ピクシブ百科事典

無限列車

むげんれっしゃ

無限列車とは、漫画(アニメ)『鬼滅の刃』に登場する列車のこと。
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃に登場する、蒸気機関車が牽引する客車列車
鬼が出没するとの情報を受け、かまぼこ隊煉獄杏寿郎が乗り込むことになる。

原作漫画54~63話、テレビアニメ25~26話と、「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」に登場。)

炭治郎達が乗車したを夜に出発、日の出が近い時刻まで、夜間長距離を無停車で走行していため、夜行列車の可能性が高いが、連結されている車両(詳細は後述)は全て三等座席車(現代の普通車)で、寝台車や二等車(現代のグリーン車)は連結されていない。また、トイレや洗面台の設備も見当たらない。

名前は「無限列車」であり「夢限」や「夢幻」ではない。
蒸気機関車のナンバープレートが無限であるためそう呼ばれているのか、列車名が無限列車なのかは不明。ただ、劇中でも「無限列車」の固有名詞が出てくる。
無限城とも関連ありそうな名前だが、劇中の描写を見る限りあまり関係はなさそうである。

炭治郎達が持っていた切符は、A型券と呼ばれるサイズの硬券切符で、「東京 夢限 三等 表面太線区内間ノ一駅行キ 無期限有効 下車前途中無効」と書かれていた。
券面から東京から夢限駅までの普通車の乗車券のようだが、列車の行き先や停車駅、走行路線については特に言及されていないため不明。ただし単線区間を走行していた。

車両のモデル

機関車(先頭車両)は同じだが、客車は漫画版・アニメ版で差がある。アニメ版は、アニプレックスのスタッフが大正時代の写真や保存車両を参考にモデリングしたとのこと。ただし、「映画に登場するSLや場所のモデルについてはお答えしていない。」としている。

蒸気機関車

大正3年から製造された、鉄道省の「8620形」と特徴がほぼ一致している。除煙板(デフ)を装備せず、運転席(キャブ)下がS字を描くタイプの車両。前途の通り、ナンバープレートは無限と漢字で書かれている。(本来は8620のように車両形式と製造番号が書かれる。)
舞台は大正時代初期だが、車両は自動連結器やエアータンクを装備している大正14年7月以降の姿になっている。(※大正初期はねじ式連結器で、エアータンクも非搭載だった。)
青梅鉄道公園に保存されている1号機が一番近い形態をしている。(この車両をモデルにしたと思われるほど特徴が似ている。)

STARLIGHT 8620


なお、8620形の汽笛は3室汽笛という感高い音の汽笛が装備されているが、劇中では5室汽笛(昭和以降の蒸気機関車が装備する低い音)となっていた。

客車

漫画版が木造でドアのないオープンデッキの明治期に多く製造されたタイプの客車(外観は明治村のハフ13、14や、東武鉄道甲15形に似ているが、描写が少なく詳細不明)による11両編成。連結器が違うが、大正時代に多く活躍していたタイプの客車であり、時代考察的に忠実である。
アニメ版旧型客車による8両編成。ただし車両はオリジナルであり、屋根は鋼製のシングルルーフでベレンチレータは無し、車体はオハ31形の窓をユニットサッシにしたような姿で、木目のような模様がある。最後尾車両は展望車のような車両が連結されており、乗り遅れた竈門炭治郎達はそこから乗り込んだ。同和鉱業片上鉄道ホハフ2000形、ホハフ3000形に近い構造をしている。塗装ぶどう2号で、表記類は一切ない。

アニメ版の外観に関しては、鉄道模型愛好家の間で「コスミックという模型メーカーが発売している木造客車(三種類)組み立てキットという製品を参考にしたのではないか」という説もある。なお、この製品には特定のモデルとなった車両はなく、完全にオリジナルのデザインである。
また、大正時代は私鉄から国有化された車両も多くあり、客車の種類も編成もかなり存在した。このため、大正時代の客車の特徴を持ちつつ、窓が大きめで屋根上でバトルしやすい構造のオリジナル客車になったのかもしれない。

車内はどちらもほぼ同じで、大正時代の客車に多かった緑色のボックスシートである。

無限列車(漫画版)
無限列車(客車)
星巡りの旅


左から漫画版、アニメ版、車内

鉄道会社とのコラボ

ニュース記事

JR東日本『鬼滅の刃×SLぐんま無限列車大作戦』

JR東日本と鬼滅の刃とのコラボイベント
2020年10月11日から12月28日までの期間、信越本線高崎駅横川駅間を走る『SLぐんま・よこかわ』と鬼滅の刃がコラボ。
当該列車にコラボ特製ヘッドマークの掲出、車内にキャラクターの装飾が施されている他、高崎駅碓氷峠鉄道文化むらでも装飾やパネルの設置、限定グッズ販売がされている。
ただし、SLぐんま・よこかわ号に使用されている機関車はD51 498号機または、C61 20号機の昭和時代に活躍した車両なため、劇中に登場する無限列車とは時代も車両も異なるため注意。ただし、客車はアニメ版の車内に近い姿に改造されているEF64形電気機関車も連結。
このほか、横川駅での鬼滅の刃仕様のおぎのや峠の釜めしの販売や上野駅から高崎駅への臨時列車『鎹やまどり号』(485系リゾートやまどりの車内にキャラクターの装飾をし、声優による車内アナウンスを実施)などのイベントが実施された。
ニュース記事

鬼滅の刃×SLぐんま
リゾートやまどり


SLぐんま(D51)、リゾートやまどり

JR九州『SL鬼滅の刃号(無限列車)』

JR九州×鬼滅の刃コラボの一貫として、JR九州が所有する劇中車両と同型の8620形(58654号機)のナンバープレートを『無限』に変更の上鹿児島本線熊本駅博多駅間を『SL鬼滅の刃号』として走らせた
当初は2020年11月1日、3日、15日、21日、23日の5日間の予定だったが、好評につき急遽12月19日、21日、23日、25日、27日の5日間追加の運行が行われた。
客車はSL人吉号で使用されている50系3両のため、劇中の車両とは異なるが、座席や暖簾が鬼滅仕様に変更されている。最後尾にはDE10形ディーゼル機関車を連結。
劇中再現度が高い上に、普段SLが走らない区間の走行とあり、その反響は凄まじく、指定席券は数秒で完売、沿線には多くのファンが押し寄せ、運行日にはSL鬼滅の刃に関連するワードがTwitterでトレンド入りした。
また、同社保有の883系885系主要キャラクターラッピングした編成が各1本ずつあり、長崎本線特急かもめ日豊本線特急ソニックとして12月下旬まで走った

SL鬼滅の刃 ~無限列車編~
鬼滅の鴎
"不変"


SL鬼滅の刃885系かもめ885系ソニック

JR西日本嵐電『鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐』

京都鉄道博物館にて、嵐電東映太秦映画村との連動企画『鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐』を12月26日から実施。
京都鉄道博物館では、保存されている8620形(8630号機)のナンバープレートを『無限』に変更の上、館内で体験乗車できる『SLスチーム号』として使用する。この車両は、鬼滅の刃と同じ時代の大正3年に製造された初期形の車両で、除煙板もないため、走行出来る状態の8620形の中では一番劇中に近い姿をしている。
また、車内アナウンスを竈門炭治郎が行う他、煉獄杏寿郎が食べていた駅弁をイメージした弁当を販売。
C62 26にも特製ヘッドマークを取り付ける。
嵐電では、鬼滅の刃特別仕様の車両が4両走る他、嵐山駅にて藤の花による装飾やキャラクターによるアナウンスなども行う。
また8620形と旧形客車を連結し、劇中の無限列車とほぼ同じ姿での展示も行った。

無限スチーム号
嵐電(鬼滅HM)


SLスチーム号、嵐電コラボ車両

その他

非公式だが、全国の公園にて保存されている蒸気機関車に「無限」ナンバープレートを取り付け、「無限列車」っぽくするイベントが行われている。いずれも鬼滅の刃や無限列車とは無関係の車両だが、来園者を楽しませている。
以下は無限プレートが取り付けられた車両一覧である。(※終了したものを含む。行かれる際は事前に確認をお願い致します。)

場所車両備考
北海道狩勝高原園地59672(9600)ニュース記事
福島県飯野学習センターC12 60ニュース記事
東京都昭和鉄道高校西武鉄道3号機関車
富山県村木公民館チャコ(日本カーバイド工業1号機関車)ニュース記事
愛知県日本車輌豊川製作所58623(※無限列車と同形の8620)
大阪府浜寺公園D51 469南海によるツイート
兵庫県神戸駅D51 1072
福岡県芦屋町高浜町公園D60 61facebookの投稿
大分県豊後森機関庫公園29612(9600)

また、無限プレートは無いものの、無限列車と同形の8620 形を保存してある公園は、それをアピールしている。
山形の公園はかなり力を入れており、ボランティアによって修繕された他、市松模様の案内看板や期間限定で藤の花をイメージしたイルミネーションも装飾された。

関連動画



関連イラスト

無題
煉獄杏寿郎×無限列車
無限列車
無限列車の眠らせてくる奴



関連項目

鬼滅の刃 鬼滅の刃用語一覧
竈門炭治郎竈門禰豆子
我妻善逸嘴平伊之助煉獄杏寿郎
蒸気機関車8620
JR九州JR東日本JR西日本嵐電

余談


以下、ネタバレ注意!










































列車には下弦の壱・魘夢が待ち構えている
魘夢や協力者、煉獄杏寿郎の台詞などから炭治郎たちが乗車する以前から度々同じ列車で魘夢が協力者を使って乗客や調査に来た鬼殺隊員を襲い、食べていたと思われる。

魘夢の工作はかなり大掛かりで、一部の乗客に加えて、機関士車掌といった乗務員たちまでもを夢を取引材料に協力者として懐柔していたほか、検札用のハサミ(チケッター)のインクに自分の血を混入させて血鬼術が通るようにしたり、鬼殺隊が目覚めたときの攻撃手段として、自身の骨で作ったアイスピックのようなものを持たせたりするという徹底した細工を施していた。
ちなみに機関助士(石炭をくべたりする役割の乗務員)が見当たらなかったが、これも工作の一部なのか単なる描写ミスなのかは不明。

炭治郎たちが乗車した際、途中から魘夢が列車と一体化し、車両が肉塊に覆われた不気味な姿へと変貌を遂げる。触手なようなものを車内にうねらせ、乗客を襲おうとした。
なお、頸骨は機関車の運転室下に隠されており、そのことを見破った伊之助と炭治郎が協力し、伊之助が攻撃を加えて頸骨を露出させ、最後は炭治郎がヒノカミ神楽で切断することで遂に魘夢に引導を渡した。

無限列車の最期


この際、魘夢が致命傷を負った衝撃で列車が脱線転覆したものの、煉獄の尽力もあり、(多数の負傷者こそ出たものの)乗客に死者は1人も出ずに済んだ。
魘夢に協力した者(機関士等)は、身体の一部が列車の下敷きになる等、重症を負っているような描写がある。

車両のその後は描かれていないが、機関車は魘夢を倒した際に運転室で車体が前後に分断されており、客車も全車両が転覆している上に戦闘中に魘夢が破壊した箇所も多かったので、修理は難しく廃車になった可能性が高い。

伊之助が車中で見ていた夢の中では洞窟内に潜むムカデと無限列車が混ざったような怪物(CV:平川大輔)として登場。
不気味な唸り声を上げている。

余談

  • 同時期に同じ車両をモデルにしたまいてつの方も作中における前日譚で同じく事故が起きている。但し、こちらは犠牲者が出ている一方で、この事故の生き残りにあたる人物によって車両を復活させるストーリーとなっている。
  • 作品との直接の関連はないが、大正15年に山陽本線にて、夜行列車が脱線転覆する鉄道史に残る大事故が発生している。こちらは多数の死者が出たが、車両の被害具合が似ている。
  • 全ての車両についているわけではないが、実物の蒸気機関車の運転室の下(魘夢の頸骨があった場所)には石炭を炭水車から釜へ送るストーカー(自動給炭機)がついている車両もおり、内部にあるスクリューが頸骨に見えないこともない。


商品化

列車という商品化しやすい題材ではあるが、キャラクターグッズが多い反面、無限列車そのもののグッズは少ない。

この他鬼退治シリーズから鬼退治列車が出ているが、 鬼滅の刃とは無関係で車両も異なる。

関連動画

  • 劇場版無限列車編予告
  • JR九州 SL鬼滅の刃
  • プラレール宣伝動画

関連記事

親記事

鬼滅の刃用語一覧 きめつのやいばようごいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「無限列車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3344318

コメント