ピクシブ百科事典

岩の呼吸

いわのこきゅう

岩の呼吸とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する全集中の呼吸と戦闘技法の一種。 五大流派と呼ばれる基礎流派の一つである。
目次[非表示]

行冥「我ら鬼殺隊は百世不磨 鬼をこの世から屠り去るまで…」

概要


鬼殺隊人食い鬼と戦う為に編み出した、一度に大量の酸素を血中に取り込むことで瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す全集中の呼吸の一つ。呼吸は師である育手もしくは剣士自身の我流により、様々な種類が存在する。

対応する日輪刀の色は灰色で呼吸音は「ゴウゴウゴウン」。使い手が“”に就任した場合の肩書は岩柱
珍しく特筆した技のエフェクトが出ない。

その名の通りのような堅い防御と、筋力に物を言わせた荒々しい戦闘法が特徴の攻めと守りの両方に特化した型で、足さばきや体さばきによって技の威力を底上げする他の呼吸法と違い、シンプルに筋力による力でゴリ押すという、単調であるが故に弱点の少ない呼吸である。しかし、前提として使い手には圧倒的な筋力が求められる為に、五大流派の中でも使い手の数は最も少ない。
また、一つの流派として堅実に完成されている為に、派生した呼吸の数も最も少ない。

作中の使用者である悲鳴嶼行冥は、基本的には鬼狩りの『剣士』が主に日本刀を主要武器とした剣技として使用するのに対して、棘鉄球が鎖でつながれた手斧という、兎に角攻撃力と殺戮能力に長けた武器を使っている事も特筆するべき点。このような武器を使っている為に、厳密には彼の使う岩の呼吸は元の岩の呼吸をベースに、彼自身に適した形にさらに発展させて体得したものだと思われる(実際に、壱ノ型の「双極」など彼の武器をモチーフにしたと思われる名称が、型名についている)。

また岩の呼吸の極意として、筋力の向上、または正しい呼吸と"反復動作"をあわせ爆発的な力を引きだすことが肝心とされる。"反復動作"とは、全集中とは異なるもので、全集中を使用できないものでも使用可能。全ての感覚を一気に開く技であり、これにより心拍と体温を上昇させいつでも一瞬で集中を極限まで高めることが可能となる。"反復動作"は行冥と玄弥の場合念仏だが、方法は人により異なる。


型一覧

  • 壱ノ型 蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)

手斧と鉄球の両方を錐揉み回転させつつ同時に敵へ放つ。
蛇紋岩とは変成岩の一種であり、文字通り表面に走る蛇のような模様が特徴。

  • 弐ノ型 天面砕き(てんめんくだき)
敵の頭上へ鉄球を放った後、鎖を踏みつけて鉄球を落下させることで相手の頭を粉砕する技。鎖を踏むことで攻撃の速度を上げ、技の威力も高めている。

  • 参ノ型 岩軀の膚(がんくのはだえ)
鎖斧の刃と鉄球を自身の周囲に振り回し、敵や攻撃を薙ぎ払う攻防一体の技。

  • 肆ノ型 流紋岩・速征(りゅうもんがん・そくせい)
鉄球と手斧を振り回して周囲一帯に縦横無尽に攻撃を与える。後方に鎖を靡かせることで、不意打ちの攻撃から身を守ることもできる。
流紋岩は火山岩の一種で、表面に流れるような縞模様が存在する。

  • 伍ノ型 瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)
跳躍した後、地上4箇所に鉄球と手斧を連続で放って攻撃する。空中から勢いよく振り下ろすことで、武器の重さと反動を利用し技の威力を高める。

主な使用者


その他、黒死牟の回想の中で悲鳴嶼と同じ数珠を身につけた鬼狩りが登場しており、ファンの間では岩の呼吸の使い手ではないかと言われている。
ただし、その鬼狩りの持っている武器はもしくは多節棍(連載版のみ。単行本では武器は見切れている)のようなものであり、悲鳴嶼の使用する鎖鉄球とは異なるが、刀では無いという点は同じである。上記の通り、圧倒的な筋力でゴリ押すタイプの流派なので、元々刀以外の武器にも対応させやすい流派である可能性は高い。

源流

????


余談

『公式ファンブック鬼殺隊見聞録・弐』の斬られ心地取材では、岩の呼吸は「漏らした怖すぎて」「泣きたいのはこっちなのに向こうが泣いてるから混乱した」「あんな武器見たことないし、ゴウンゴウンしてた」「仁王像を彷彿とさせる……」だそう。
岩の呼吸というよりは、悲鳴嶼本人に対しての感想が多め。

関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 鬼殺隊士 
日輪刀 全集中の呼吸 痣者 
日の呼吸 岩柱 岩師弟  

関連・類似項目

  • 雷の呼吸炎の呼吸…どちらも「脚を止めての強力な攻撃」が多用されており、類似点が多い呼吸。

関連記事

親記事

全集中の呼吸 ぜんしゅうちゅうのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「岩の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17994

コメント