ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画『鬼滅の刃』に登場する主要な敵であり、人食いの生き物。
日光以外では死なない不老不死性と、超人的な身体能力や怪力を持ち、中には妖術のような特異な能力を使える者もいる。

その正体は、千年前に最初に鬼になった鬼の原種である鬼舞辻無惨の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。無惨の支配を受け、より多くの人を喰らい、より強くなることを目的として行動する。

上述したように、日光に弱く日中の野外では活動できない、人間の血肉を食べて力にする、人間を同族に変える、などの特徴から、日本でよく知られる妖怪と言うよりは、西洋における吸血鬼に近い存在と言える(『鬼滅の刃』の前身にあたる読切『過狩り狩り』においても、西洋の吸血鬼が敵として登場している)。

生態

人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓を覚える。他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持にはやはり人喰いが欠かせない(ただし、その一方で睡眠は必要としない)。ただ、響凱の例から、段々と人肉を体が受け付けなくなり、食えなくなる体質の鬼もいるようだ。

単純な身体能力については、当然のことながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。鬼としての年齢を重ねるほど(人を多数喰らうほど)上がって行き、一定を超えると下記の血鬼術を行使できるようになる。

知性は個体により大きく差がある。人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある(このため最初に喰らうのは親兄弟などの近しい者が多い)。
その後、生前の執着等の念を基本とした個性を獲得し知性を得るがその人格は総じて自己本位の一言に尽き、無惨と同様に外道に落ちる(ある種の自己愛性人格障害を患う)。

不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事も可能ではあるがそのような例は現状、無惨の呪いを打破した一例のみである。
鬼になった時点で強い闘争本能が植え付けられ、無惨への忠誠心等の呪い(洗脳)を植え付けられる。また、無惨の血を更に受ける事で鬼としての力は格段に強化されて行くため、上位の鬼ほど無惨の血が濃い。
この為、鬼化の本質は無惨の、細胞による汚染とも言える。
そのため終盤、鬼殺隊の隊員と協力者鬼を人に戻すの開発に成功し、鬼にされた者を救った。しかし、無惨の血を与えられることのみしか鬼は増えないという制約はあるものの、無惨がその気になれば際限なく鬼を増やすことは可能である。また、鬼殺隊の隊員が鬼にされてしまい仲間を襲撃する事態も発生したため、基本的には鬼を抹殺するしか選択肢はない。
さらに、無惨から分けられた血を別の人間に分け与えるという形で、配下の鬼が鬼を増やしたことがある。
ただし、鬼を増やすためには『無惨の血』が必要になる為、無惨が死んだ場合はそれ以上増えることはできないという、生物として見た場合致命的な欠陥がある。
そして「無惨が死ねば鬼は全て滅びる」産屋敷耀哉の指摘に無惨が激昂した事から、彼を滅せれば鬼たちは死に絶えることになる。

鬼の存在に関する認知

作中で鬼の伝承地にいたのは行冥が明確に分かっているだけでほかの人物の所は不明。
ただ、炭治郎のいた場所付近も伝承が残っており、二人の住む地域は奥多摩郡で近い位置となる。

一方、街の方では伝承が立ち消えており都市伝説程度であった。
(浅草の時も狂人が暴走しているとしか警察も含めて誰も思っておらず沼鬼の件の辰巳も鬼殺隊をうわさ程度にしかとらえていなかった)

とある人物は「鬼がいた」と言ったために孤立してしまった(つまり彼は鬼殺隊入隊以前のとある事件での犯人を鬼だと確信していた。彼の出身は今の渋谷区や中野区の付近)。

能力

再生
日光に照らされる以外には不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのはもちろんの事、頭部だけになる、あるいは頭部を粉砕されても生存(再生)できるほどの、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。

変形
身体の形状をかなり自在に操作する事が可能であり、身体年齢や容貌を任意に変更するのはもちろんの事、頭部に角を生やす、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、自身を異形化する個体が多い。中には『腕が十数本絡まった山のような異形となる』、『三体に分裂して別個の意志を持たせる(ある程度の共有意識は残している)』、『身体から鼓を生やす』、『無機体である列車と融合する』などの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。

血鬼術
人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる異能。鬼の外見と同じく、その能力は千差万別。鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといった物理法則を完全に無視した現象を引き起こす個体も多数存在する。

こうした鬼としての“力”の強弱は、年齢や無惨から分け与えられた血の量、個々の個体の才覚などにより左右される。

弱点

日光
鬼の最大の弱点。日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。これは“最強”たる十二鬼月や“始祖”の無惨であっても逃れられない絶対の理であり、このため全ての鬼は日光を嫌い、主に夜間に行動している。
ただしあくまで直射日光に弱いのであり、曇天の日や、日が射している時でも日陰ならば、昼間であっても問題なく活動できる。

エネルギーの消耗
鬼の持つ異能は“己の血液”が動力源であり、人を喰らいエネルギーを蓄えることで異能を発現させる。同時に過剰な再生や血鬼術の行使はそれらの能力の低下を招き、最終的には一般人に討ち取られてしまうほどに弱体化する事もある。
ただし、それは十二鬼月以下の雑魚鬼ぐらいでしか見られない現象であり、十二鬼月に至っては下弦でも底をつくことはそうそう無く、半天狗のように相当決着を焦らない限りは起こりえない。

日輪刀
鬼殺隊隊員の基本装備であり、鬼を殺すことのできる唯一の武器。
詳細は当該記事参照。
この日輪刀で首を切ることで、一部例外を除いて倒すことが出来る。

藤の花
鬼は藤の花の香りを嫌い、近づく事さえできない。藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。
鬼殺隊の入隊試験が行われる藤襲山は一年中藤の花が咲いており、中に閉じ込めた鬼の逃走を阻む自然の結界となっている。

呪い

無惨から血を分け与えられたもの(すなわち、全ての鬼)は、無惨に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。
この呪いを外す事は、極めて高度な医学知識と屈強な意思力を持つか、奇跡的な要因が無い限り不可能。

忠誠・畏怖
完全生物である無惨は、無論の事圧倒的な“力”を有しているが、そういった生物的本能とは別に、無惨への強烈な畏怖が刻まれるため、例え生命を奪われる状況でも反抗の意志は生まれない。

自壊
無惨に関する情報を僅かにでも口にした時点で、体内の無惨の細胞により鬼自身から野太い『腕』が生え、宿主の身体を粉砕する。この『腕』は、無惨同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるため、事実上の自壊である。なお、この自壊はあくまで人前で名を口にした場合に限るため、鬼同士で名を出す分には呪いは発動しない。
余談だがこの腕には古傷らしきものが見える。

読心
無惨を前にした鬼は、その思考を全て無惨に読まれる。
距離が離れるほど精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても無惨の認識から逃れる事はできない。

同族嫌悪
鬼同士は心理的に嫌悪感を抱くため、助け合ったり徒党を組むことは無く、食料が確保できない状況では共食いすら起こす。尚、無惨から集団行動を命じられた場合は、この限りではない。珠世はこの呪いを、「自分より強い鬼が、徒党を組んで叛乱を起こさない為」としている。

主な鬼

首領


幹部
十二鬼月
※なお、十二鬼月内でも番付がされており、上から六位までが上弦の鬼、下の六位までを下弦の鬼と呼んでいる。

その他

例外
鬼舞辻無惨によって囮のためだけに鬼にされた青年。竈門兄妹と珠世、愈史郎の尽力により呪縛から逃れる。後に鬼舞辻無惨との産屋敷での決戦時に「散布した肉の種子から凄まじい強度・速度の枝分かれした棘を放つ」という強力な血鬼術で無惨の足止めをするというモブキャラに在るまじき活躍を見せた(産屋敷耀哉の語った「本来ならば一生眠っていたはずの虎や龍の一人と言える)。
  • ???(ネタバレ注意)

関連タグ

鬼滅の刃
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧
鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 きめつのやいばのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265092

コメント