ピクシブ百科事典

稀血

まれち

稀血とは鬼滅の刃に登場する用語の一つ、またはその体質の呼び名である。一応現実にも存在する言葉。
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃に登場する用語、もしくは現実の言葉で100万人に1人程度以上の血液を指すのだが現実は無名で鬼滅が有名なため調べても現実の方はまともに出てこないが…。(そのため検索予測で「稀血 (鬼滅用語)」が並ぶ中「稀血 現実」なんてことが起きている)
ここでは鬼滅の方を表記する。

は人間を食べれば食べるほど強くなっていくが、稀血の人間はその肉体・血の栄養価が極めて高く、1人食べるだけで50~100人の人を食べるのと同じ栄養を得られる。
それ故に稀血の人間は鬼から狙われやすい。
稀血は遺伝するのかは不明であり下述する人物はいずれも兄弟及び姉妹がいるが、兄弟姉妹たちに稀血は現れていないようである。

稀血の作中人物

現在判明しているのは以下の2名である。

歳を重ねたことで多くの人間を喰えなくなってきた響凱に目をつけられ、さらわれた一般の青年。
鬼から自らを守る術がないため、炭治郎鎹鴉から藤の花の香り袋を手渡される(実際は鎹鴉の体内から吐き出された)。

稀血の中でも更に希少な血を持ち、少し血を流しただけで上弦の壱である黒死牟さえも酩酊するほど。戦闘の中で傷を負えば負うほどアドバンテージを得られる。
彼は身体中に多くの傷跡が残っているが、恐らくその血の特性を利用して鬼を狩っていたのかもしれない。
鬼の禰豆子を連れている炭治郎を許さず、御館様の目の前で禰豆子の食欲を煽る為に禰豆子を傷つけた上で自らの腕を切り、血を流すことで禰豆子が所詮人喰い鬼であることを証明しようとしたが、稀血の誘惑よりも禰豆子の『人を襲わない』という強い意志の方が勝り、失敗に終わる(上述したように鬼の中でもトップクラスの強さを誇る黒死牟にも影響を及ぼしたほどの稀血の濃度なので、禰豆子の意志の固さをより証明することとなる)。

余談

実弥の弟・玄弥は稀血ではないものの、鬼の肉を喰らうことで一時的に鬼の体質を手に入れることができるという特異体質であり、不死川家が鬼に狙われたのは『全員何かしらの特異体質であったのではないだろうか』という推察がある。

関連タグ

鬼滅の刃
血液型
献血(もしかしたら君は稀血かも?献血にご協力ください。)

関連記事

親記事

鬼滅の刃 きめつのやいば

兄弟記事

コメント