ピクシブ百科事典

善逸の無意識領域に侵入した青年

ぜんいつのむいしきりょういきにしんにゅうしたせいねん

漫画「鬼滅の刃」の登場人物。サムネで、なんともとんでもねぇ人に睨まれている短髪の青年。
目次[非表示]

CV:広瀬裕也

概要

十二鬼月下弦の壱である魘夢が従える配下の人間の1人。
魘夢の敵である鬼殺隊の「精神の核」を破壊する為、鬼殺隊士の1人・我妻善逸の無意識領域に侵入する。

短髪の青年が侵入した相手は複雑な生い立ち・コロコロ変わる性格を持つ善逸であり、彼の無意識領域(夢の世界と隣接する無意識の世界)は、華やかな風景が広がっていた夢の世界から一転、闇一色の真っ暗な空間であった。

短髪の青年は何とかして無意識領域(夢の世界と隣接する無意識の世界)にある「精神の核」を探して破壊しなければならない為に、視界が効かない世界に対し手探りの状態で進む。だが青年はここで思いがけない障害と出くわす。

常人よりも自我が強い者の無意識領域(夢の世界と隣接する無意識の世界)には、精神の核を守護する化身が潜んでいる場合がある。
我妻善逸の場合は『大鋏を手に持った陰湿な雰囲気の善逸』という異常者風の人が潜んでおり、短髪の青年を手にした大鋏で殺そうとする勢いで迫ってきた。青年は「精神の核」を探すどころではなくなり、このとんでもない障害から逃げ続ける羽目になるのだった・・・。


その後禰豆子により、善逸の意識と自身を繋ぐ縄が焼かれ「精神の核」の破壊は失敗に終わった。目を覚ました後は、夢から覚めていた炭治郎に襲い掛かる三つ編みの少女へ加勢しようとするが、あっけなく炭治郎の手刀で気絶させられてしまう。

そして魘夢討伐による汽車脱線後は、脱線の衝撃で負傷したようだが、同じく負傷した糸目の少女に肩を貸して助けていた。

因みに、魘夢の配下となった理由は不明であるが、魘夢が見せる幸せな夢に縋っていた事から結核の青年車掌と同様に、現実逃避を望む程に不幸な人生を送っていたと思われる。

余談

短髪の青年が登場するのは無限列車編の前半。青年が映る場面は少ないが、物語後半にある深刻(シリアス)な展開に対して、短髪の青年が善逸に追われる一幕は、物語前半に盛り込まれたコミカル回の一つになっている。

関連タグ

鬼滅の刃 魘夢
無限列車 結核の青年 三つ編みの少女 糸目の少女
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

無意識領域の善逸

関連記事

親記事

魘夢 えんむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「善逸の無意識領域に侵入した青年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31176

コメント