ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

年齢20代(推定)
身長168cm
体重43kg
誕生日5月26日
一人称
声優島本須美
演者北乃きい


人物

ミツバ篇』にて登場した、沖田総悟の実姉。武州の出身。
弟とは正反対の性格の持ち主で、極めておしとやかな大和撫子。両親を早くに亡くしたため、女手一つで弟を育てた。そのため総悟は「姉上」「おねーちゃん」とミツバを非常に慕っており、彼女の前では頭が上がらず一人称が「僕」になるなど、普段の素行からは考えられない程、極めて大人しい良い子(言いかえれば重度の「シスコン」)になる。ただし、ミツバ当人は弟の二面性を把握していた。
面差しは総悟によく似ている。正式な年齢は公表されていないが、過去の描写からおそらく土方近藤らと同年代と思われる。

超が付くほどの辛い物好きで、チョコレートパフェタバスコを一本丸ごとかけ、また真選組には激辛せんべいを毎月送っていた(隊士曰く「辛すぎて食べられない」と評判は芳しくなかったのだが、なんと実際に商品化された)。

総悟が土方の命を狙うようになったのは、土方が姉の想いを拒んだ事で、土方に対し複雑な葛藤を抱くようになったからであるが、その一方でミツバを振った土方の真意も全て理解していた。ミツバは肺を患っており、総悟は給料を姉の治療に費やすなどしていたが、総悟曰く「もう長くはない」病状。江戸に来てからひょんなことから総悟を介して知り合った銀時とも親しくなる。しかし銀時との会話中に容態は悪化。最期は総悟に「自分は十分幸せに生きれた」「あなたは私の自慢の弟」と伝え、最愛の弟に看取られながら安らかに息を引き取った。

モデルは沖田総司の実姉・沖田みつ
病弱であったとされる沖田総司の事情は、彼女に受け継がれたと思われる。

人望

あの少しひねくれた性格の持ち主である総悟(弟)や暑苦しい血気盛んな真選組隊士達から慕われるほどの良い性格。
(しかし、弟に似て隠れドSな一面も)

銀時土方には揃って良い女と評価されている。
(ただ、土方は味覚以外はと付け加えている。劇物を生み出した男が言えることでもないだろうに………)

彼女が登場するエピソードは長編ではないものの、屈指の涙腺崩壊エピソードとして評価が高い。
そのため、『銀魂』の実写映画化に伴い、dTVにてこの『ミツバ篇』が独占配信される予定のドラマ版に選ばれた。
人気投票の順位は、第二回は20位、第三回は22位、第四回は28位。
ゲストキャラかつ故人でありながらも大健闘をした。

余談

作者は声優へのリクエストをあまり出さないが、ミツバについては「ナウシカみたいなお姫様がいいけど、そんな凄い人は銀魂に出ないだろう」と返したところ、本当にナウシカ役本人がキャスティングされたとのこと。

なお、沖田が土方に対して敬語を使うようになったのは、ミツバがそうするよう彼に諭してからである(単行本63巻の質問コーナーより)。ただし、土方からは「あんま変わってねえけど」と突っ込まれている。


関連イラスト

「 帰りたくなったよ 」
思い出の輪郭


急いで描いた
ミツバ



関連タグ

銀魂 真選組 沖田総悟 土方十四郎 武州 ミツバ篇
大和撫子 辛党 佳人薄命

個別タグ

目からタバスコ ミツバさんマジ天使

コンビタグ

沖田姉弟

カップリングタグ

土ミツ公式カップリング

関連記事

親記事

武州 ぶしゅう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「沖田ミツバ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「沖田ミツバ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9803359

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました