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、炎や雷や氷などの自然現象を操ったり、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといったあらゆる物理法則を完全に無視した超常現象を引き起こす個体も多数存在する。こうした鬼は「異能の鬼」とも呼ばれる。基本的には、肉体操作ができるようになった次の力が血鬼術である為、異能の鬼は何らかの肉体操作や上記の肉体変形もできる者が多い。

こうした鬼としての"力"の強弱は、喰った人間の数や鬼として生きた年数、無惨から分け与えられた血の量、個々の個体の才覚などにより左右される。

弱点

日光

鬼の最大の弱点。日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。これは"最強"たる十二鬼月や"始祖"である無惨であっても例外なく逃れられない絶対の理であり、遠隔操作されている血鬼術であろうとも日光を浴びれば消滅する。この為に、全ての鬼は日光を嫌い、主に夜間に行動している。
ただし、あくまで直射日光に弱いのであり、曇天の日や日が射している時でも日陰ならば、昼間であっても問題なく活動できる。また、血鬼術で生み出した隠れ蓑で短時間なら日光下でも活動可能な鬼もいる。

日輪刀

鬼殺隊隊員の基本装備であり、鬼を殺す事のできる唯一の武器。
この日輪刀で鬼の頸を切り落とす事で、一部の例外を除いて倒す事が出来る(正確には日光の力を秘めた武器で頸を斬り落とすか、頭を完全に粉砕する事で殺せるという事であり、武器そのものが弱点という訳ではない)。
ただし、強力な個体はより強い生命力を持っているので、悪あがきに相手を道連れにする為に攻撃を放ったり、体が崩壊しながらも何かをしようともがくなど、一瞬で無力化されない場合も多い。また、頸を斬り落とす以外の攻撃は通常の武器同様に効果はなく、与えた傷もすぐに再生する。
詳細は当該記事参照。

藤の花

鬼は藤の花の香りを嫌い、近づく事さえできない。藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。 鬼殺隊の入隊試験である最終選別が行われる藤襲山は一年中藤の花が咲いており、中に閉じ込めた鬼の逃走を阻む自然の結界となっている。ただし、血鬼術の能力などによっては藤の花を回避して行動する事も可能な為に、やはり日光程は決定的なものにはならない。中には藤の花から抽出した毒を使う隊士もいるが、強い鬼の場合だと毒をその再生力で分解されるばかりか、その鬼を通じて無惨や他の鬼に毒の情報が共有されてしまい、抗体を作られる危険性もあるなど諸刃の剣である。またそれ故に、藤の花の毒は使う鬼によって調合をその都度変える必要があるので、専門知識と技術がある者にしか使えない。

エネルギーの消耗

鬼の持つ上記の異能は、その全てが"己の血液"が動力源であり、人を喰らいエネルギーを蓄える事でこれらの異能を発現させる。それ故に過剰な再生や血鬼術の行使はそれらのエネルギーの消耗を招き、最終的には一般人に討ち取られてしまう程に弱体化する事もある。
ただし、それは十二鬼月以下の鬼ぐらいでしか見られない現象であり、十二鬼月クラスでは下弦でも底をつく事はそうそう無く、半天狗のように相当決着を焦らない限りはまず起こり得ない(半天狗の場合は、そもそも能力自体が他の鬼に比べて、エネルギーの消耗を招きやすいものだったというのもある)。

無惨の力

無惨は鬼の始祖であるが故に、自身が作った鬼の細胞を破壊する事ができ、不死の存在である鬼を問答無用で殺す事ができる唯一の存在である。無惨の攻撃で殺された鬼はそのまま再生する事なく死に至る。ちなみに無惨以外の鬼は、相手を何らかの形で無力化させた上で、太陽に晒して焼き殺すという間接的な方法でなら同族を殺す事はできる。他にも、「入れ替わりの血戦」で勝利した鬼は、無惨の認可を得る事で、敗北した鬼を喰らって完全に殺して吸収する事ができる。

呪い

無惨から血を分け与えられた全ての鬼は、無惨に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。この呪いを外す事は、極めて高度な医学知識と屈強な意思力を持つか、奇跡的な要因が無い限りは不可能。

畏怖

完全に限りなく近い生物である無惨は、無論の事圧倒的な“力”を有しているが、そういった生物的本能とは別に、無惨への強烈な畏怖が刻まれる。

自壊

無惨に関する情報を僅かにでも口にした時点で、体内の無惨の細胞により鬼自身から巨大な『腕』が生えて、宿主の身体を粉砕する。この『腕』は、無惨同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるので、事実上の自壊である。いわゆる情報漏洩防止に施されているのだが声に出した途端遮るというものであり、口が動くのを止める仕組みではない為に、鬼は意識的に喋るのを防がないとならない。この為に、作中では情報を求める者に対して激しく動揺し、死に物狂いで拒絶するという光景も見せている。
なお、この自壊はあくまで鬼殺隊などの人前で名を口にした場合に限り、無惨の前などでの会話の中で名を出す分には呪いは発動しない。

読心

無惨を前にした鬼は、その思考を全て無惨に読まれ、視覚も接続される。逆に無惨の思念を送る事も可能であり、これらの力は上弦の鬼達も、無惨に許可の下で自身より下位の鬼に対して行える。
距離が離れる程に精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても無惨の認識から逃れる事はできない。この能力故に無惨は自分が姿を晒す事なく、鬼が遭遇した敵の情報をリアルタイムで得る事が出来る。
また、配下の鬼の受けた毒や薬の情報をその鬼の身体を通じて得る事ができ、そこから抗体を作ったり、その情報を他の配下の鬼に共有する事もできる(この能力の為に、基本的に鬼には一度使った毒は通じない)。

同族嫌悪

鬼同士は上記の独善的で利己的な性格以外にも、そもそも互いに心理的に嫌悪感を抱くようになっており、その為に助け合ったり徒党を組む事は無く、食料が確保できない状況では共食いすらも起こす。なお、無惨から集団行動を命じられた場合はこの限りではないが、それでも互いに連携したり協力する例は少ない(矢琶羽朱紗丸のような例外もあるが)。珠世はこの呪いを、「自分より強い鬼が、徒党を組んで叛乱を起こさない為」と説明している。一方で、無惨以外での鬼同士の戦いはその再生力故に互いに不毛なので、殺し合いに至る程に争う事もそうそうない。
この為、普段はそれぞれが縄張りと見なした範囲で人間を確保するのが基本的な鬼の行動である。

主な鬼

首領


十二鬼月

※なお、十二鬼月内でも格付けがされており、上から六位までが上弦の鬼、下の六位までを下弦の鬼と呼んでいる。


一般の鬼


例外


  • ???(CV:???)(ネタバレ注意)

関連タグ

鬼滅の刃  
鬼舞辻無惨 血鬼術 十二鬼月 青い彼岸花 
鬼殺隊 日輪刀 
鬼滅の刃用語一覧 
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 

関連・類似項目

  • 百鬼帝国:こちらは昭和の時代に現れた人間に改造手術を施して生まれた「鬼」の集団、首領の人格はまだまともではあるが…。

関連記事

親記事

鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 きめつのやいばのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401110

コメント