ピクシブ百科事典

攘夷戦争

じょういせんそう

『銀魂』内で発生した戦争。
目次[非表示]

概要

 『銀魂』世界における日本で勃興した、天人及び幕府とそれに反旗を翻した集団攘夷志士」による戦争
 『銀魂』第1話が始まる20年ほど前に戦いの火蓋は切られ、これにより国力は疲弊し民草は窮乏にあえいだ。これを第一次攘夷戦争と呼称する。
 この時の戦災孤児武家の子息を集め、吉田松陽教育を施していたが、その行動により松陽は幕府軍に危険因子と見なされて捕縛された。

 やがて松陽門下生は成長した後に日本各地の反幕府・天人勢力と力を合わせ、沈静化していた攘夷運動を再興させる。それにより再び天人・幕府連合は攘夷志士討伐を開始し、第二次攘夷戦争が行われたのである。第二次攘夷戦争終焉は今から数年前(開始は10年前とされているのでそれよりは新しいはず)であり、江戸は再び天人の支配下に置かれた。
 攘夷志士捕縛用に編成された特殊警察真撰組の結成はそれから少し経った後のお話。

 ちなみに作中でも「天人が支配している割には、(今は)連載初期に比べて通行人に天人っぽい人が少ない」と突っ込みが入っている。
 

参加者の一例

第一次攘夷戦争


第二次攘夷戦争



  • 魘魅(完結篇にて登場)


関連項目

内戦 内乱 天導衆 天照院奈落
攘夷党 テロ
万事屋よ永遠なれ:第二次攘夷戦争が描写されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「攘夷戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40857

コメント