ピクシブ百科事典

水の呼吸

みずのこきゅう

漫画『鬼滅の刃』に登場する能力・技術である『全集中の呼吸』の流派の一つ。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊が、人食い鬼と戦うために編み出した、一度に大量の酸素を血中に取り込むことで瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す全集中の呼吸の一つ。呼吸は師である育手もしくは剣士自身の我流により、様々な種類が存在する。

水の呼吸の型は、その名の通りどんな形にもなれるのように変幻自在な歩法が特徴であり、それによって如何なる敵にも対応できる。また、後述でも説明するが(現在のところ)各流派の中で唯一鬼に苦痛を与えず安らかに死なせる技が存在しているのも大きな特徴。
多くの流派の基礎となっている五つの呼吸の一つで、流派の中では炎の呼吸に並んで歴史が古く、いつの時代にも必ず“”が存在しているという。
炭治郎が師の鱗滝から聞いた話では、技が基礎に沿ったものであるため派生した流派も多いとのこと。

因みにアニメでは、実際に刀から浮世絵のような水流が発生してるかのように描かれており、この表現がファンの間では物凄く格好いいと話題になった。
特に生生流転(だと思われる型)などは、炭治郎の刀を振る動きに比例して、水龍がかなりカッコ良く動いていた

剣技一覧

  • 壱ノ型 水面斬り(みなもぎり)

クロスさせた両腕から勢い良く水平に刀を振るう。跳躍状態でも高い威力を持つ基本技。

  • 弐ノ型 水車(みずぐるま)
垂直方向に身体ごと一回転しながら斬りつけることで、広い範囲の敵を攻撃可能。大型の異形鬼にも有効。
  • 参ノ型 流流舞い(りゅうりゅうまい)
水流のごとく流れるような足運びによる、回避と攻撃を合わせた技。
  • 肆ノ型 打ち潮(うちしお)
淀みない動きで斬撃を繋げる。複数の対象の頸を斬り落とすことも可能。
  • 伍ノ型 干天の慈雨(かんてんのじう)
相手が自ら頸を差し出して来た時のみ使う慈悲の剣撃。斬られた者に殆ど苦痛を与えない。現在のところ他の流派には見られない鬼に情けをかける唯一の技である。
  • 陸ノ型 ねじれ渦(ねじれうず)
上半身と下半身強くをねじった状態から、勢いを伴って繰り出す斬撃。水中でこそ本領を発揮でき、発生させた渦は鋭い水刃となって周囲全てを切り裂く。また、近距離ながらも全周囲防御としても活用可能。
  • 漆ノ型 雫波紋突き(しずくはもんづき)
全ての水の呼吸の技の中で最速の突き。鬼の頸を斬り落とすには向かないため、牽制または迎撃用。
  • 捌ノ型 滝壷(たきつぼ)
怒涛の勢いと共に上段から打ち下ろす。威力、攻撃範囲ともトップクラス。
  • 玖ノ型 水流飛沫(すいりゅうしぶき)
動作中の着地時間・着地面積を最小限にし、縦横無尽に駆け巡る事を可能とする歩法。足場の悪い場所での戦いに適している。
  • 拾ノ型 生生流転(せいせいるてん)
うねる龍の如く刃を回転させながらの連撃。一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目の威力が上がっていくため、事実上水の型で最強の技だが、充分な威力を引き出すためには相応数の連撃が必要となり、この技の使用中は水の型の特徴である変幻自在の歩法が使えなくなるなど、デメリットも大きい。

使い手


派生

花の呼吸

蛇の呼吸


関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊
全集中の呼吸

トキ(北斗の拳):攻撃を水の様に受け流す「柔の拳」を得意とし、伍ノ型の様に苦痛を与えず安らかに殺す「北斗有情拳」を扱う。

関連記事

親記事

全集中の呼吸 ぜんしゅうちゅうのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354607

コメント