ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

吾峠呼世晴氏原作の漫画『鬼滅の刃』に登場する、陽光以外で人食いのを倒す事ができる唯一の武器であり、鬼殺隊隊士達の基本装備である。

なお、作中の大正時代では廃刀令明治九年公布)が施行されている為、当然ながら公共施設などでは隠す必要がある。剣士がこれを怠った場合、状況によっては警官に追われる事もある(とはいえ、人知れず鬼を狩ることに長けた隊士達が常人である警官に捕まることはまずない「無限列車編」冒頭参照)。
ただし警官側も、治安維持という職務の性質から鬼殺隊の"事情"をある程度把握している者も中にはおり、黙認されるケースもある(『過狩り狩り』より)。また、仮に隊士が捕まったとしても鬼殺隊の上の人間が掛け合えば、直ぐに釈放する事も可能なようである。

特徴


太陽に一番近く、一年中陽の射すという「陽光山」という山で採れる猩々緋砂鉄猩々緋鉱石という日光を吸収した特殊な鉄から打たれた日本刀であり、日光を浴びる事以外は基本的に不死身である鬼に対して、その頚を斬る事で"殺す"事ができる唯一の武器。

テメェを殺す男の名前だァ


ちなみに隊士の中には猩々緋砂鉄から作られた弾丸の銃を使う隊士もいるが、この銃で頸を吹き飛ばしても確実に殺せるのは弱い鬼程度であるらしく、銃弾では日輪刀程の確実な殺傷力は望めない模様(その隊士も鬼に確実にトドメを刺す為に、銃の他に日輪刀も併用している)。そもそも鬼の頸を吹き飛ばせるだけの威力を持った銃など、反動が大きすぎて常人が扱える代物ではない。

他にも藤の花から抽出した鬼を殺せる毒を使う隊士もいるが、毒も鬼の性質に合わせてその都度毒の調合を変更・調整しなければいけない(そうしなければ鬼の再生力で毒を分解されてしまうばかりか、無惨を介した鬼の情報共有能力で抗体を作られてしまう危険性がある)など、やはり専門家であり開発者としての技術があるその隊士にしか扱う事はできない。そもそも彼等が銃や毒を使っているのも、あくまで自力で鬼の頸を落とせるだけの力が無いが故の苦肉の策に過ぎない。

それ故に一撃で頸を落とせるだけの日本刀特有の高い斬れ味と、頸を落とせばほぼ確実にあらゆる鬼を殺せる高い殺傷力を持った日輪刀が、今なお鬼殺隊では変わらず主力武器なのである。

色が変わる

炎


別名『色変わりの刀』と呼ばれ、持ち主によって刃の色が変わり、色毎に特性が異なる(また、持ち主の適性を示す)。
例として全集中の呼吸の基本となる五つの各流派に対して、

に染まった者が、それぞれ適性が高いとされる。

竈門 炭治郎


ただし、黒色の刃については前例が少なく、且つ剣士もどの流派に対して適性を持つのかも定かではない(理由は後述)。また、色が上述した五つの色の系統色であっても、必ずしもその流派に対応している訳ではないようで、例として対応色が緑色である風の呼吸の派生の霞の呼吸の対応色は白色であったりする。他にも同系の色が必ずしも同系の呼吸に対応している訳でもなく、対応色が桃色である恋の呼吸と対応色が桜色花の呼吸は、呼吸の系統上の直接的な繋がりは全くない。

なお刀身の色彩が変化するのは、剣士として一定以上の力量の持ち主の手に渡った、最初の一回限りである(制作者である刀鍛冶達は、剣士ではないので彼等が触れても色は変わらない)。
そして他人が使っていた日輪刀を所有してもその特性は変わらない。この為に、竈門炭治郎が最終選別の為に鱗滝左近次から借り受けた日輪刀は、彼の適正を映した水色のままとなっていた。

その一方で、アニメ版の那田蜘蛛山編において登場した大半の隊士が使用していた刀は色が変わっておらず、この事から隊士である事と刀の色が変わる程の技量を持つ事は別であると当初は考えられていた。しかし後に原作17巻で、村田が実は水の呼吸の剣士であると判明し、同時に日輪刀の色は薄すぎて変化が分からず、型を使った際に周囲に見える水流も薄すぎて見えないという事が発覚した。その為、上記の他の隊士らもそうだった可能性が高い(この隊士は刀身が薄っすらと白にも見える事から、霞の呼吸の使い手だったのではないかとファンの間では考察されている)。
全体的に全集中の呼吸の練度が不足していると思われ、「隊士の質が年々低下している」事が柱合会議で達から議題として挙げられたのも無理からぬ事だと言える。

不可思議な力を秘めた部分もあるが、鬼を殺せるのはあくまで頸を斬った時のみであり、普通に切り傷をつけたり四肢などをこの刀で落としても、鬼は超速度で再生する(ただし、悲鳴嶼の日輪刀の例を見る限り、一応申し訳程度には再生能力を阻害する効果はあるらしい)。
また、強度的にもあくまでもただの多々良鉄でしかなく、岩よりも硬い鬼の身体を斬断できているのは、剣士の技量に依るところの方が遥かに大きい。総じて「鬼の頸を落とせば殺せる」「持ち主によって色が変わる」という2点以外はごく普通の日本刀と殆ど変わらない。
ちなみに任務中に折損した場合は、その持ち主である隊士に専属する刀匠により、新たな刀が再支給される。上記した通り普通の日本刀と変わらないので、刀が折損する事はよくある事らしい。

色一覧


以下、ネタバレ注意















赫刀
176話にて明らかになった事で、最初に生まれた全集中の呼吸である始まりの呼吸日の呼吸の使い手であった耳飾りの剣士は、黒かった日輪刀の刃を赤く染め上げる事ができたという。
この状態の日輪刀は鬼のアドバンテージである再生力を阻害し、突き刺すだけで鬼に強烈な苦痛を与える力を宿す様になる。

日之呼吸


現代では炭治郎が上弦との初めての戦闘の最中に、ヒノカミ神楽にのめり込み過ぎた際に無意識に発動させたのが最初であり、後に自身の日輪刀に竈門禰豆子の鬼殺しの血鬼術である"爆血"を組み合わせた爆血刀と言う形で類似する現象を生じさせていた。
それ故に当初は、赫刀は日の呼吸の剣士のみが使えるものと思われていた。

しかし後に、鬼舞辻無惨一派の本拠地である無限城での戦いにおいて、時透無一郎不死川実弥悲鳴嶼行冥伊黒小芭内冨岡義勇の五人が日の呼吸の使い手でないにも関わらずこの刃を発動させている。発動時には色の以外の変化として灼けるような熱と匂いを発する。

実の所、赫刀の発現条件には日の呼吸自体はほぼ関係なく、全集中の呼吸を極めてが発現して体温が上がった状態で日輪刀に凄まじい圧力を掛ける事で、刀の温度が上昇する事で発現する物である(断熱圧縮、フェイズシフト等の類似する物理現象は存在する)。
実弥は義勇と、悲鳴嶼は自身の日輪刀同士を強くぶつけ合った事で、無一郎と伊黒は柄を強烈な握力で握った事で発現させている。耳飾りの剣士が戦いの際に刀を赤く染めていたのも、彼の肉体が身体活性に特に秀でた日の呼吸に最適であった為、戦闘時に元々発現させやすかったのだと予想される。ちなみに上記の爆血刀は、禰豆子の爆血の能力と熱でこれを擬似的に再現した物で、厳密には似て非なる物である。
なお、一度発動させれば一定時間状態が維持されるようで常時圧力を加え続ける必要は無い(常時力んで刀を握っていれば、手首の柔軟性が損なわれるので剣術に於いて致命的な欠陥となってしまう)。

日の呼吸とは無関係でありながら誰も発現できなかったのは、柱の中でも最も筋力のある悲鳴嶼ですら痣を発現させた上で工夫をしなければ発動させられないなど、まず痣を発現できなければ発動は不可能である事と、その上での高い技術や素質が必要とされるからである。実際に黒死牟の話によると、縁壱以外の当時の始まりの呼吸の剣士達ですら誰も赫刀は出せなかったらしい。

ちなみに作中で明言はされていないが、縁壱ですら日輪刀以外の武器を赫刀化させていた描写が無い事から、赫刀は日輪刀(厳密には日輪刀と同じ鉄を使った武器)でしか発現できない様である。
この理由としては、赫刀は日輪刀の鉄の中に含まれる日光の熱を呼び起こす事で発動し、それで鬼の細胞を焼いて再生阻害を行う仕組みだからという説が挙げられている。

また、黒い色の刀も本来は日の呼吸への適性を示す色だったのだが、縁壱の死後に行われた「日の呼吸狩り」の影響でその知識・技術が失伝してしまった為に、黒刀の剣士達は初期の炭治郎のように自分に適していない呼吸や型で暗中模索をせざるを得ず、その素質を発揮できないまま次々と殉職してしまった。これが現在では「黒刀の剣士は出世できない」と言われている原因である。

形状

【なんちゃって講座】日本刀の刀身について


完全な実戦向けとして打たれている為に、鎬造り(しのぎづくりと読み、刃の断面を見ると側面に鎬と呼ばれる角が立つ縦に長い五角形、若しくは六角形の楔の様な形となる造り)が一般的である。波紋が無い様にも見える刀もあるが、基本的には刃と刀身が色違いである事に加え、刀の反りに対して真っ直ぐ焼きが入っている事からも多くは直刃と呼ばれる形式と思われる(波紋によって刀の切れ味が変化する為に、これら素材との兼ね合いの結果の最適解か、単に刀匠の流派がそれなのかもしれない)。 そして後に物語が進むに従って様々な波紋の刀が登場しており、中々に奇異な波紋の刀も登場している。又、作中で登場する日輪刀は、所有する隊士達全員が刃を上にして腰に差していた事から、形式で言うと打刀戦国時代以降、日本刀の主流となる刃渡り60cm以上の刀)となる。
尚、色変わりした刀は性質に多少の差異が生じるらしく、刀を破損した義勇が同じ水の呼吸の剣士の刀を探している描写があり、炭治郎も刀鍛冶の里で縁壱零式の中から見つかった戦国時代の炭治郎のものより遥かに色が濃い黒刀を継承した事で、今まで以上の力を発揮できるようになった。

しかし、刀身以外の外装である拵について、鍔や鞘は個々人の裁量で自由な形状・色合いの物が用いられており、特に柱の中には極めて雅な鍔が嵌められている刀もある。但し、実際の日本刀と比較すると設けられていない部分もあり、柄周りだと目貫、鞘周りだと栗形、下緒、返角等は無い事が殆ど。

さらに最上位剣士である“”は、奇異とさえ言える程に日本刀の範疇から完全に逸脱した専用刀を用いる者も幾人か在席している。また、彼等が使う刀にのみ意匠として、刀の刃元に鬼殺隊の信念と言える『惡鬼滅殺』の四文字を刻む事が許される(これは階級章の役割も果たしている)。

主要隊士の日輪刀


竈門 炭治郞


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼がヒノカミ神楽の使い手である為に刀身の色は黒色で、直刃の刃紋が入っている。拵について、鍔は車輪や太陽を思わせる放射線状の透かしの入った円形。柄は赤い鮫皮の上から黒い柄糸を巻いており、上方と下方は標準的な菱巻だが、中間は片手巻となっている。他にも黒塗りの鞘、銀色の二重鎺や縁頭、鐺等、全体的に黒と銀を基調としている。

霹靂


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼が雷の呼吸の使い手である為に刀身の色は黄色で、稲妻が奔ったかのような刃紋が入れられている。拵について、鍔は四ツ木瓜型。柄は黄色い鮫皮の上から白い柄糸を巻いているが、標準的な菱巻では無く、側面の糸の隙間が三角となる巻き方となっている他、柄頭からは白い紐が付いている。鞘は白塗りでやや角張った形状で、色調としては、全体的に白と黄色を基調としている。

カナヲ


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼女が花の呼吸の使い手である為に刀身の色は桜色。拵について、鍔は白地に花模様が刻まれた丸形。柄は桃色の鮫皮の上から白い柄糸を巻いており、縁頭は黄色い。鞘は黒塗りで、上方に鍔と同様の花模様の意匠が入っている。

玄也生誕祝い!!(実玄)


形状は短めの日本刀(脇差)。もしくは小太刀。
彼には呼吸や剣術の適正がない為に刀身の色は鉄色のまま。拵について、鍔は灰色の武蔵鍔となっており、柄は赤い鮫皮の上から黒い柄糸を巻いている他、縁頭は灰色で、鞘は腰の後ろに付けられている。

義勇さん


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼が水の呼吸の使い手である為に刀身の色は青色。拵えについて、鍔は赤紫色の縁取りが成された亀甲型。柄糸は白く、縁は目立たず、頭は赤紫色で、鞘は黒塗りとなっている。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

煉獄杏寿郎


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼が炎の呼吸の使い手である為に刀身の色は赤色で、刀身には燃え立つ炎のような刃紋が入れられている。拵えについて、鍔や縁頭は炎の意匠となっており、更に柄は白い片手巻で、鞘は檜垣紋様が入っている。ちなみに先代の炎柱である彼の父親が使っていた日輪刀も、彼の物と刃紋から鍔や柄と鞘に至るまで全く同じデザインである。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

時透


形状は一般的な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼が霞の呼吸の使い手である為に刀身の色は白色。拵について、全体的に黒を基調としており、鍔は四角形が重なり合った金色の角型。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

らくがき


形状は一般な日本刀(打刀)。通常の日輪刀と同じ形である。
彼が風の呼吸の使い手である為に刀身の色は緑色で、刀身には渦を巻く風のような刃紋が入れられている。拵について、鍔は風車型。更に柄は中間は標準的な菱巻だが、上方と下方は白い片手巻となっている他、鞘には戦闘で入ったものなのか無数の荒傷が入っている。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

嘴平伊之助


形状は刀身の物打が鋸の様に削られた刀が二振り。鞘は無く普段はサラシ布を巻いている。
この鋸の様に刃毀れした刀身は、鋸引きの如く対象を斬り裂く事が出来る。
彼が獣の呼吸の使い手である為に刀身の色は藍鼠色。拵について、鍔は無く、柄はサラシ布を茎に直接巻き付けただけの簡素な物となっている。

しのぶ


形状は反りが極めて浅く、レイピアに類似した突き専用の細刀。切っ先と鍔元以外は刃引きされている。
刀身内部に藤の花由来の毒液が仕込まれており、敵に突き刺して注入する。一突きで打ち込める量は約50mg程で、からくり仕掛けによって鞘に納める事で毒の調合をする事ができる。
彼女が蟲の呼吸の使い手である為に刀身の色は藤色。拵について、鍔は水色の地に橙色の縁取りが成された蝶の翅型。鎺、縁頭、口金、鐺は橙色、柄糸は緑色となっており、鞘は白塗りで金色の線と花模様の彫りが入っている。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が両面に分けて刻まれている。

宇髄 天元


形状は大包丁に類似した幅広の大刀が二振り。鞘は無く隊服の背中に付いた布を巻いている。
刃側の一部が半円状に切り欠きがあり、二刀の柄元がヌンチャクの様に鎖で連結されており、刀身の大きさと相まって間合いは非常に長い上に、刀身の先端を掴む事で鎖を利用して自由に間合いを変えながら戦える。また、妓夫太郎の噛み付きでも損傷が見られない辺り、かなり頑丈な刀身である。
彼が音の呼吸の使い手である為に刀身の色は橙色。鍔は金色の地に緑色の縁取りが成された四ツ木瓜型。柄糸は赤く、縁頭は金色となっている。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

恋の呼吸


形状はウルミに類似した刀身の長いムチの様な刀。三つに折り畳んで納刀する。
薄刃ながらも非常に折れにくく、新体操のリボンのように変幻自在の斬撃を可能とする。
彼女が恋の呼吸の使い手である為に刀身の色は桃色。拵について、鍔は桃色の地に金色の縁取りが成された四つ葉のクローバー型。柄は緑色の柄糸を標準的な菱巻では無く、側面の糸の隙間がハート型となる特殊な巻き方をしている他、縁頭は金色で、鞘は白塗りとなっている。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

蛇柱


形状はフランベルジュに類似した蛇の如く刀身が波打った両刃刀。拵について、鍔は蛇と南天の図が地透かしされた丸形。柄は紫色と白色の糸を片手巻にしており、鞘は革製で弱めの磁石で止める形で納刀している。
ありえない軌道の剣戟を可能とし、独特な断面で鬼の再生を阻害する。
彼が蛇の呼吸の使い手である為に刀身の色は青紫色。鍔は一般的な円形。
刃元には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

鬼殺隊最強柱


形状は片手用の戦斧と棘付き鎖鉄球。最早刀ではない
多くの陽光が蓄積された極めて高純度な鉄で打たれており、触れるだけで鬼の再生能力を阻害する効果がある。さらに戦斧の斬撃だけではなく、頭部への鉄球の打撃や鎖による頸締めも鬼にとっては致命傷となり、黒死牟ですら鎖部分も「斬れない」と本能的に察する程である
彼が岩の呼吸の使い手である為に刀身の色は灰色。当然ながら鍔は無い。
戦斧の背には柱である事を示す『惡鬼滅殺』の文字が刻まれている。

商品化

『DX日輪刀』

2021年10月31日、バンダイより発売された。
上記の水の呼吸ヒノカミ神楽の呼吸が刀身パーツ交換で再現される。
しかもプリキュアや戦隊の放送内においてCMまで作られているという力の入れっぷりである。

2021年4月24日に胡蝶しのぶverも発売される事が、彼女の誕生日である2月24日に発表された。
2021年7月31日には我妻善逸ver発売。
2021年9月18日には煉獄杏寿郎verが発売



『PROPLICA日輪刀』

2021年2月、同じくバンダイより発売決定。
こちらも主題歌紅蓮華や炭治郎の台詞などが再生可能。対象年齢15歳以上の為に、DX日輪刀以上に忠実に再現していて模造刀のようになっている。

煉獄杏寿郎仕様も発売決定。2021年1月15日に1次予約が開始、20日に2次予約が開始されたがいずれも即完売となった。1次予約は2021年7月発売、2次予約は8月発売予定。
煉獄杏寿郎の台詞や無限列車編の主題歌「炎」などが再生可能。鬼殺モードとうまいモードを搭載。



関連イラスト

水
しのぶ


俺はもう兄弟子と思わない
テメェの頚をォ 捻じ斬る風だァ


蛇柱
ヒノカミ神楽・竈門炭治郎



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 全集中の呼吸 
鬼滅の刃用語一覧
日光  日本刀 

関連・類似武器

ライトセーバースターウォーズ)…近年、所有者の素養によって刃の色が変化する設定に変更された。主な色は青、緑、紫、赤など(一度色が決まったら原則として色が変わらない点も同じ)。また身体能力や知覚のブースト法と様々な剣術の型を駆使して戦う」「刀身の素材(ライトセーバーの場合は刀身を生み出すクリスタル)を使用者自身が選ぶ決まりがある」などの共通点もある。

斬魄刀BLEACH)…「虚」(所謂、悪霊)を斬り、浄化する能力を持つ刀。通常は日本刀の形をしているが、所有者の素養によって斧やモーニングスターなどに形状が変わる。

聖剣仮面ライダーセイバー)…全部で十一()の属性に分かれ、それぞれ素質のある者に適した聖剣が組織から授与される。実際には聖剣が持ち主を選んでいる為にその点では日輪刀とは逆の性質を持つ。大部分が剣として一般的な形状をしているが、中には手裏剣や双剣などに変形する特殊なケースも存在する。また五大流派のようなポピュラーな属性はともかく、の剣士が共通して存在する、の類似した属性の剣士がいる、闇の聖剣の名前にの字が入るなど共通点が多く、ファンの間では実際に鬼滅が全体的なイメージモデルとなっているのではないかと言われている。

関連記事

親記事

鬼滅の刃用語一覧 きめつのやいばようごいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日輪刀」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「日輪刀」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5640312

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました