ピクシブ百科事典

日輪刀

にちりんとう

日輪刀は、漫画・アニメ『鬼滅の刃』に登場する武器である。
目次[非表示]

概要

吾峠呼世晴氏原作の漫画『鬼滅の刃』に登場する、陽光以外で人食いのを倒すことができる唯一の武器であり、鬼殺隊隊士たちの基本装備である。

特徴

鬼滅の刃


太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄猩々緋鉱石から打たれた日本刀であり、日光を浴びる事以外は基本的に不死身である鬼に対して、その頚を斬る事で“殺す”事ができる唯一の武器。

色が変わる

きめつログ
水之呼吸


別名『色変わりの刀』と呼ばれ、持ち主によって刃の色が変わり、色毎に特性が異なる(また、持ち主の適性を示す)。
例として『全集中の呼吸』の基本となる五つの各流派に対して、

に染まった者が、それぞれ適性が高いとされる。

炭治郎


ただし、黒色の刃については前例が少なく、且つ剣士もどの流派に対して適性を持つのかも定かではない。また、色が上述した五つの色の系統色であっても、必ずしもその流派に対応しているわけではないようで、例として対応色が緑色である風の呼吸の派生霞の呼吸の対応色は白色であったりする。

なお、色彩が変化するのは、剣士として一定以上の力量の持ち主の手に渡った、最初の一回限り(制作者である刀鍛冶たちは、剣士ではないので、彼らが触れても色が変わらない)。
そして、他人が使っていた日輪刀を所有してもその特性は変わらない
このため、炭治郎が最終選別のために鱗滝翁から借り受けた日輪刀は、翁の適正を映した水色のままとなっていた。

原作と共通の設定かどうかは不明だが、アニメ版の那田蜘蛛山編において、平の隊士が使用していた際には刀の色が変わっておらず、この事から、隊士であることと刀の色が変わるほどの技量を持つことは別であると考えられる。なお漫画17巻で村田が水の呼吸であると判明し同時に日輪刀の色は薄すぎてわからず、型を使った際に周囲に見える水流も薄すぎて見えないということが発覚、もしかしたら上記隊士らもそうなのかもしれない(でも上記に書いてある通り原作とアニメが一緒とは限らないし、根本的に17巻がアニメ放送後に発売されたため情報が共有されていないだけだったのかもしれない)。

不可思議な力を秘めた部分もあるが、鬼を殺せるのは頚を斬った時のみであり、四肢などをこの刀で落としても鬼は通常通り超速度で再生する。
また、強度的にはあくまでもただの多々良鉄でしかなく、岩よりも硬い鬼の身体を斬断できるのは、剣士の技量に依るところが遥かに大きい。
ちなみに任務中に折損した場合は、その持ち主である隊士に専属する刀匠により、新たな刀が隊より支給される。


以下、ネタバレ注意














赫灼の刃
176話にて明らかになったことで、最初に生まれた全集中の呼吸である始まりの呼吸『日の呼吸』の使い手であった耳飾りの剣士は、黒かった日輪刀の刃を赤く染め上げることができたという。
赫刀と言う略称で呼ばれる事も。
この色の日輪刀は鬼の再生力を阻害し、突き刺すだけで鬼に強烈な苦痛を与える力を持つ様になる。
現代では炭治郎が上弦との初めての戦闘の最中に日之神神楽にのめり込み過ぎた際に無意識に発動させたのが最初であり、後に自身の日輪刀に禰豆子血鬼術である“爆血”を組み合わせた爆血刀と言う形に類似する現象を生じさせていた。
その為に日の呼吸の剣士のみが使えるものと思われていた。
しかし後に無惨一派の本拠地である無限城での戦いにおいて、時透無一郎不死川実弥悲鳴嶼行冥伊黒小芭内冨岡義勇の五人が日の呼吸の使い手でないにも関わらずこの刃を発動させている。
推論になるが、“日輪”刀という名称や『色変わりの刀』と呼ばれる本当の所以はここからきているのかもしれない。

実の所、赫刀の発現条件には日の呼吸自体はほぼ関係なく、全集中の呼吸を極めが発現し体温が上がった状態で、日輪刀に凄まじい圧力を掛ける事で刀の温度が上昇し発現する物の様である。(断熱圧縮、フェイズシフト等の類似する物理現象は存在する。)
実弥と悲鳴嶼は日輪刀同士を強くぶつけ合った事で、無一郎と伊黒は柄を強烈な握力で握った事で発現させている。
そのため耳飾りの剣士が戦いの際に刀を赤く染めていたのも、彼の肉体が身体活性に特に秀でた日の呼吸に最適であった為、戦闘時に元々発現させやすかったのだと予想される。
なお、一度発動させれば一定時間状態が維持されるようで常時圧力を加える必要は無い。(常時力んで刀を握っていれば手首の柔軟性が損なわれるので剣術に於いて致命的な欠陥となってしまう。)

形状

【なんちゃって講座】日本刀の刀身について


完全な実戦向けとして打たれているため、鎬造り(しのぎづくり、刃の断面のぶ厚い頑丈な造り)が一般的である。波紋が無いようにも見えるが刃と刀身が色違いであることからも直刃と呼ばれる形式と思われる(波紋によって刀の切れ味が変化するため素材との兼ね合いの結果の最適解か、単に刀匠の流派がそれなのかもしれない)。
なお、物語りが進むに従い様々な波紋の刀が登場している。
尚、色変わりした刀は性質に差異が生じているのか刀を破損した義勇が同じ水の呼吸の剣士の刀を探している描写がある。

しかしながら、刀の鍔や鞘は個々人の裁量で自由な形状、色合いの物が用いられており、中には極めて雅な鍔が嵌められている刀もある。 

更に最上位剣士である“”は、奇異とさえ言えるほどに日本刀の範疇から完全に逸脱した専用刀を用いる者も、幾人か在席している。また、彼らが使う刀のみ、意匠として鬼殺隊の信念と言える『悪鬼滅殺』の四文字が刻まれている。


関連イラスト

霞柱
獣の呼吸


鬼滅ログ
Tanjiro


センシティブな作品
しのぶ



余談

なお、作中の大正時代では廃刀令(明治九年公布)が施行されているため、当然ながら公共施設などでは隠す必要がある。剣士がこれを怠った場合、状況によっては警官に追われる事もある(とはいえ、常人である警官に捕縛されるようでは鬼殺隊士は務まらないが)。
ただし警官側も、治安維持という職務の性質から鬼殺隊の“事情”をある程度察している者もおり、黙認されるケースもある(『過狩り狩り』より)。

関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 全集中の呼吸
  日本刀

関連・類似武器

ライトセーバー…近年、所有者の素養によって刃の色が変化する設定に変更された。主な色は青、緑、紫、赤など(ひとたび色が決まったら原則として色が変わらない点も同じ)。また身体能力や知覚のブースト法と様々な剣術の型を駆使して戦う」「刀身の素材(ライトセーバーの場合は刀身を生み出すクリスタル)を使用者自身が選ぶ決まりがある」などの共通点もある。

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日輪刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3731388

コメント