ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私のことを好き勝手吹聴するのは構いません
私が目障りならどこへなりとも出ていきましょう ですが…
剣(それ)を私の教え子たちに向けるというのなら 私は本当に国家位転覆しても構いませんよ


CV:山寺宏一(実写劇場版でも声のみで出演)

概要

“松下村塾へ ようこそ”

子供達に学問を教える塾「松下村塾」を開いていた男性。故人。
本作の主人公坂田銀時をはじめ、桂小太郎高杉晋助などが松陽に師事しており、「松陽先生」と呼ばれ慕われていた。
また、銀時にとっては実の父親に等しい存在であった。



その後、一国傾城篇にて、寛政の大獄の際に捕えられていたことが判明。
その時に松下村塾も焼失している。
捕縛された彼を奪還するため、銀時、桂、高杉らは攘夷戦争に参加した。

信女が「松陽」と下の名前で読んでいたことから、「生前の彼を知る存在なのではないか」と奈落三羽との関係性も注目されている。

モデルは吉田松陰

イラストは仔攘夷と一緒に描かれたものが圧倒的に多い。

関連イラスト

夏ひなた
吉田松陽~33~


せんせえええ
松陽



関連タグ

銀魂 松陽先生 坂田銀時 桂小太郎 高杉晋助
村塾組 仔攘夷

以下、ネタバレ注意


















銀時達は松陽を助けようと奮闘したが、桂と高杉が幕府側に捕縛され、銀時は「仲間を斬るか師を斬るか」の選択を迫られる。
銀時は松陽が寛政の大獄で捕縛される時に交わした「皆を守る」という約束を守る為、松陽の首を斬った。
そして獄中では幼少期の信女が松陽に師事している描写もある。


だが……。

関連記事

親記事

村塾組 そんじゅくぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「吉田松陽」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「吉田松陽」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14514782

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました