ピクシブ百科事典

錆兎

さびと

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」の登場人物。主人公・炭治郎の兄弟子。
目次[非表示]

CV:梶裕貴

概要

竈門炭治郎と同じ水の呼吸の使い手。鱗滝左近次の弟子。年齢不詳。
宍色の髪を持つ謎の少年。普段は鱗滝の作った厄除の面で素顔を覆い隠しており、口元から頬にわたって大きな傷がある。
炭治郎が"最終選別"で生き残れるよう、真菰とともに指導した。

人物

鱗滝の無理難題にくじけそうになっていた炭治郎の元に現れ、厳しい口調で指導を行う。「男」であることに強いこだわりと誇りを持っており、直接口に出すことで炭治郎が戦意を消失することを防いでいた。木刀でも非常に強く、炭治郎が自らに勝てるまで半年、真剣を使用することなく炭治郎の鍛錬を行った。
真菰とは兄妹ではなく、孤児であったところを鱗滝に拾われており、鱗滝を尊敬している。
厄除の面には彼の外見と同じ傷が刻まれていて、彼の姿勢がうかがえるような表情をしているように見える。
同じ水の呼吸の使い手である冨岡義勇とは、何故か着物の柄が同じである。

正体

ネタバレ注意






実は既に亡くなっている、故人
炭治郎に剣術を指導していたのはとなった姿だと推測される。
"最終選別"において鱗滝に深い恨みを持つ鬼と戦い、頸を斬り損ねたところで刀が折れてしまい、そのまま頭を握り潰され、絶命。
自分が最終選別に合格できずに命を落とし、鱗滝の元に帰れなかった無念から炭治郎が同じ轍を踏んでしまうことのないように厳しく剣術を指南したのであった。

炭治郎が最終選別で鬼を斬り、滅した後、真菰を含む他界した他の鱗滝の弟子と同様に、魂だけになろうと、帰るという約束通り鱗滝の待つ故郷の狭霧山に帰還した。


更にネタバレ









実は冨岡義勇と錆兎は、同じ時期に鱗滝左近次に入門した同期である。

共に鬼によって家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に引き取られた。同い年の13歳であった二人はすぐに仲良くなり、最終選別を通るために稽古に励んだ。

そして運命の最終選別のとき、錆兎は手鬼と戦い、命を落としてしまう。
冨岡が炭治郎に語った最終選別のあの日、あの年の選別で死んだのは錆兎一人だけであるが、それは錆兎が藤重山に放たれた鬼たちを殆ど一人で倒していたからである。
だが、それにより刀が摩耗していたため、手鬼との戦いで刀が折れてしまい、その隙を突かれ亡くなっていたのだ。
錆兎を亡くし、何もしていない自分が最終選別に合格し鬼殺隊に入隊できたことを冨岡は非常に悔恨している。
前述した冨岡が錆兎と半分同じ模様の羽織を羽織っているのは友の死、悔やんでも悔やみきれない想い、無力だった自分を忘れないためと思われる。

関連タグ

鬼滅の刃 竈門炭治郎 冨岡義勇 鱗滝左近次 真菰

関連記事

親記事

水の呼吸 みずのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「錆兎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227571

コメント