ピクシブ百科事典

銀ノ魂篇

しろがねのたましいへん

銀ノ魂篇とは、漫画「銀魂」の長篇名である。物語の最終章に当たり、恐らくこの長篇をもって銀魂の連載が終了するものと思われる。
目次[非表示]

依頼内容はただ一つ。
侍(オレたち)の国を取り戻す。侍(オレたち)みんなで───

概要

烙陽決戦篇の直後に続く長篇にして、銀魂の最終章。

元々銀魂は将軍暗殺篇以降これまでとは一線を画した超シリアス展開が続き、物語上重要な伏線の回収が相次いでいたことから、連載終了を予期するファンは多かったが、2015年のジャンプフェスタで原作者直々に
「本誌も今はシリアスモードで、今やっている新八のツッコミ喪失篇の後、来年から始まるシリーズが、銀魂の最終章になると思います」
というコメントが発表されたことで、銀魂の連載終了が間近に迫っていることが決定的となった。当然ファンの間では嘆き悲しむ声が多々上がった他、あまりシリアスを好まない原作ファンからは「連載終了までにもう一度ギャグが見たい」と願う意見も相応に見られた。
そんな中、第595訓まで続いた烙陽決戦篇でこれまで謎に包まれていた神楽一家の過去の因縁に一定の決着が付いた事や、あのキャラの正体や真の目的、倒すべき存在が明らかになった上で、遂に第596訓にてこの最終章に突入した。

ただし前述のジャンプフェスタにて原作者はコメントで
「最終章と言っても、まだ回収していない伏線、松陽先生のこととか、ロジャーの財宝のこととか、クインシー達のこととかまだやってない話がたくさんあるので、少なくとも杉田さんの頭髪がハゲるまでは終わらないと思います。最終篇にはなりますが、新八のツッコミも、神楽のふてぶてしさも、銀さんの死んだ魚の目も、必ず戻ってきます。これからも、銀魂と、杉田さんの毛髪をよろしくお願いします」
としているため、実際の所いつ銀魂が終わりを迎えるのかは定かではない。

関連タグ

銀魂 銀魂長篇一覧 烙陽決戦篇 万事屋
坂田銀時 志村新八 神楽 定春 今井信女
徳川喜喜 桂小太郎 坂本辰馬



あらすじ(以下ネタバレ注意)








突如天空からの砲撃で破壊されたターミナル。その日を境に地球に暮らす人々の日常は急変した。
天導衆からのアルタナの解放を謳う各星間国家の連合軍「アルタナ解放軍」の襲来、その先兵による横暴極まりない破壊と強奪の数々。それらは全て、自身や天導衆を餌に地球それ自体を滅亡させることを図ったの策によるものだった。
そんな中、荒れ果てた「万事屋銀ちゃん」の事務所に依頼書を託し、信じ待っていた。彼らが帰還するその時を。

やがてアルタナ解放軍の魔の手が遂に万事屋やスナックお登勢にまで迫ったその刹那、遂に銀時らが帰還。彼らを先頭に、かぶき町を挙げて解放軍を一時的に撃退することに成功する。
一方その頃、烙陽決戦篇にて快援隊の元に軟禁状態に置かれていた喜喜は、解放軍の横暴を止めるべく、自身が幕府代表として解放軍の上層部と交渉にあたることを自ら提言。坂本と共に行われた交渉は(一応)成功し、解放軍上層部との間に一定の信頼関係を築くことに成功する。

しかしそんな彼らを嘲笑うかのように、虚は奈落の戦闘員に自らの血を与え不死者の軍団を築いていた。更に彼らを使って解放軍の構成員を奇襲し、喜喜らの尽力により解放軍との間に成立した停戦協定を事実上破棄させる等、着々と「星崩し」を進めていく。

更に解放軍上層部内でも彼らのやり場のない憎しみを地球にぶつけんとする勢力の台頭により、遂に地球側と解放軍の全面戦争に突入。銀時らはと共に、最後の戦いに挑む───!!

pixivに投稿された作品 pixivで「銀ノ魂篇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6675

コメント