2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

碓氷峠

うすいとうげ

群馬県安中市松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある峠。かつての鉄道の難所として有名。
目次[非表示]

概要

群馬県安中市松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町との境にあるである。

植生は浅間山山麓部分と似ており、ブナコナラなどの落葉樹、およびモミカラマツといった針葉樹が生えている。
中山道として人々の行き来する街道であったが同時に難所とも呼ばれ、峠越えをするには大きな覚悟が必要であった。

中山道

江戸の日本橋から草津宿まで。 草津宿で東海道に合流する。
江戸から草津までは129里(約506.6km)あり、67箇所の宿場が置かれた。現在の都府県では、東京都埼玉県群馬県長野県岐阜県滋賀県にあたる。

道としての碓氷峠

国道18号(旧道)としての碓氷峠は、まさに走り屋たちの聖地でもあり、土屋圭市もプロ転向前は碓氷峠で腕を磨いていた。
頭文字D」でも「インパクトブルー」の本拠地として描かれている。
旧碓氷線めがね橋トンネルなど観光スポットがある道ではあるものの実際走ってみると、道幅の狭さや岩肌のに沿うような作りになっている上、直線が少なく右かと思えば左という連続ショートタイトコーナーの応酬であり、中々難しいコースでもある。
間違ってもドリフト走行はしないようにすること。
慣れない人や悪天候の時は道幅の広い隣の峠、同じ国道18号碓氷バイパス(入山峠経由)の通行をお勧めしたい。

鉄道における碓氷峠

在来線時代については横軽を参照。

1997年長野新幹線(現北陸新幹線)の開業により、俗に横軽と言われる在来線の碓氷峠区間は廃止となった。
66.7‰の急勾配こそ無くなったが、新幹線の碓氷峠区間である安中榛名駅軽井沢駅間には特例中の特例ともいえる30‰の急勾配が存在し(新幹線の勾配は基本的に15‰、特例として20‰)、安中榛名駅に停車するとフル加速をしても時速170キロ出すのがやっとというほどの勾配である。下り勾配も非常時のブレーキ熱容量から時速210キロに制限されている。
そのため入線できる車両もE2系(0番台)・E7系・W7系・一部の200系E4系と限られている。 

とはいえ、所要時間は10分程度と在来線時代に比べると劇的に短縮されている。

関連イラスト

峠の主
峠のはな



関連動画

碓氷峠に挑むEF63


下りをロードスターで攻めてみた


最難関コーナー C-121


関連タグ

鉄道 EF63 電気機関車 碓氷峠鉄道文化むら 頭文字D

関連記事

親記事

とうげ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1375261

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました