ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「私は貴方様のために命をかけて戦います!」


CV:植田佳奈

概要

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」の登場人物。


鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。

下弦の肆」の席位を与えられた、赤い着物を着用した二角を持つ娘といった風貌のである。席位に従い左目には「下肆」の文字が刻まれている

下弦では紅一点となる。


活躍……というか、その儚い生涯というか……。

"下弦の伍"であるが倒された事に怒る無惨により、下弦のと共に召集される。

 

女の姿で現れた無惨に対して恐怖しながら「以前とは姿も気配も異なっていらしたので」と詫びるも、無惨は「誰が喋って良いと言った?貴様共のくだらぬ意思で物を言うな」と一喝。下弦の鬼達の不甲斐なさを責め立て始める。

詫びるだけで怒られる零余子も災難だが、さらに彼女(というか下弦たち)の受難は続く……


無惨は血を分け与えた者の思考を読み取ることができるため、その前ではいかなる嘘も隠し事も不可能。無惨は零余子に「お前はいつも鬼狩りと遭遇した場合、逃亡しようと考えているな」と指摘する。必死に弁明する零余子に対して、無惨はパワハラそのものの滅茶苦茶な理屈で彼女の言葉をねじ伏せる(見出しの文章はその際のやり取り)。

もっとも実働部隊として十二鬼月に入ってからが本番としていた無惨の言からすれば命がけで戦うのは当然、策もなく柱との戦いを避けた時点で失格とされても当然といえば当然である。上記の弁明もやっていて当然の仕事と言われれば何の釈明にもなっていない。

…まぁ、とはいっても現在の柱の実力は基本一人を除き誰でも格落ちとはいえ上弦の堕姫の頸を切れるほどには高い事が判明しているため、下弦の鬼が真っ向から戦ってもまず勝てない事は明白。勝てる可能性が限りなく低い相手から逃げるという事自体は間違っていないのだが、なにせ上司が上司なのでそんな引き腰な姿勢を許してくれる筈も無かった。


そして涙目の絶望顔になった彼女は次の瞬間、無惨の触手に踏み潰されて食われたのであった。

死後は地獄で罰を受けているが粛清された為描き下ろしのインタビューには登場していない。

 

キメツ学園

スピンオフ作品キメツ学園!に登場。

当初は和菓子屋の客として登場したが、この時は背景扱いであり、台詞は無かった。

後に轆轤、病葉、釜鵺と共に鬼舞辻議員の事務所で働いている。


余談

総登場コマ数16コマ。無惨の恐怖と理不尽さを引き立てるためのモブキャラの部類なのだが、「ひたすら怯えて、絶望顔でガタガタ震える鬼娘(しかもルックスはかなりレベルが高い)」というキャラのせいか、一部では妙な人気がある。

2019年放映のアニメ版では、立志編の最終話である26話に登場。


推察の域に留まる話ではあるが、大正時代当時は高級品だった黒いファーを首に巻いていること、また強い者に逆らう事を好まない性格から、元はお金持ちの家の娘であったという考察がある。


名前

登場したその回で退場したので便宜的に「下弦の肆」と呼ばれていたが、公式ファンブックでようやく零余子(むかご)と判明した。


人気

その不憫すぎる扱いゆえに密かに人気を獲得していたキャラであった。

関連イラスト

下弦の̪肆零余子ちゃん


関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃) 十二鬼月 下弦の鬼 下弦の肆

パワハラ会議

鬼滅の刃の登場キャラクター一覧


零余子(むかご)…名前の由来


下弦の鬼

魘夢(壱) 轆轤(弐) 病葉(参) 零余子(肆) (伍) 釜鵺(陸)


関連・類似キャラクター

関連記事

親記事

下弦の鬼 かげんのおに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9871891

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました