ピクシブ百科事典

魘夢

えんむ

漫画「鬼滅の刃」の登場人物。
目次[非表示]

概要

鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。「眠り鬼」
「下弦の壱」の数字を与えられた洋装の青年の姿の鬼。

作中では、「下弦の伍」であるが倒された事に怒る鬼舞辻によって招集された下弦の鬼たちの1人として登場。
他の下弦の鬼達は不甲斐なさを叱責された挙句、鬼舞辻の逆鱗に触れて粛清されてしまうが、最期に言い残す事はないかと問われた彼が口にしたのは、「貴方様直々に手を下していただけるとは夢のよう。他の鬼達の断末魔を聞けて楽しかった」という、常軌を逸した答えであった。

そもそも彼は他人の不幸を見るのが大好き。幸せな夢を見せた後、悪夢を見せてやるのが好き。人間の歪んだ顔が大好物で堪らない。不幸に打ちひしがれて苦しんでもがいているのを眺めていると楽しいと公言してはばからない、歪んだ性根の持ち主である。

こうした気質と、自分を含めて命を何とも思わぬ異常な狂気を鬼舞辻に気に入られ、下弦の鬼の中で唯一粛清を免れた上に血を分け与えられた。
鬼殺隊への刺客として出陣する。


血鬼術

相手を眠らせ、魘夢の意のままの夢を見せる(名称不明の血鬼術)
作中での戦いで、たびたび発動されているもので、魘夢の基本戦法。
この術に囚われた相手は、身体を動かすことができないため、ほぼ彼の勝利が確定する。
しかし、柱のように優れた鬼狩りは、殺気を感知するなどして術を破ることがある。
そのため、用心深い彼は、自身では決して手を汚そうとせず、後述の刺客を使い、相手を廃人にしたうえで、肉体を殺害するのが彼の手口。
夢の世界に囚われたものは、夢の中で死ぬことで目覚めることができる。
(作中では、自身の首を切る形で炭治郎が復活している)

強制昏倒催眠の囁き
口のついた左手から発せられた言葉を聞いた相手を眠らせる術。
音を介して発動させるため、防御手段はほとんどない。
が、炭治郎は眠らされたら即座に、夢の世界から脱出することで、この術を事実上無力化していた。

強制昏倒睡眠・眼
魘夢の目と視線を合わせた相手を強制的に眠らせる術。
作中では、自身の眼を列車内の全方位に展開させ、破られても即座に術をかけることで、伊之助と炭治郎に消耗戦を強いた。
さらに、この術で相手を眠らせるのは魘夢の意のままであるため、夢の世界に落ちたと相手を錯覚させ、現実の世界で自決させる搦手を挟むこともできる。


夢の空間内には「精神の核」が存在し、これを破壊することで相手を廃人にする。しかし自分が直接入り込んだのでは、強靭な精神力を持つ鬼殺隊の柱に返り討ちにされる恐れがあるため、魘夢は辛い現実から逃避したい人々を「幸せな夢を見せてあげる」と甘言で籠絡しては、夢の中の暗殺者として送り込んでいた。
手ごまとした人間は、対象と自身の腕に特殊な縄を繋ぎ、眠ることで、それを経由して、夢の中へ侵入する。

作中の活躍

鬼舞辻の血に順応した彼は、短期間の間に、無限列車にて四十人余りの乗客を食らい、派遣されてきた数名の鬼殺の剣士たちを返り討ちにした。
そうした経緯を受け、やってきた煉獄、彼と合流した炭治郎一行と対峙する。

当初は彼らを血鬼術で幸せな夢の世界に封じ込め、無力化することに成功。
配下の人間たちを夢の世界に送り込む間に、自身は準備を進める。

しかし、今回来た鬼殺隊隊士たちは皆常識離れした精神・無意識領域を持っており、夢に入った配下の人間らは各々妨害・懐柔され中々精神の核を壊せずにいた。
そこに仕込みの切符を持たずに乗車した禰豆子が箱から登場。現実側で炭治郎を起こそうと色々と仕掛け、それが術を弱めたことで炭治郎に夢から抜け出す方法を発見されてしまう。

その後列車そのものと融合、自身の首の位置を分からなくしたうえで、乗客すべてが人質であり、食料であると炭治郎を揺さぶり、彼を動揺させ、乗客を食らおうとする。
しかし、現実の世界へ復帰した煉獄によって、即応された挙句、対策を示唆された結果、嘴平伊之助炭治郎によって、自身の首の位置を見抜かれ、最終的に首を切られた。


キメツ学園


変態鉄道オタク、魘夢民尾(えんむたみお)として登場。
鉄道に変態行為を繰り返すこと、前科六犯。
こいつのせいでよく電車が遅れる。
人の迷惑を顧みないため、ほかの鉄道オタクはおろか、誰からも嫌われている。

ジャンプギガに収録された袋とじの漫画では、その変態行為の実態が描かれ、読者を爆笑と衝撃の渦へ叩きこんだ。


関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 十二鬼月
猿夢:おそらく元ネタの都市伝説。

pixivに投稿された作品 pixivで「魘夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188068

コメント