ピクシブ百科事典

土方十四郎

ひじかたとうしろう

漫画『銀魂』の登場人物。
目次[非表示]

『惚れた女にゃ、幸せになって欲しいだけだ』

『真選組局中法度に 最後の一条を加える
今迄命を懸け守り続けてきた 46条の法度
たとえそれら全ての禁を犯す事になろうとも、生きろ』

『悪ガキが、罪人見捨てたらシメーだろうが』

『マヨネーズが足りないんですけどォォォォォ!!!!!』

概要

年齢27歳
身長177cm
体重64kg
誕生日5月5日
血液型A型
声優中井和哉
実写版キャスト柳楽優弥


真選組副長。
鬼の副長」、「真選組の頭脳」と呼ばれ恐れられている、真選組のナンバー2。
ちなみに没デザイン(初期土方)は、目の死んでいない銀時そのものであった(凛々しい目つきをしており、前髪は横分け)。初期設定での主人公だった。

人気投票は第一回/第二回3位、第三回/第四回2位。
10周年企画「第1回表紙登場権争奪『銀魂』オールキャラ総選挙」では見事1位に輝いた。
(本誌表紙における銀時の隣を決める選挙であったため、銀時は不参加。)

名前の由来は、新撰組副長 土方歳三から。

性格

人一倍プライドが高く、クールな性格。作中キャラの中では常識派でツッコミ担当。
真選組一のモテ男だが、瞳孔が常に開き気味である。戦闘時も手放さないくらいのヘビースモーカーで、禁煙条例が出された際には宇宙にまで煙草を捜しに行った程。

ゲームは根っからの弁天堂派で、マリオファン。
また、ジャンプ漫画のキャラでありながら週刊少年マガジンの愛読者で、一昔前のヤンキー漫画を好み、局中法度にも「屯所内でマガジン以外の漫画を読んではいけない」という明らかに公私混同としか思えない条文までもうけている。

上にも下にも問題児を抱えているためフォローが上手く、「フォロ方十四フォロー」と呼ばれるほど。

真選組の中で唯一「トイレに行った後、手を洗う」ので、割と清潔である。
涙脆い面もあり、「となりのペドロ」を観て泣いたこともある。
監察方である山崎退に対する扱いはかなり乱暴かつ理不尽。イボ篇では見事に逆襲されていたが。

新八とはツッコミキャラ同士ということでけっこう仲が良いが、土方がトッシーやマヨキャラを出し始めたことを嘆いていた(新八も職務放棄することが目立ち始めたが)。

(食の)趣向

極度のマヨラーで、これ以上に美味いものはないと考えているだけでなくとりあえず何にでもかければ良いと思っている。その食癖は「犬の餌」と称され、本人も一応「ゲテモノ」の類だと自覚しているが…。

大抵の場合、土方スペシャルと称して元の食べ物が見えなくなるまでマヨネーズをかけ続け、被害を受けた丼物は最早特大のソフトクリームなどにしか見えない。マヨネーズに対する愛着はもはや食べ物や趣向品の域を越えており、飲み物までマヨネーズになっているばかりか、摂取しないと中毒症まで引き起こす始末。当然ながらスマホの待ち受けはマヨネーズで、(脂身だけに火力がある?のか)ジッポーもエネルギーバズーカもマヨネーズ型。三途の川は、マヨネーズラインとなる。

味覚に関しては、同じ理由で命の危険に晒されている銀時ですらまともに見えてくるレベルでぶっ飛んでおり、さらに性質が悪いことに自らの趣向を他者にも押し付ける悪癖がある。場合によっては、明らかにされた側が体調を崩すレベルまでやらかす。例を挙げれば、

  • 飢えた野良猫(&野良猩々)にマヨネーズをやろうとする
  • 警察犬の嗅覚捜査の特訓の対象は全てマヨネーズ
  • 怪我人の口に直接(しかも大量に)注入する(嫌がらせを兼ねて)
  • 病人への差し入れ?を目の前でマヨ丼にする
  • カブトムシを捕まえるためにマヨネーズを木に塗ったりする
などなど。

なんと鼻からも通常通りに摂取できる。

また、アニメではマヨネーズ工場に行きたいがために全隊士にマヨネーズの大量消費を義務付けるという明らかに公私混同な行為を犯した(この時の徹底ぶりは半端ではなく、シャンプーや生活用水、歯磨き粉までもがマヨネーズに差し替えられており、体調不良を訴える隊士が続出した)。
当然、不摂生極まりない食生活であるのだが、普段から鍛えているのが幸いしてか、そのままの身体を維持している。しかし、ある事件にて、やはり問題的であった事が証明されてしまう事に…。まあ、日頃の運動量の賜物か、死なないだけでもラッキーではあるが。

食事ではないが、タバコに関しても、禁煙状態になると極めて情緒不安定で危険人物に成り下がるほどのヘビースモーカー。

なお、途中から電池が趣向対象になったと思われる時系列が存在し、その時の食事にはマヨネーズをかけておらず死後の棺桶は電池で埋められていた

来歴

土方家の妾の子として生まれる。遊び人だった父の死後に存在が発覚し、土方家に引き取られ長男の為五郎に可愛がられていた。しかし、11歳の時に村が大火にあった際に暴漢に襲われ、かばった為五郎が目を負傷し失明。怒りのまま暴漢達に向かっていって倒したが、直後家を出る。その後、バラガキと呼ばれ暴れていた時代に近藤と出会い、同門の弟弟子となる。

兄弟子(年は10歳くらい下だが)である沖田総悟の姉・ミツバと両思いであったが、彼女の幸せのために身を引いた。ちなみにシスコンだった沖田からはかなり忌み嫌われており、この時からいじられ倒されていた。行き場のない自分を拾ってくれた近藤を心から慕っており、「真選組の魂」と呼ぶほど。

また銀時とはライバルの様な関係で、何かと張り合うことが多い。
が、結構共通点も多い「似たもの同士」。

真選組解散後は同心・小銭形平次の下で働いていたが、近藤が幕府軍に処刑されることを知り真選組残党や万事屋と協力してこれを奪還に向かう。
これにより、幕府との決定的な別離を表明することとなった。

作中での実力

真選組内でも指折りの実力者であり、テレビや金属製のシャッターをぶった切ったり、ヘリコプターに飛び乗ってローターを叩き斬ったり、竹刀での喧嘩とは言え背後から襲いかかった沖田を返り討ちにするなど優れた剣技を有する。戦闘には基本的に剣一本で立ち向かうが、ミツバ編では攘夷浪士に対しジャスタウェイで攪乱を行うなどのトリッキーな戦術を見せた。

また、万事屋が無月化、近藤が黄金大猿化、お妙がそれを瞬殺するどどん波を会得していた際には、土方はマヨネーズを影分身させる術も習得していたらしい。

トッシー

真選組動乱篇で妖刀の呪いによって誕生した土方の別人格。
詳しくは当該記事を参照。

余談

3年Z組では、風紀副委員長を務めている。
本編同様、マヨラーぶりは変わらない。

柳生編や人気投票編ではさんざん某奥州筆頭ネタ(中の人繋がり中の人ネタ))で弄られ、
そしてホスト編(仮)にてついに「レッツパーリィ」と言ってしまった。

イボ篇では何故かお妙との間に子供(V字前髪)ができていた
そして、それを見た近藤が闇堕ちした

ちなみに、未来では遺影が登場しており、口髭を生やした伊達雄になっていた。

色恋沙汰について

山崎いわく初心らしい
しかし、本人は全力で否定している
(ただ、そうじゃない。と明言はしていないため
理解してなお、否定しているのかもしれない)

沖田ミツバに対しては恋愛感情を抱いていた

・ミツバに顔を見られて赤面する

・蔵馬の家で寝込んでいたミツバを横目で見る

・ミツバを「惚れた女」と称している

・ミツバの死に涙を流しながら「辛ぇ」という

上記にあるように
作中でミツバに好意を抱いている事は示されているが
本人は「惚れた女にゃ 幸せになって欲しいだけだ」
と言っていて、血の中で生きる自分が彼女と生きる事は出来ないと思い
武州時代に彼女に想いを告げられた時もあえて冷たく突き放している。
しかし、ミツバの弟である沖田総悟に劣らぬほど、彼女の事を大切に想っていたのは明らかであるため
ファンからは「ミツバさんには死んでほしくなかった」という声がよく聞かれる。
作者も
「最期にもっと2人を会わせてあげたほうが良かったかな」
ちょっとした後悔の言葉が漏れている

ミツバ篇では
死に際の彼女に会わずに、屋上で
「辛ぇ…辛すぎて涙出てきやがった 辛ぇ…」
と激辛せんべいを土方が頬張る場面が最後にある
一見、「からい」とせんべいの味について言っているようだが
辛いという時は「つらい」とも読めるため
ミツバの死に対しての悲しみを表している
というのは、銀魂ファンにとっては周知の事実である
このようにミツバ篇は土方とミツバのあまりにも切ない悲恋とともに
総悟の姉を慕う気持ち真選組の絆など
様々なことが記されている涙腺崩壊ストーリーである。

このようにミツバに対しては深い好意を抱いていたが
銀時などの他の銀魂男性陣の中では女性に紳士的な性格である
(時と場合によるが)
松平くりこに迫られた時は
かなりふざけた考えでかわし続けていたが
最後にくりこに頰にキスされた際には目を見開き、ある程度の動揺を見せているため
この手のクールキャラに多い色恋に動揺しないタイプではない様子。

またキャバクラに行くとかなりモテる
真選組一のモテ男というのは伊達じゃなく
本人の残念な部分を知らない女性には比較的モテモテである。
よく女性に関する豆知識を話しているが
武州時代から今にかけて女性と関わる機会があったかは微妙である。

しかし
ミツバの一件があるため
一部のファンに期待されている他のキャラクターと違い
決戦終了後に所帯を持つ可能性はかぎりなく低いと考えられる。

また、女に甘いところもある。
代表例として柳生篇内において、柳生九兵衛と対峙した際に
持ち前の勘で九兵衛が女であること察知した途端に攻撃するのを躊躇ってしまった。
そのため九兵衛から「疲労と呼吸の乱れ以前に剣に迷いがある」と指摘され、馬鹿にしているのかと言われてしまう。

「誰が相手であろうと目の前の敵をある倒すまでだ」

と気を改めるも、
結局、前の柳生四天王の一人との対決の疲労と女である事実がちらついたためか
敗北してしまう。


やはり頭のどこかに
女は男とは違う女は殴ってはいけないという考えがあるのだろう。
現に子供(家族同然の存在である愛ゆえに…)だとはいえ神楽に対して殴る・蹴る・叩くを容赦なく行う坂田銀時に比べ
女性に手をあげるシーンが限りなく少ない印象が強い。


関連イラスト

土方さん(血注意)
◇


バラガキ待機


武州時代

きみがいた夏
ポニ方。



関連タグ

銀魂 真選組 武州 沖田ミツバ 土方為五郎 土ミツ
トッシー ポニ方 多串君 マヨラ13 バラガキ マヨラー
初期土方 デコ方 土方スペシャル ライバル 残念なイケメン
X子

他の漫画・アニメとのコラボタグ

中井兄弟

他の記事言語

Toushirou Hijikata

以下ネタバレ



































最終決戦から2年後。
桂が実権を握ったことで田舎に左遷された。
左遷された先が松下村塾があった地域で銀時と高杉の戦いに介入し、銀時を連行した。
この騒ぎをきっかけに新たな戦いにかかわっていくこととなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「土方十四郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83317158

コメント