ピクシブ百科事典

冨岡義勇

とみおかぎゆう

漫画『鬼滅の刃』の登場人物。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊の隊士。隊の中では“柱”と呼ばれる最上級剣士。
物語開始時19歳→再登場(炭治郎が鬼殺隊入隊後)21歳。炭治郎が初めて出会った鬼殺隊士である。

鬼と化した禰豆子炭治郎を襲う現場に現れ、問答無用で禰豆子の首を刎ねようとしたが、自分と刺し違えてでも妹を守ろうとする炭治郎と、その兄を庇う禰豆子の姿を見て、刀を引いた。そして炭治郎に鱗滝左近次の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示した。

人物

物語開始時にはすでに日輪刀に『悪鬼滅殺』の意匠が刻まれていたことから、この時点で最高位たる“柱”の座についていたことがわかる。
眉目秀麗にして冷静沈着。さらには十代にして“水の呼吸”を極めた“水柱”としての優れた剣技を有する、絵に描いたような完璧な青年。
……なのだが、同格の“蟲柱”胡蝶しのぶには『天然ドジっ子』と認識されていたり、「嫌われ者」と指摘されて静かにショックを受けたり、那田蜘蛛山では部隊で来ていたのにさっさと単独行動を取るなど、面倒くさいところもある。基本的に説明という行為を省き、口喧嘩をすぐに切り上げるところから、寡黙というよりも実は口下手のようで、“柱”の中では指揮官としての適性は高くない部類。
劇中で明言はされていないが、鱗滝左近次を育手(師)としていると考えられ、使う技(後述)も炭治郎と同じである(つまり、兄弟子に当たる)。
鱗滝老に炭治郎を紹介した手紙には、「“突破”して“継ぐ”事ができるかもしれません」としたためてあったため、炭治郎には厳しい態度で接しつつも、その強い意志力を認め(最終選別を)突破して“継子”と成るに足るものを感じていたようである。

心の芯には優しさが満ちているのを行動の端々に感じさせるが、炭治郎の境遇に『わかるよ』と心の中で応えていたことから、近しい者を鬼に殺められた過去が推察され、多くの鬼殺隊士がそうであるように、鬼に対しては一滴の慈悲も見せない。

能力

身体能力

鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「全集中の呼吸法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。

全集中 水の呼吸

著しく増強させた心肺により、一度に大量の酸素を血中に取り込むことで、瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す“全集中の呼吸”を用いて鬼の頸を狩る。
義勇は炭治郎と同門と考えられ、同じく“水の呼吸”を扱う。

  • 壱ノ型 ~ 拾ノ型
詳細は炭治郎の項を参照。
鱗滝が教え子の剣士に伝え、継承させる技。ただし、一般隊士である炭治郎と柱である義勇では、同じ技でも鋭さと疾さが桁違いであり、全てが必殺の威力を誇る。
  • 拾壱ノ型 凪
義勇が編み出した独自の技。抜刀しての自然体から無拍子で繰り出される、無数の斬撃。刀の届く範囲内に入った対象を、縦横無尽に斬り刻む。
間合いの全てを無に帰す事から、無風の海面を意味する凪の名を持つ。

装備

鬼殺隊士として、日輪刀と隊服を支給されている、

日輪刀

太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から打たれた刀であり、日光を浴びる事以外は基本的に不死身である鬼に対して、その頸を斬る事で“殺す”事ができる唯一の武器。
柱に与えられる日輪刀には、刃元に“悪鬼滅殺”という四文字の特別な意匠が施される。
別名“色変わりの刀”と呼ばれ、持ち主によって刃の色が変わる。義勇の刀の色は深い水色で、彼が“水の呼吸”に高い適性を有している事を示している。
鍔の形も各々であり、亀甲を思わせる六角形をしている。

隊服

背に“滅”の字が描かれた、黒い詰襟
特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。
義勇は詰襟の上から、右半分が無地・左半分が亀甲柄の羽織を着用している。なお、このような柄は正式には実在せず、伊之助が「半々羽織」と呼びつけていたため作中世界でもかなり珍しいようである。

関連タグ

鬼滅の刃 竈門炭治郎 竈門禰豆子 鱗滝左近次
鬼殺隊 胡蝶しのぶ

pixivに投稿された作品 pixivで「冨岡義勇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 444527

コメント