ピクシブ百科事典

吉原炎上篇

よしわらえんじょうへん

吉原炎上篇とは、少年漫画『銀魂』における長編の一つである。
目次[非表示]

概要

原作では第二百十訓~二百二十八訓、単行本では第25・26巻に掲載されている。
アニメでは第139~146話。

あらすじ

ある日、銀時はすれ違った一人の子供・晴太に財布をスられる。
事情を聞くと彼は吉原桃源郷一の花魁・日輪を母だと主張し、彼女に会うためにお金を必要としているとのことだった。
万事屋は晴太に盗みから手を引かせ、どうにか日輪に会えるよう算段をつける。
しかし、その吉原は春雨とも関わりのある夜兎の王・夜王鳳仙が支配していた。
鳳仙は日輪を手放す気はなく、晴太を日輪に近づけさせないために、月詠率いる自警団「百華」に晴太を殺すよう指示する。

関連イラスト

はちきれピーチ三太夫
夜を駆ける兎


阿伏兎 vs 神楽
现



表記揺れがあるので、本篇関連作品を検索する際は『吉原炎上』で部分一致検索を行うと良い。

関連項目

銀魂 銀魂長篇一覧
坂田銀時 神楽 志村新八 晴太 日輪 月詠
鳳仙 神威 阿伏兎 云業  春雨 夜兎
表記揺れ→吉原炎上編

pixivに投稿された作品 pixivで「吉原炎上篇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58847

コメント