2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

真選組副局長・土方十四郎沖田総悟の姉・沖田ミツバカップリング

二人は土方らが江戸に上京する前にいた武州で知り合い、互いに好意を抱くようになる。

武州時代にミツバは土方に対し思いを告げており、またアニメでは土方がミツバに見つめられて顔を赤らめているシーンもある。

ミツバ篇の時点でも、江戸に上京したミツバが土方に会いたがっていたり、
土方のほうも敵との戦いのさなかに
「惚れた女にゃ、幸せになって欲しいだけだ。」
とミツバの幸せを願っていることを明かしている。

同篇終盤、ミツバの死に際に立ち会いこそしなかったが、屋上で土方が独り激辛せんべいを食べ、
「辛ェ… 辛すぎて涙出てきやがった 辛ェ」
と呟き、涙をこぼす場面がある。
「辛い」という字は「からい」だけでなく、「つらい」とも読めることから二つの意味を含ませているのでは、という説はファンの間で有名なようだ。

上記の場面などから、土方がミツバのためを思い彼女の気持ちに応えなかった過去があるとはいえ、この二人は両思いであったことがうかがえる。
そのため悲恋ではあるものの『銀魂』内では珍しい公式カップリングである。

ミツバが登場したのは原作で129〜132訓、アニメでは85話のラスト〜87話のミツバ篇のみだが、銀魂のカップリングの中でもファンは多く、ミツバには死んでほしくなかったという声も多い。
作者「最期にもっと2人を会わせてあげたほうが良かったかな」と漏らしている。

原作の内容から、土ミツ関連の二次創作は切ないものが多く、またミツバが生きていると仮定したものもよく見られる。

また、最終章徳川喜喜アルタナ解放軍の穏健派提督・紫雀との会談前の食事で神楽が今までの所業に対する仕返しと言わんばかりに喜喜の食事のコロッケにタバスコマヨネーズを大量にぶちまけるシーンがあり、その組み合わせから土ミツ(または土方と沖田)を連想したファンが少なからずいた模様(喜喜は(その後見事に腹を下したものの)タバスコとマヨネーズまみれになったそのコロッケを見事に完食している)。

関連イラスト

土誕
「いってらっしゃい」


無題
雪解けは遠く


武州時代の土ミツ

人を斬る以上に神経を使うこと
土ミツ


3Zの土ミツ

【土ミツ】始まりは些細なこと【学パロ】
この恋のはじまりは...



関連タグ

銀魂 土方十四郎 沖田ミツバ
NL 銀ノマ トシミツ ミツバ篇

関連記事

親記事

銀ノマ ぎんのま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18382872

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました